私設・大宮フィルの学級日誌

大宮フィルハーモニー管弦楽団の練習記録、ステージの記録などなど。

1月29日(日)合奏、インフルエンザ流行中。

2017-01-30 16:53:18 | 練習の記録
ちょうどよく雲がありちょうどよく日差しのある1/29本日は、プラザノースで石毛先生による合奏です。
朝、家を出る前に、クルマに楽器を積んでガサゴソしていましたら、足元にモコモコしたものが飛んできました。よくみると子猫。もしかしたら車の下に隠れていたのかもしれません。エンジンをかける前に飛び出てきてくれて良かったです。
楽器の積み下ろしは猫バンバン(http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/SP/)の効果があるようです。


☆朝の会
・ダモーレ最新号が配布されました。実行委員の方は役割分担をご確認ください。
・クラリネットにおひとり、新入団されました。ぱちぱち!よろしくお願いします!
・来週は定期演奏会の実行委員会があります。
・2月にランチの会があります。来週から出欠確認があります。

練習の初めに、石毛先生も最近インフルエンザにかかっておられたというお話がありました。(筆者も先週インフルエンザA型にかかりました)とても流行っていて、前週の倍の患者数という報道もあります。皆様もどうぞお気をつけください。

本日は、前半:Carmen、後半:グラズノフ2楽章→1楽章の練習をしました。

☆Carmen
・カルメンは、パート譜と全音のスコアで違うところがあります。確認してスコアに寄せてください。
・♯や♭を付け忘れたら、「間違えた」と感じるように、ダイナミクスも、楽譜と違っていたら間違いです。楽譜の指示に沿って演奏しましょう。ここはまだディミヌエンドを聞かせないでキープする、というようなところに勝手にディミヌエンドがついてしまったりするところがあるので、以前注意があったところは気をつけましょう。
・頭打ち、裏打ち、ハーモニー、内声など、自分が今は何の役割なのかを考えてバランスを見て音を出しましょう。メロディになんとなくついていけばいいのは間違いです。反省です(>_<)
・ベースの気合いが足りない(>_<)

☆休憩明けにグラズノフ2楽章
2楽章にも慣れましょうということで、2楽章から。
・16部音符など、細かい動きがあると走る傾向があるようです。落ち着いて、はっきりしっかりと。音の動きが違っても同じリズムの楽器が他にいることがあるので、寄り添って合わせましょう。

☆1楽章練習番号18から。
・♯系に調合が変わっているところ。それぞれ、調の雰囲気ってあると思うので、それを意識しましょう。
・ハーモニーを作るときに、自分がどの立ち位置にいるのかを考えて音を出しましょう。フォルテシモだから大きな音を出せばいいのではなく、フォルテシモのハーモニーの中でハーモニーのお相手とのバランスをみて音を出す。
・練習番号21の前は、リズムが動くのでSM。
練習番号21と25の前はブレーキがかかるけれど、33の前は上がっていくので注意。

もっと色々と詳細なお話があったのですが、先生の指示を聞いて楽譜に書き込もうとしたら、すでに書いてありまして。注意が身についていない/(^o^)\ということが発覚しまして。。皆様はどうですか。
今日は、いつもと違う立ち位置で合奏に臨みましたら、他のパートがとても良く見えました。良い機会なので、合わせるパートを見て弾くようにしていたのですが、あ、合うようになったなと思うと、そのパートの方もこっちを見てくれている感じがあって嬉しかったです!やろうと思えばできるんだー、と思った練習でした。
でも、他のパートを見るのって、前の方に座っている方は限界がありますよね。(振り返れないし)
見て合わせる意識ができるのは、半円の外側にいる楽器の特権なんだなと思いました。

文責:あやとり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月22日(日)分奏 | トップ | 2月5日(日)合奏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。