SURGERY NOW note
がん治療と外科手術に関する新しい情報や日常診療を通じて感じたことなどを紹介します。
 



映画監督の西川美和さんが書いた「永い言い訳」という小説を読みました。映画も近いうちに公開される予定です。主人公は小説家の中年男性で、妻がバス事故で突然死んでしまいます。その後、バス事故で妻と一緒に亡くなった妻の親友の家族と関係ができて、子供の世話などをする事になります。小説としてはいま一つの出来だと思いました。元々この監督の映画もあまり好きではありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 小澤征爾著「僕... 膵臓がんの講... »