すぴか逍遥

音楽・美術・読書・写真 など
さまよい歩いて書き留めたい。

春彼岸

2017-03-20 22:14:23 | 太陽
今日は春の彼岸です。朝から晴れています。我が家の定位置から
日の上がるのを見たくて待っていました。東の位置が知りたくて。


3月20日(旧暦2月23日) 日出 5.45 日入 17.53

思ったより東の位置はずれていました。

池は空を映して青く素晴らしい一日が始まります。
と言っても今はまだ動けません。ゆっくり洗濯したり、片づけたりで
一日が過ぎ去って行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはオペラでも

2017-03-19 22:37:40 | 音楽
たまにはオペラでも、と言っても今は行くことは出来ないので
もっぱらテレビです。


クラシカ・ジャパンでやるというので見てみました。

これは1989年にウィーン国立歌劇場が来た時のチケットです。
でもその時の印象とすごく違うのでびっくりです。


こちらはNhkの「らららクラシック」
の方です。
この番組はいつも 楽しみに見ています。特に昨日はゲストに
茂木健一郎さんでワーグナーに詳しくてとてもよかったです。

テレビ画面から映してみました。


うまくは撮れませんが。3人揃って入りましたので。

司会者の二人。4月からかわられるそうです.残念です。

茂木さんの嬉しそうな,ワーグナーに関しては特にすごい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいこと

2017-03-05 17:30:24 | 日常
新しいこと。

昨日3月4日いつもの診察日だったのですが、
検査,診察も終わったとき、思いがけないこと言われました。
先生が退職なさると、、、
それでもっとはっきりした診断が出来る
専門病院に移ることになりました。


ここの病院にはずいぶん 長いことお世話になりました。
ほんとうに、ありがとうございました。感謝でいっぱいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

池、凍る

2017-02-13 11:32:37 | 日常
ベランダから見た池の氷です。9時5分から10分ぐらいのものです。


空は青く、でも池は凍っているようです。

ベランダを左から右へゆっくり歩いています。

太陽が写っています。

強い光が、土手はもう太陽いっぱいです。

日が差してもう溶けてしまいそうです。ベランダは暖かい。

毎日のように凍っていたのですが、写真にはなかなか撮れません。
もう暖かくなって来そうなので、冬の名残に。
季節が変わる頃、大雪が降ることもありますけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フニクラ・フニクリについて

2017-02-07 22:59:36 | テレビ
フェニーチェ歌劇場2014ニューイヤーコンサートの続きなのですが
間にほかのものを入れてしまったので新しく書きたしています。

友人たちに歌詞を訊いたら、みんな「登山電車ができたのでフニクラ
・フニクリ」のあたりだけ、ちょうど戦争が始まって日独伊三国同盟の頃
旧制の高等女学校に行っていました。その頃の音楽のノートには、イタリア
民謡が書き込んであります、でもこの曲はなくて。

それでちょっと調べたらヴェスビオス火山に上る登山電車ができ,1880年
会社が依頼してジュゼッペ・トゥルコが作詞,ルイージ・デンツアが作曲
したそうです。

でも1944年山が噴火し会社もつぶれてしまったとか。歌だけが 残って受け
継がれたとか。

有名な作曲家が、昔からある民謡だと勘違いして自分の曲に使って問題に
なり裁判になって負けたとか いい加減な調べ方ですみません。今でも
いろんなところで受 継がれ日本語の歌詞も沢山あるようです。

オーケストラの演奏で聴いたのでいろいろ思いを馳せてしまいました。


ナポリの歌 フニクラ・フニクリ オーケストラの演奏です。

トスカのアリア「 歌に生き,恋に生き」

合唱を指揮する。

コーラス「歌劇ナブッコより《行け、わが想いよ,黄金の翼に乗って》」
この曲は第2の国歌と言われているそうです。素晴らしいコーラスで、
何だか胸が熱くなってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中津市 鶴瓶の家族に乾杯

2017-02-06 22:28:52 | テレビ
「鶴瓶の家族に乾杯」坂口健太郎と大分県中津市とあったので
テレビを つけてみた.もう知っている人も殆どいないけれど中津は私の
故郷なのです。


小学校の頃から夏休みになると母に連れられて中津に行っていた。家も
ちゃんとあったし,下級武士の家そのままでした。



中津城です。子供たちが鈴なりになってます。

鶴瓶さんと坂口さん。

貧しい下級武士が作っていた傘を今も時に作っているのだそうです。

中津の様子はすっかり変わっていましたが、ところどころ昔の儘,または
復元されていました。でも母が使っていたなつかしいことばが、そのままで
懐かしかったです。元の家も新しくなって今は立派になっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェニーチェ歌劇場2014ニューイヤーコンサート

2017-02-04 22:38:27 | テレビ
クラシカ・ジャパンでフェニーチェ歌劇場2014ニューイヤーコンサートを
観ました。


華やかな会場です。

指揮者を見てビックリ、あのドゥダメルの後を継いだディエゴ・マテウスです。

もう堂々たる指揮ぶりです。

ソプラノ《カルメン・ジャンナッタージョ》テノール《ローレンス・ブラウンリー》

ものすごい花吹雪,その後も演奏は続いたので、頭に花びらつけたままでした。

私が特別気に入ったのは(ルイージ・デンツァ作曲の『フニクり・フニクラ』による)
というもの(登山電車が出来たのでフニクリ・フニクラ)なんて歌詞で 歌ったもの
なのです。いつ頃のことか,後の歌詞は忘れましたが,懐かしくて聴き入りました。

オペラのアリアも盛りだくさん。ニューイアーコンサートいろんな年のウィーンフィルや
他のも沢山放映されて、楽しい気分に包まれました。まだ続いています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BSプレミアムシアター2017年1月30日午前0時より

2017-01-30 11:54:36 | 音楽
この番組はいつも楽しみなのですが。でも真夜中なので録画して
観ることにしています。

今日は五嶋みどりによるバッハの無伴奏ソナタとパルティータ全曲演奏。
ケーテン城での特別録音だそうです。

2:39~ベルリン・フィルのジルベスターコンサート2016です。

これはまた楽しみ。

五嶋みどりによるバッハ,朝から聴いていますがまだまだ。
今日1日なんとも贅沢な時間が流れます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清川 妙著 「人生のお福分け」を読んで

2017-01-28 14:40:27 | 読書(清川 妙)
清川 妙著「人生のお福分け」を読みました。

まずは本の表紙から。

表紙の帯です。

お写真がないので他の本からとりました。

まずは懐かしさいっぱいです。毎月2回から3回清川先生のご講義を
受けていましたから。
オープニングにいろんなことを話されるのが楽しみで、その続きが、
ご本の中にさらに詳しく原典から掘り起こされていくのです。

すみません、写真を入れるのに手間取って、今日はここまでにします。

今はそのままになっているホームページ《月の船,星の林に》を出してみたら
ちゃんと載ってました。


お写真も載っていました、はやく気がつけばよかったのですが、
この本は偶然本屋さんで見つけ買って帰ったのでした。
「月の船、星の林に」を見て頂けたら
幸いです。清川先生のご本も沢山紹介
してありますのでどうぞよろしく。
月の船、星の林に(www.geocities.jp/supika28jpjp)

この文庫本にするにあたって、一部加筆・修正し、書き下ろしを
加えたそうです。


これが最初からの章立てです。

第1章 古典を親友にー言葉の森にあそぶ
第2章 ひとりは愉しいー「ポジティブ」の極意
第3章 ていねいに生きる―年を重ねる楽しみ

追記 文庫本には「書き下ろし」がかなり入っています。それが
愉しくて何度も読み直しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて物事うまく回り始めたようです

2017-01-25 22:34:59 | 日常
やっと新年がうまく回り始めたようです。
眼科の視野検査もよく反応しない右手を左手に換えてもらって
進行していないことわかり、今の薬をきちんとさしていれば
大丈夫とのこと、診察も一月おきでいいことに、二か月分の目薬
が出ました。写真や本の紹介などたまっているので明日から少しずつ
書くことにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加