私設・大宮フィルの学級日誌

大宮フィルハーモニー管弦楽団の練習記録、ステージの記録などなど。

6月11日(日)opo暦40年開ける(本当はもう半年過ぎてるけど)

2017-06-13 00:03:22 | 練習の記録
第39回定期演奏会からはや2週間。
今日から第40回定期演奏会の練習開始です。

まず、グリーグのピアノ協奏曲をOさんの指導で練習です。
<全般に>
・Animato.、calando、a tempo、(ピアノのみに書いてあるstretto)mort rit.、Piu lento.等々テンポの変化に注意。
 指揮に合わせていれば基本はよし。
 さらにピアノパートの動きも把握して演奏することが望ましい。
<1楽章>
・ティンパニのクレッシェンドに続く2小節目の和音はぶつけずに、ピアノを支える響きを作るように
 (ピアノはffで、オケはf)
・[C]2小節目の裏拍は、3連符のピアノと合いません。
・[D]の6連符キザミは木管の3連符と対応するもので、トレモロではありません。
・94小節はsosten.で100小節はpoco rit.
<2楽章>
・北欧の冬の空気が澄んだ感じがでるように。
・3楽章へはアタッカなので譜めくりでガサゴソしないように。
<3楽章>
・弦は頭からsenza sord.だが6小節のfzまでにミュートを外せばよい。

後半は、Nさんの指導でシェエラザードの1楽章を練習しました。
・冒頭のメロディーは難しくないので、うまく演奏できたと納得できるように。
 3連符は3連符風ではなく、きちんとした3連符で揃えて。
 3小節目のトリルは聴こえるように(一部パート譜でトリルが漏れていた)
 4小節目と6小節目の2分音符、スタッカートはVaVcCbのみなので、区切りをつけるが響きを残す感じで。
 (ブツ切れにならないように)
・8小節からの木管の和音は、その後のVnが美しく出るために、きれいに響かせましょう。
・18小節Allegro non troppo
二つ振りがいいですか?六つ振りがいいですか?
  二つ振りがいいという声が多いようなので、六つ振り(叩き)にします。
 (遅めで六拍きちんとカウントすると揃ってきます。ということは個人練習もこうしていれば・・・)
・低弦のスラーの伴奏音型もやもやなので揃えましょう。
 (音の変わり目がきちんとするよう弓を使いましょう)
・[B]からのVcのsoloは、ピチカートの伴奏が支えてそれに乗るように。
・[B]の13小節目のダブルバーからト長調に転調します。
 この転調を予測して吹きましょう。
・[C]の2ndVn109小節と113小節の音型は聴こえると良さそうです。
  →そのうち聴こえるようになる予定です。
・木管の1楽章最後の和音は、ブレスをして苦しくならないように。

≪余談≫
さて、 曲のタイトルですがWikipediaにはシェヘラザード (リムスキー=コルサコフ)で掲載されていますが、『日本での演奏会、録音媒体などでは「シェエラザード」と表記されること
が多い。』とも書かれています。
千夜一夜物語(アラビアンナイト)では、大臣の娘シェヘラザード(シャハラザード)となっているので、物語の人名はシェヘラザードの方がメジャーなようです。
「オセロ」ならシェークスピアの戯曲で「オテロ」ならヴェルディの歌劇を意味するように、「シェヘラザード」なら千夜一夜物語の語り手で「シェエラザード」なら交響組曲という使
い分けになっているのでしょうか?

びよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月28日(日)本番!! | トップ | 6月18日(日)分奏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。