私設・大宮フィルの学級日誌

大宮フィルハーモニー管弦楽団の練習記録、ステージの記録などなど。

7月9日(日)合奏

2017-07-15 17:09:55 | 練習の記録
連日の暑さですが、皆様体調を崩されていませんか?新しく日誌当番に加わったクラリネットのえーらーうーたんです。初回から大変遅い報告になり申し訳ありません。そして、初めてのメモをしながらの合奏、いつも「え?今何て言いました?」と隣の人に聞いている始末なので、今回も聞き逃してはいけない!という気持ちはあるのですが、だいぶボンヤリ部分があります。ご容赦ください。
*( )の中は個人的な感想です。(?)はメモに書いてあるけど謎な部分です。


◯事務連絡:特になし
◯副団長さんより:団長はベトナムに行ってらしたようで、ベトナム語は6声だそうです。私たちも音の微妙な違いを感じ取れるようにしたいですね。

♪王冠♪
・4分音符=132なので、結構速いです。
・各パートの動きが入り組んでいる。今はまだ各自が頑張っている状態。これから縦を揃えていきたい。フレージングが不思議なところがあるので注意。
・吹奏楽でよくやる曲。吹奏楽だとオケと感じが違いますね。

◆冒頭〜練習番号1
・10小節目のトランペットはスタッカートで。
・11小節目のフルートを受けてBassが演奏する。キャッチボール!
・2分音符が長すぎないように。
・チェロバスは2拍目のタイミングに気をつけて。
・メロディーを聴いてつられやすい。例えば15小節目。拍の頭が軸になる。
・タイの後の動き注意!弦は、タイの後ろの音を休むと思って、そこで弓を戻す。(やってみたら揃ってスッキリ!後ろから見ていて気持ちが良かったです)
◆練習番号1
・22、26小節目の木管はsfzを意識して。積極的に入る。
・23小節目の木管、切りとdim.を揃える。
・31小節目の弦はシャープに。
・将来的には微妙なcresc.やdim.を揃えられるように。
◆練習番号2
・最初のフレーズは控えめに。Tp.は少し落とすとバランスが良い。次に弦がそれを引き継いで膨らます。
・拍の頭がずれている。マーチの1、2、をしっかり揃える。
・39小節目のcresc.dim.ついているパートとついていないパートがある。どうするか?
・弦はtr.の時にテンポを安定させて。
・管はp小さめに。バランスを考えて。
・55小節目から、16分音符を常に感じて。8分休符16分音符2つの形の人は、詰まらないように、かつ聴きすぎて遅れないように。弦は全部弾こうとしてテンポが乱れないように。
◆練習番号3
・71小節目、タイの後の16分音符3つを合わせる。
・練習番号4の前は書いていないが、ゆっくりになるのでは?
・金管のfffのバランス気をつけて。
◆練習番号4〜8
・116小節目のmfたっぷりと。テヌートのタイミング。
・176小節からのHnはアクセント大きめに。
・195小節目からの木管、細かい動きは決め所です。ちゃんと吹く!(さらいます!!)
・チェロバス、休符の後のアクセントで引き締める。
・227小節目、ff頂点に。
・練習番号8の直前のフェルマータ!!!(わかっているのに飛び出しちゃう。あれって何なんでしょう?とりあえず太く赤丸をつけました)
◆練習番号9〜最後
・練習番号10の入り方は指揮者によって色々。
・ダイナミックの加減を今から気をつけておく。
・274小節目の付点8分音符の長さを保つ。8分音符の時は他のパートが何か動いている。
◆全体を通して
タイの後のフレージングが人によってバラバラになる。揃えていきましょう。(木村先生から何度も「揃えましょう」とのお話。みんなで一緒に演奏するって難しい!でも揃ったらとっても楽しいし素敵!もちろん技術も必要だけど、思いやりの精神で演奏するだけで縦も音程もニュアンスも揃ってくるはず!!)


♪シェヘラザード♪
◆2楽章K〜
・Lはテンポが倍になる
・Mの3連付(?)
・トレモロ、小節の頭を揃える
・Nから弦噛み合うように
・0の2小節前、フェルマータの後の振り出しが1前の1拍目。
・0の前のpizz.指揮を見る!聴いて合わせるとずれます。
・フェルマータの前後の加減は石毛先生に。
・弦のベンテヌートはたっぷりになる可能性がある
・Pの2小節前はフェルマータがないので注意
・Pのオーケストレーション素敵ですね。Pからcresc.揃える。弦はアップが弱くなるとテンポが速くなるので注意(なるほど〜)
・P6小節目のffを揃える、lungaのホルン(?)
・Rからぐっと速くなる。5小節ごとのまとまりでテンポアップ!

◆3楽章
・17小節目の4前から到達するように
・20小節目から2つ振り
・チェロとオーボエの音程
・Bの前のグリッサンドはさっと弾かない。大事に。
・2ndVlnのsfzは短くはっきり
・Bから、受継ぎ。待ち過ぎている時ある。Dに向かって発展していく。後ろに引っ張らない。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月25日(日)合奏 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。