街道を歩く

旧街道を中心に歩く旅日記。歩行距離は1歩60cmで計算しています。

熊野街道(布施屋~海南)

2016年12月28日 18時40分12秒 | 街道を歩く
熊野街道を布施屋から海南まで歩きました。

JR布施屋駅から前回のゴール地点まで戻りスタート。



歩き始めてしばらくしたところにある川端王子跡。地元の人が建てた小さな祠があります。



沿道より田園風景。



国指定重要文化財の旧中筋家住宅。大庄屋だった家で、1851年建設。



石碑のみが残る和佐王子跡。あずまやが建っているのでここで少し休憩。



矢田峠を登る。山道ですが、舗装された階段があります。



矢田峠を下る。



現在は平尾自治会館となっている平緒王子跡。



和歌山電鐵貴志川線(吉礼~伊太祈曽駅間)の踏切を渡る。



和歌山市内最後の王子社となる奈久智王子跡。



阪和道をくぐる。



武内神社。武内宿禰産湯の井戸があります。武内宿禰は第12代景行天皇から第16代仁徳天皇に仕えたとされる伝説上の人物で、
ここにある井戸が武内宿禰産湯の井戸であると1731年に考証されました。



阪和道に並行するように走る街道を南下します。



海南市に入ってすぐのところにある四つ石地蔵。



松坂王子跡。現在は祠のみがあります。



かつて、ここから海が見えたという汐見峠。今は見えません。



街道から少し東へ歩いたところにある春日神社。



春日神社の境内にある松代王子跡。ここも、祠のみがあります。



JR海南駅に近い「大野中」交差点。今日はここまでとしました。



海南駅より帰宅。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西国街道(香登~岡山) | トップ | 熊野街道(海南~湯浅) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街道を歩く」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事