積み重ねを続けて、いつか大きな夢(資格)をつかもう!!

毎日の小さな努力を積み重ね、資格(特に情報処理技術者試験)取得を目指しています!!

システム監査技術者の学習(受験当日)

2017-04-19 06:13:06 | 情報処理-システム監査技術者

平成29年度 春期 情報処理技術者試験に受験してきた。

まずは、素直に受験会場に行き、試験を受験できたことに感謝したい。

とても温かく、天気に恵まれた。

当日の受験の感想を書き連ねたいと思う。

●午前Ⅰ試験
 免除(今回合格しないと、次回は午前Ⅰ試験からの受験となってしまう。。。)

●午前Ⅱ試験
 ほとんど過去問題からの出題であったような気がした。
 受験当日のIPAのサイトに、解答がアップされていたので、自己採点してみた。
 結果は、21/25(84.0%)
 午前は突破した。

●午後Ⅰ試験
 問2と問3を選択。
 問2に若干時間を要してしまい、問3を急いで解答したため、浅い思考の元解答を記述している可能性がある。
 これまで、高度区分だとSU、DB、SC、SA、PMに合格してきたが、AUは難しかった。
 何が難しいかというと、設問に対する解答イメージが浮かぶが、
 それを指定の文字数に的確にまとめ上げるのが難しい。
 他の試験区分は、具体的に問題文の用語を使いつつ、解答をまとめるため、IPAの解答例と近しくなる。
 しかし、AUはどうしたらIPAの解答例に近づくのかがいまいちつかめない。

●午後Ⅱ試験
 問2を選択。
 いつもであれば、再現論文の骨子を記述しているが、今回は頭に残す余裕が一切なかった。
  ①情報システムの概要
  ②ビジネス上の影響
  ③セキュリティレベルが維持できなくなる要因
  ④それに対するコントロール
  ⑤監査手続
 の流れで、なるべく具体的に一般論にならないように記述した。
 構築当時のセキュリティレベルはこうで、このような対策とコントロールがあったけど、
 時代の流れでそれが維持できなくなる要因(論文上は、クラウドストレージサービスを例に挙げる)が発生し、
 それに対して、どのようなコントロールがあり、それが有効に機能しているかどうかを監査するために、
 監査手続を行った。
 的な内容を論述した。

合格発表は、6/17(水)正午。

結果を待ちつつ、秋試験に向けて少しずつ準備を進めていきたいと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« システム監査技術者の学習(... | トップ | システム監査技術者の学習(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。