nobita days

日々の記録

おっぱい

2016年12月07日 | 日記
夢の中で、地味子の乳首を見てしまった。


学校の体育館の舞台のような場所で、

彼女と、ももクロの赤の子が並んで座っていた。椅子に。

彼女は、いつもより明るく爽やかな声で、

「アフリカの野生動物の保護」について語っていた。

ところが、二人とも、自分たちのシャツをまくって、

上げたり降ろしたりして、上半身を見せながら話していた。

ももクロの子は、下着が見えるだけなんだけど、

地味子は、キャミソール?も薄く、ブラジャーもずれているので、

乳房も乳首もしっかり見えていた。

それでも気にすることなく、別人のように喋っていた。

ぼくは、彼女の乳首を見て、「色も形も平均的だな」と思った。


目が覚めて、彼女に会いたくなった。


おっぱい/スピッツ

<作詞:草野正宗>

君のおっぱいは世界一

君のおっぱいは世界一

もうこれ以上の 生きることの 喜びなんかいらない

あしたもここで 君と会えたらいいな
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンク | トップ | 癒しのEテレ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事