すぴか逍遥

音楽・美術・読書・写真 など
さまよい歩いて書き留めたい。

5月最後の月曜日、

2017-05-29 18:57:01 | 日常
5月最後の月曜日です。
朝からトッキョキョカキョク〈特許許可局)思わずカメラを向けました。

目の前のどこかにいるのでしょうけれど、姿は見えません。あっという間にどこかへ。

訪問リハビリの日、4時から5時まで、今日は一人で歩く練習、
怖がらずにきっちり歩く練習です,杖だけで良い姿勢を保ち段も下りたり上がったり
やっと出来ました。
気になっていた場所で素早く写真を撮ったけれど、何の花かもわからない,花は
1週間で終わってしまう。 先週は眼科の診察日だったので抜けていたのです。

夕方池の様子を見たら綺麗な色。

そこだけぽつんと陽が当たっていたのです。
又ホトトギスが鳴きだしたけど、あっという間。
万葉集の講義を受けていた時、初めてウグイスの巣にウグイスの卵をほおりだして
ホトトギスはウグイスに育てさせる〈托卵)と知りました。
昔の人はよく観察していたのですね。ホトトギスの歌は152首もあるそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギスの鳴き声を聴いた

2017-05-27 18:07:28 | 日常
今年もホトトギスの鳴き声を聴きました。もう何日も前ですがまだ夜でしたので
確認できませんでした。
でも5月24日朝9時頃すぐそばの樹々の中ではっきりと、嬉しくて。

今日27日の朝日新聞夕刊「素粒子」の欄に『鎌倉でホトトギスが鳴く。
ウグイスの巣に卵を産みつける習性で知られる。ホーホケキョの声が哀れに聞こえて。』

ほんとにそうですね。

うまくいかなかった画像のアップが出来ましたので付け加えます。

山田和樹の近況.朝日夕刊
もうコンサートも美術館も行けなくなって久しいので記事がでると嬉しい。
ヨーロッパで大活躍はクラシカ・ジャパンで聴いていますが。

クラシカ・ジャパン6月号が届きました。

アルゲリッチの特集です。ずいぶん昔の話ですが、新日本フィルの定期公演
に 小澤征爾がアルゲリッチを連れてきて、まだほんとに若い演奏を聴きました。
今も現役で大活躍してる素晴らしいことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皮膚科と冷蔵庫の修理

2017-05-18 22:46:10 | 日常
14日日曜日,母の日のお祝いに娘夫婦がきてくれた。ありがたいことです。
冷蔵庫の具合が悪いので火曜日に来てもらった。皮膚科の診察日でもあったので、
ぎりぎり、修理の仕方,計算方法いろいろ最新の方法に感心する。
皮膚科では爪の薬の塗り方,足の指を指定されびっくり。その指にきちんと塗ること。
18日は排水管の清掃,戸別に入るので準備に疲れる,無事済んで午後はヘルパーさん
床など掃除してくださる間にお風呂に入る。ゆっくり湯船に入れるのは週一度、
ほんとに助かります。ありがたいことです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17年5月15日 リハビリで歩く

2017-05-17 14:18:51 | 日常
リハビリですぐに歩き始める。いつもの方向へどこまで行けるか。
杖を頼りに一人で、手すりのある所は楽だけど、鉄平石と躑躅の植え込み,思わずよろけそうになると
危ないと捕まえてくださる,転んだら最後と言われているので怖い。いつもより倍ぐらい歩いて足が止まった。
引き返し乍らちょっと立ち止まってカメラを向ける。帰ってみるとピンボケばかり、まあ少しだけ載せておきます。



小さな蛾が葉に留まった。

可愛い花、かなり遠いので望遠で撮る。花の名を書いた札を読んでくれた。
《ムギナデシコ 》はじめて聞く名前です。たしかに撫子に似ています。咲く時期が違うので
最近出来た花なのかしら。

この花について調べてみました。私が知らなかっただけ。

《 アグロステンマ 》と言う花で、原産地は地中海沿岸,渡来時期は1880年頃。
ずいぶん前から日本に定着していた訳で、いい勉強になりました。

5月から7月に咲くナデシコ科の花で、沢山の種類があります。
図鑑を見てびっくりしました。




一面のクローバー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017.5月12日 医者へ行く

2017-05-12 22:32:51 | 日常
今日で薬が切れる。かかりつけ医へタクシーで。とにかく暑い日です。
先週、ひどい眩暈に襲われた話をしたら、もう一度眩暈の薬をつかってみる
ことになった。1週間。
「あらお元気そう」と声がかかる。10年くらい合わなかった友達です。同じ
お医者さんに行ってるのに。足が悪くてと言ったら、薬局へも、そして駅の方
へも一緒に歩いて、話は尽きない。
家でゆっくりテレビを見る、クラシカ・ジャパン.ベルリンフィルが毎月1回
ベートーヴェンの交響曲を2曲ずつ組み合わせて、もう終わりに近い,録画して
何度も.ベルリンフィルの第一コンサートマスターは樫本大進さんだ。フルート
はエマニュエル・パユ. ベートーヴェンの全曲演奏なんてめったに聴けるものではない。
続きは明日、写真でも入れて。コンサートマスターは毎回違っていました。
樫本大進は4番と7番の日だけでした。
6月はいよいよ最後.第9番です。


















終って、ラトルと大進。 素晴らしい瞬間です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.5月8日近況

2017-05-08 09:17:05 | 日常
5月6日のこと朝ひどい眩暈に襲われた。それでも何とか起きて、のろのろと食事の支度。
ほんの少し食べて、そのまま低い椅子に腰かけたまま眠ってしまった。昼過ぎになって落ち着いてきたので、今日は
土曜日お医者さんやっているかもと、午後の診察時間へ手摺につかまりながら。

翌日曜日,調子よかったので、美容院へパーマをかけに。途中また眩暈に、でもゆっくり対応してくださり,無事終了。
新しく出来たパン屋さんにご一緒し楽しく帰りました。

今日は訪問リハビリ4時から、デジカメが一人で扱えるか,いろんな検査では、どこも悪いところはないと言われているのに
思うようにできない,無理せず根気よく,皆さんに助けていただき乍らより良い生活を目指します。

ところで今朝のテレビのニュースで、都営荒川線の名前を変えると言ってました。
《東京さくら トラム》 素敵です。

荒川線 子供の頃は王子電車と言っていました。小学校も近かったので友達とよく乗ったし
懐かしい。早稲田から飛鳥山…今も現役なんですね。

今日は朝から晴れ,たまった洗濯物も片付けて元気にしています。

午後4時リハビリです。この間の藤棚の様子を見に行きました。


何とか立って写真が撮れました。

藤の花って綺麗ですがいろんな形をしています。

この花と思って撮りましたが、ごちゃ混ぜでなんだかわかりませんでした。
他に矢車草とかスズランを撮ったつもりでしたが、立ったまま片手でピンボケ。


夜になって、戸を閉めようとしたらきれいな月が,もっと早く気づいたら、月の模様も撮れたのに残念。
今日は、 旧暦4月14日 月齢 12.6 です。久しぶりの月に気分も明るく。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

NHKプレミアムシアター ハンブルクの新しいホールを見た

2017-05-02 18:52:09 | 日常
素晴らしい番組でした。
いろいろ調べてから書こうと思っていましたが 録画してあるといっても
そのホールに行ったわけではないので、ただその時に 聴いた素晴らしさを
忘れないうちに書くことにしました。


NHKbsプレミアムシアター5月1日(4月30日深夜0時から)

いろいろ組み合わせた演奏から始まりました。

特に印象に残ったのはワーグナーの「パルジファル」前奏曲いきなり胸の動悸が…
圧倒されました。

ベートーヴェン第九から第4楽章です。合唱は北ドイツ放送合唱団・バイエルン放送合唱団
普通だと響き渡る大合唱のところですが、合唱だけが鮮明に抜き出され、得も言われぬ音と
なって降り注いできたのです。もちろん4人の独唱者も、あのソプラノの最高音も。
あの場所で聴いたらどんなだったでしょう。

港町ハンブルクの倉庫街に建てられた。初めの予定よりどんどん工期が延びて大変なことに
なったそうです。

あの演奏会場は建物の中につりさげられたという。いろんな苦情を解決するために。

音響設計家,豊田泰久氏の手になる

素晴らしい方です。会場の椅子一つとっても音が変わってしまうと、試すところなど
こと細やかな映像も紹介されていました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月になりました

2017-05-01 22:09:31 | 日常
5月1日です。朝はよく晴れ洗濯もしたのですが,突然雷が鳴り雨が降り出しました。
今日はリハビリの日、でも4時には晴れてきてほっと一息。家で訓練して又デジカメ
持って歩きました。
もう藤の花が咲いているかと,先週と同じ場所へ。

今日は一人で撮ったのでうまくいきません。傍にいてくださっていざという時は手を
貸して下さるとわかっていても、怖い。毎日訓練しなくては。

写真だけ先に入れておきます。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春です。チューリップなど。

2017-04-24 18:51:11 | 日常
リハビリの日、いつもと違う方へ歩きました。
なかなか進めません。
チューリップの場所までやっと。

立って写真を撮るのは容易ではなく、まあこれくらいです。











チューリップ,デージー,パンジーなど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラシカ・ジャパンで,ネトレプコのローエングリーンを見た

2017-04-22 16:57:46 | 音楽
今日は雨の土曜日、久しぶりにテレビでゆっくりとオペラを見た。
もう何日も前から観てるのですが、3時間以上もかかるので通してじっくり
というわけにいかなくてよくわかりませんでした。
ワーグナーの中でも有名な曲がいっぱい,結婚行進曲とか聖杯とか
いろんなものがつないであるので、ほんとうのとこはよくわからないのですが
ジーンときたり、これからも何度も見ることになりそうです。


シュターツカペレ・ドレスデン。



ティーレマン指揮。

主役二人の写真が撮れなくてクラシカ・ジャパンの表紙から。
ローエングリン((ピョートル・べチャワ)エルザ(アンナ・ネトレプコ)

ワーグナーとティーレマンの指揮は大好きですが、難しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加