■単行本まで何マイル?(仮)

漫画家・由伊大輔のblog
mail : super-hibase☆mail.goo.ne.jp(☆→@

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年を絵で振り返る(1)

2016年12月12日 | ●漫画制作
年末になる前に色々と今年の決算を済ませておこうと思います。ツイッターのほうにだけ上げた絵が色々あるので、今年のぶんをこちらにも載せつつ振り返ります。

軽く2014~2015を振り返ると、2014年春に『ハコネちゃん』の連載が終わって、そこでデビュー後初めて大きな時間が出来ました。次に何を描くにせよ、プロである以上は常に新しいものを見せなくてはならないと思い、自分の中で絵や作風の模索を始めます。

…が、数ヶ月ほど過ぎたころ、そのあたりの試行錯誤の結論が出る前に『ハコネちゃん』アニメ化の話が持ち上がり、そこから2015年はアニメ製作への参加のほか、『ハコネちゃん』の復活短期連載で100ページも描かせてもらえることになり、結局2015年いっぱいは『ハコネちゃん』モードのまま過ごすことになりました。

で、明けて2016年になってからの変遷が、以下のお話。

はい、いきなりあずにゃんですね(爆)。いや、厳密には違うのですけれども。『ハコネちゃん』ではあまりメインで描けなかった制服欲が一気に出てきたのが年始でした(苦笑)。絵的には「アニメっぽい可愛さ」を意識していたと思います。

こっちもあずにゃんっぽい人ですね、いやもうとにかく制服絵が続きます、ひたすら制服絵を描いてました。やっぱり絵的には「アニメっぽさ」を意識してます、『ハコネちゃん』アニメ化の影響が出てます。

どこまでも制服です。これも少し雰囲気を変えてますが、アニメ調かな?

このへんで、ちょっと漫画向けを意識しだします。髪や目、鼻の描き方なんかがちょこちょこ違う感じで、少しずつ絵柄の模索とかもしているのがわかります。鼻の描き方は実はこの後正式採用されることになります。

自作品のアニメ化という大きな転機を越えたタイミングだったので、とにかく色々と自分の中でも変わっていかねばならないという意識があったと思います。

しかし本当に制服ばかりです、どんだけ好きなんでしょ。まあ『ぺろわん!』時代はひたすら制服漬けでしたからね・・・今更禁断症状でしょうか。

実はこのあたりの絵を描いていた頃、今年の3月頃だったでしょうか、某編集部で若い新人編集さんに自分の絵の批評をしてもらう機会に恵まれました。絵の改良方向について悩んでいた自分に、担当編集さんが「若い感性を取り入れよう」と気を利かせてそういう場を用意してくれたのです。その結果として、今回のラスト2枚の絵が出来、そしてそのまま次回へつながります。

次は春の事情、このあと多分、この話題で年内4回更新ぶんくらい引っ張ります。
『マンガ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『別居姉妹』2話目掲載・・... | トップ | 2016年を絵で振り返る(2) »
最近の画像もっと見る

●漫画制作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL