交通&アイドルヲタライター・スーパーYTの旅とアイドル時々世界平和

鉄道・交通・アイドル・観劇・競馬の活動記録を中心に、日々の雑記、そして世界平和・脱原発等々の想いを綴っていきます。

欅坂46ナチス風衣装問題に関して 歴史を笑う者は歴史に泣く!

2016-11-04 16:04:39 | 欅坂46
まず最初に書いておきますが、僕は鉄道マニアであると同時に、アイドルおたく、いわゆるドルヲタでもあります。そのドルヲタである僕が今回のこの問題は、相当考えさせられたね。アイドルグループ・欅坂46(以下、欅坂)のナチス風衣装問題である。


「欅坂46」衣装に抗議=ナチス連想-ユダヤ人団体(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110100861&g=soc

今回の問題、いろんな方、いろんなサイトがいろんな立場から評論や批判されているようやね。

「ナチス風」指摘は「当然」か「難癖」か 欅坂46謝罪めぐりネットで賛否
(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2016/11/03282499.html

欅坂46ナチス風衣装 歴史意識で欧米とギャップ(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/m/general/news/1732862_m.html?mode=all


僕は欅坂の今となっては姉妹グループである、AKB48グループを応援しているドルヲタであり、やすすこと秋元康さんの動向に注目している。その意味でも今回の問題は非常に残念やし、正直書きたくはない。でもブログを運営している者として、またドルヲタとして今回の問題の、あくまで僕の考えを書いていきたい。


まず、ナチスに関しての認識が、日本と世界と大きな差があるということを改めて認識したね。それが歴史認識の差に繋がっているんやね。世界、とりわけ欧米ではナチスの蛮行は人類上最大の犯行として捉えられているようやね。勿論その芽が出てきたら、それを摘み取ることになるんやが、それもそのような蛮行を二度と繰り返さないという反省に基づいているからや。

一方の日本、現政権内に『ナチスを手本に』などと言う閣僚がいてたり、自称保守の集会で日の丸や旭日旗と共にハーケンクロイツ(ナチスの旗や)が振られていたりと、極右側の人々にとってナチスとの親和性は強いようやね。そして歴史認識、過去や現在の政治家や著名人による、先の大戦に関する無反省・無自覚な発言をみても、歴史に関して無頓着、歴史を考えない日本人は少なからずいてるのが現実やと思う。これこそ歴史を笑う行為やね。それがナチスに対して無自覚な行為に繋がっているんやと思う。


その上で今回のナチス風衣装やが、おそらく何も考えずに作ったんやろね。悪気なく作ったんやと思う。しかしいざ衣装を作りその衣装を欅坂メンバーが着用し、披露する、その結果欧米を中心とした世界から激しく非難された、全くの想定外やったと思う。でも無意識とはいえ、ああいう衣装を作り披露するってことは、非難されてもしゃあないと思う。これは正直、衣装を作ったデザイナー、それを許可した運営および所属レコード会社、そして欅坂の最高責任者である総合プロデューサーの秋元さんの責任や。特に秋元さんの責任は大きい。

しかし秋元さんと運営及び所属レコード会社は公式に謝罪したとはいえ、その謝罪は公式サイトでの謝罪にとどまっている。ここはユダヤ人団体や在日イスラエル大使館へ直接謝罪すべきやろ。そこまでしなければならないと思う。無意識とはいえ、それだけのことをやってしもうた、と考えなければならない。

とにかく欅坂の関係者の責任は大きい。いや、取り返しのつかないことをしてしまったといえるやろ。一日も早くユダヤ人団体および在日イスラエル大使館へ謝罪し、改めてナチスの蛮行を学び直し、今後こういうことのないよう誓うべきや。そして秋元さんは東京オリンピック・パラリンピックから身を引くべきやろ。無自覚とはいえ、ユダヤの皆さんに大変なことをしてしまった、極端な話、世界を敵に回してしまったんやから。タイトルにも書いたが、正に『歴史を笑う者は歴史に泣く』ってことになったね。関係者の皆さん、猛省を。


では欅坂メンバーの責任は? 一部論評では彼女たちの責任を問う意見もあるようやが、これ以上彼女たちを追い込まないでほしいと思うんや。確かにメンバーには18歳以上の有権者もいてる。知らなかったで済まされる問題やないかもしれない。でも今回の問題で彼女たちが委縮していまい、伸び伸びと成長できなくなったとしたら、それはかわいそうや。一部ではグループ解散の危機ともいわれているようやが、これからが成長期、今不本意な形で終了してしもうたら、それこそ彼女たちの将来は?ってことになるやろ。

ここは彼女たちにとって踏ん張りどころやと思う。もちろん歴史認識を正しく認識する点でいえば、彼女たちにとって今回の問題はエエ経験にはなったと思う。彼女たちは勉強したと思う。でもそれはそれや。今回の問題で若い才能が終わってしまうのはつらい。今最大のピンチに陥った欅坂やが、逆に言えばピンチはチャンスや。日本中に、そして世界中にその頑張りを見せていけば、自ずと将来は開けてくると思う。温かい目で見守っていこうと思う。厳しい道のりやと思うが、彼女たちなら大丈夫や。今後は僕も彼女たちを応援します。皆さんも彼女たち欅坂46を応援しましょう!


今回の問題をサブカルチャーやから楽しめたらエエ、歴史認識はここでは関係ない、と考える方もいてるようやが、そんな意識では第二第三の衣装事件が起こると思う。今回を最後にするためにも、演者やスタッフ、プロデューサーだけやなく、僕たちファンも正しい歴史認識を身に着けていかねばならない。タレントの皆さんはレッスンや学業や仕事で忙しく、それどころではないというやろが、事はそんな単純な問題やないってことが分かった以上、早急に正しい歴史認識を学ばなければならない、それは必要不可欠やってことが分かった、今後は今回の問題をどう活かしていくかが問われることになるのが、今回の問題の総括や。


以上です。ありがとうございました!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加