レンズの向こうに・・・PART2

きままな写真ブログです。ホッとする写真、懐かしい写真、ニコッとする写真、感動する写真、そんな写真が撮れたら楽しいですね。

Vol.2015 堀切峠と平和台公園  (Photo No.14010)

2017年01月31日 21時22分31秒 | 風景
久しぶりに堀切峠にやって来ました。飫肥の街から宮崎市内に行く時には
この日南海岸を北上する国道220号線を通るのですが、新しい国道220号線
はあえて通らないで、旧国道の方を通ると、この景色に出会えるのです。
旧国道には道の駅「フェニックス」や堀切峠があって、そこからの景色は
素晴らしいんですよ。でも、今回ちょっと「あれっ?」という光景が待って
いましたよ。写真をよく見てください。海の中に何やら大きな支柱が二本
突き立っているでしょう。高さは恐らく15m~20mくらいはある感じでし
たが、あれは何なのでしょうね。またいつ頃にあの支柱は立てられたのでし
ょうか。ちょっと異様な雰囲気が漂っていて、被写体としてはいいのですが
昔はなかったこの光景にビックリでした。

【撮影日】2017/01/31 09:04:42.62
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:70mm f/5.6 1/2000秒

久しぶりのブログ更新です。最近はなかなか撮影意欲も沸かず、またまた
1週間もブログの更新をサボってしまいました。深く反省しております(笑)。

今日もいい天気の日南でした。今日は宮崎市内で11時から用事があったので
久しぶりにスーツ姿で出勤です。朝、早めに飫肥の街を出発して、日南海岸
の景色を撮影しようと思い、カメラ機材も持って出掛けて来ました。用事の
ある場所が平和台公園のすぐそばだったので、50年ぶりくらいに平和台公園
にも寄ってきましたよ。今日から5回に渡って、平和台公園、不思議な埴輪群
、子供の国の寒緋桜、ボタニックガーデン青島、青島神社などの風景をお届
けしますね。お楽しみに!。

先日、R先輩から電話があり「日南市総合運動公園にサッカーの横浜FCチーム
のカズ達がキャンプにきちょっど!。ブログネタにいいかもよ。」とお電話を
いただきました。ネットで調べて見ると確かに1月24日~2月12日の間、トレー
ニングキャンプを日南で行うようです。スケジュールがネットに出ていました
がトレーニングと試合(日南だったり、宮崎市内だったり)が交互に入っていて、
日南市総合運動公園にカズ選手のいる日が特定できませんでした。あと練習中
にカメラ撮影が許されるかどうかも不明ですし、ちょっと行くのに躊躇してし
まいます。そういえば、明日から2月。広島カープは日南に、読売巨人軍は宮崎
市内に、それぞれキャンプインしてきますね。いつも静かな日南も、少しの間
賑やかになってきそうですよ。

今日のお薦めの焼酎は渡邊酒造場の「無濾過 旭萬年」です。宮崎の芋焼酎です。
無濾過でありながら度数は28度とそれほど高くなく飲みやすい焼酎です。でも
無濾過らしい芳醇な味わいはしっかりと感じられる焼酎です。東京に居た頃はよく
近くの大きな酒屋さんで買って飲んでいました。宮崎に戻ってきてからはまだ飲ん
でいませんが、今度久しぶりに飲んでみましょう。

今日のお薦めの曲は手嶌葵の「明日への手紙」です。とても優しい曲ですよね。
出だしの歌詞が最高です。「♪元気でいますか。大事な人はできましたか。♪」
こんな書き出しの手紙をもらったら私なんか涙がポロポロと溢れてきそうです。
本当に気持ちが癒される曲です。歌声をよく聴くと手嶌葵本人じゃないようです。
でもこの人の声もなかなかいいですよね。そう言えば、手紙を本当に最近書いて
いませんね。久しぶりに遠くにいる友人に手紙を書きたくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切峠から日南市方面をみた風景です。絵になりますよね。 (Photo No.14009)

2017年01月31日 21時21分12秒 | 風景
峠と言うくらいですから、足元の海岸からはかなり高さがあります。80mくらい
はあるかも知れません。日南海岸はこうしてフェニックスが植えられているので
本当に南国らしい風景になりますよね。国道220号線の旧道を通ると、こうして
突然目の前に広がる日南海岸の風景に、帰省するたびに「うわぁー!。」っと
歓声をあげていたものでした。

【撮影日】2017/01/31 09:00:14.96
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/8 1/640秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀切峠で早速、ホオジロが出迎えてくれました。 (Photo No.14008)

2017年01月31日 21時20分33秒 | 風景
パッと見はスズメにそっくりなホオジロです。大きさもスズメとおなじくらい
ですから、見間違う人も多いでしょうね。その名の通り頬が白いでしょう。
あと、スズメは目の上が黒いのですが、ホオジロは頬と目の上も白いのです。

【撮影日】2017/01/31 09:01:03.92
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/640秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和台公園にやって来ました。実に50年ぶりくらいです。(Photo No.14007)

2017年01月31日 21時19分49秒 | 風景
写真は、平和台公園のシンボルでもある平和の塔です。この塔は高さ37mもあるん
ですよ。設計者は大分出身の日名子実三(ひなこじつぞう)という方のようです。
この日名子実三という方は、日本サッカー協会(JFA)のシンボルマークである
「八咫烏(やたがらす)」の製作者でも知られているようです。


【撮影日】2017/01/31 10:00:12.58
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:46mm f/10 1/250秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「八紘一宇」(はっこういちう)の文字が懐かしいですね。 (Photo No.14006)

2017年01月31日 21時19分18秒 | 風景
この八紘一宇(はっこういちう)とは、『日本書紀』巻第三神武天皇の条に書かれた
文言のようで、意味としては「天地四方八方の果てにいたるまで、この地球上に生存
する全ての民族が、あたかも一軒の家に住むように仲良く暮らすこと」という意味の
ようです。いい言葉ですね。世界中で、争い事のない平和な日々が早く訪れるといい
のですが、世界中でテロや異民族間の争い、またトランプ大統領の過激な政策に、平
和な日々はなかなか訪れてくれないようです。

【撮影日】2017/01/31 10:01:41.96
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:120mm f/10 1/250秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和の塔を固める四魂の像   (Photo No.14005)

2017年01月31日 21時18分46秒 | 風景
正面向って右側にあるのがこの和魂(にぎみたま)の像です。この魂の機能は和魂で
あり、親しみ交わるという力だそうです。その機能は、1字で表現すれば「親」である
とも言われています。平和や調和を望み親和力の強い人は和魂が強いのだそうですよ。

【撮影日】2017/01/31 10:06:57.94
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:250mm f/5.6 1/1000秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正面向って左側にあるのがこの荒魂(あらみたま)です。 (Photo No.14004)

2017年01月31日 21時16分14秒 | 風景
この荒魂(あらみたま)は前に進む力であり、勇猛に前に進むだけではなく、耐え忍び
コツコツとやっていく力でもあるのだそうですよ。その機能は、「勇」という1字で表され
、行動力があり、外向性の強い人は「荒魂」といえるのだそうです。確かに強そうな像です。

【撮影日】2017/01/31 10:08:42.72
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:270mm f/5.6 1/1600秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埴輪(はにわ)は神話の国「宮崎」を象徴している像かも知れませんね。 (Photo No.14003)

2017年01月31日 21時15分06秒 | 風景
このポーズの埴輪って「踊る男」と呼ばれている有名な埴輪なんです。もちろん
女性版の「踊る女」という埴輪もあります。平和台公園内にある「はにわ園」には
遊歩道のある林の中に約400の埴輪が置かれているんですよ。埴輪は、3世紀後半か
ら6世紀後半にかけて造られ、不思議な事に、前方後円墳がなくなると埴輪も歴史
上から消滅したのだそうです。その時一体何が起こったのでしょうね。

【撮影日】2017/01/31 10:10:53.54
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:122mm f/5.6 1/200秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埴輪がかもし出す不思議な古代的魅力 (Photo No.14002)

2017年01月31日 21時13分44秒 | 風景
神社仏閣の石仏などもそうですが、この歴史のある埴輪も不思議な魅力というか、神々
しさを感じますよね。昔の人々は、現代の人よりも恐らく宗教心が強かったのだろうと
思いますが、できるものなら古代に戻って「埴輪をつくる意味」を聞いてみたいもの
です。

【撮影日】2017/01/31 10:13:16.94
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:145mm f/5.6 1/125秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.2014  日南ではもう桜が咲き始めました。 (Photo No.14001)

2017年01月24日 20時35分09秒 | 風景
ちょっと濃い目のピンク色をしていて、下向きに咲く寒緋桜(カンヒザクラ)
が見頃を迎えていました。中には終わりに近い桜もあります。先日の土曜日
に北郷に行って来たのですが、高台のリゾートホテルへ続く道の両脇の桜も
ほとんどが見頃が終わっていたようでした。あれもきっと寒緋桜なんだろう
と思います。もちろんソメイヨシノはまだ咲いていませんが、2月になれば
河津桜とかが咲きだすかも知れませんね。先週は大寒波に見舞われた日本列
島でしたが、やはり南国日南では春の足音が聞こえてきたようですよ。

【撮影日】2017/01/24 14:35:51.65
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/1250秒

今日も快晴の日南でした。1週間ぶりのブログ更新です。この1週間、日南は
曇り空もありましたが、寒波と強風で撮影どころではありませんでした。特別
に撮影したいものがあれば、無理をして撮影に出かけたかも知れませんが、
ミサゴも風が強いとなかなか海や川にダイブしてくれませんし、この真冬に
風邪でもひいたら大変と、私はじっと家で読書タイムでした。そんな中、ミサ
ゴの「ダーウィンポーズ」のジャスピン撮影を狙っていたR先輩は、先週末から
インフルエンザにかかったようで、自宅待機が続いているようです(笑)。きっと
寒い中、撮影に出掛けられていたのでしょう。「R先輩!。あまり無理しないで
下さいね!(笑)。」今日、私は午前中にソフトバレーの練習をして思い切り運動
したので、体も温まり、お昼に一端家に戻って熱いシャワーを浴びたあと、午後
からカメラ機材を背中にしょって、サイクリング兼撮影に出掛けてきました。
最近日南では、野鳥をたくさん見かけるようになりましたよ。これって春が近く
なったきた証拠かも知れませんね。鳥達にとって「春」は恋の季節。結婚相手を
見つけて、子作りをしなくてはいけません。きっと鳥達も婚活を開始したのでし
ょうね。

スマホでiPhoneを使っている方も多いでしょうね。先月、iPhoneの最新OSである
iOS10.2がリリースされましたが、アップデートしましたか。今回のOSで改善され
た問題点は、以下の通りのようです。

【主な改善点は以下の5つ】
•スクリーンショットの音が鳴らなくなる
•100個以上の絵文字を追加
•ミュージックアプリでプレイリスト・アルバム・曲の並べ替え順を選択可能に
•写真アプリの顔による分類の正確性が向上
•ホームボタン長押しでSiriや音声コントロールを起動しない設定が可能に

【さらに細かい改善点】
•Safariのリーディングリストを既読にするとクラッシュする問題などを修正
•Live Photosの安定性・フレームレートを向上
•写真アプリの「メモリー」からレシートやホワイトボードなどの写真を除外
•iPhone 7 Plusのカメラがズームインしたままになる問題を修正
•ミュージックアプリでシャッフル・リピート・「次はこちら」が使いやすくなった
•メールアプリでコピー&ペーストがうまく行えない問題などを修正
•メッセージアプリに「ハート」と「お祝い」スクリーンエフェクトを追加
•メッセージアプリでキーボードが表示されない問題を修正
•絵文字のデザインを細部に至るまで美しく見えるように変更

上記の中で、気になったのが「写真アプリの顔による分類の正確性が向上」です。
スマホに、恋人や子どもや友達の写真をたくさん溜め込んでいる人も多いと思い
ますが、その写真を「顔による分類」で並び変えている人は、果たしてどれくら
いいるのでしょうね。まだ幼い赤ちゃんならいつも自然体の顔をしてくれるので
「顔での並び替え」も理解できますが、カメラを向けられるとわざと変な顔をす
る人もいますよね。私の周りにも、そんな人が何人もいますよ(笑)。池上の行き
つけの居酒屋のマスターもそうでした。私がカメラを向けるとワザと変な顔をす
るのです。でもその「変な顔」が、アプリによって上手く分類されたら面白いで
すね。要はその人の「変な顔」だけが本人とは別人として分類されるのか、それ
ともまともな顔と同一人物としてみなされるのか、とても興味ありますね。誰か
今度この機能を使って、どんな分類になったか試してもらいたいですね(笑)。

ところでスマホを持っていても、それを使こなしている人は少ないと思いますが
やはり、手っ取り早くスマホをマスターする方法は「とりあえず、いろいろな機
能を使ってみる!。」だと思いますよ。特にご年配の皆さん、スマホのゲームば
かりやっていないで、いろんな機能を試してみましょうね。そして今年はぜひと
もITに強くなってみましょう。きっと楽しい人生になると思いますよ。


今日のお薦めの焼酎はすき酒造の「五大王」です。宮崎の芋焼酎です。この
五大王の名前の由来は五種類の焼酎をブレンドしている事から来ているのです
が、複数の焼酎をブレンドして最高の旨さの焼酎を作り出すって、これはとて
も難しい事だと思いますよ。出来上がった焼酎を飲んで見ましたが、正直いっ
て黒麹の特徴は確かにわかりましたが、他の味はよくがわかりませんでした。
(ほかの4種類のブレンドの味がという事です。)でも、旨い焼酎であることは
間違いありませんでした。面白い焼酎だと思いますので、気になる方はぜひ一度
飲んでみて下さい。

今日のお薦めの曲は井上陽水の「チエちゃん」です。昔は、それほど意識して
いなかったのですが、今、この曲の歌詞をじっくりと聴くと、主人公のチエちゃ
んは、恐らく亡くなっていて、そのチエちゃんに対して井上陽水は、チエちゃん
があの世で
「淋しい気持ちになったら、向うの海岸で水着になって、お日様に体を見せ付け
てやれ」と言っているのです。これって凄いと思いませんか?。こんな発想は
凡人には出来ませんよね。チエちゃんはきっと若くて、ナイスプロポーション
だったのでしょうね。それで、井上陽水はそんな歌詞にしたのだと思いますよ。

昔、コンビ名は忘れましたが、ヒット曲をネタにした漫才をやるベテランのコン
ビがいました。特に覚えているのが、中島みゆきの
「道に倒れて誰かの名を、呼び続けたことがありますか」という「別れ歌」の
歌詞で、この漫才コンビのツッコミ役が
「そんなヤツ、世の中におるかい!。道に倒れて誰かの名前を呼ぶヤツなんか
この世にいる訳がないやろ!。」と関西弁でツッこむのです。あれは笑えまし
たね(笑)。こうして改めて歌詞の意味を指摘されると、初めて気づくのですが
、昔は歌詞の意味を深く考えずに、その曲を歌っていましたよね。そういう事
から考えると、やはり、井上陽水も中島みゆきも、非凡な才能の持ち主だった
という事は間違いないですよね。
参考までに、この漫才コンビはこんな事もネタにしていました。
確か、五木ひろしの「川は流れる 橋の下」の部分の歌詞を
「当たり前や。どこの世界に、橋の上を流れる川があるねん! 橋の上を流れと
ったら洪水やがな。どあほ~、責任者出て来い!」
あと、桜田淳子の気まぐれビーナスの「去年のトマトは、青くて硬かったわ。
だけど、いかが~も~、今年は赤いでしょう。味もきっと・・・・・」という部分を
「おんどりゃ~!! 去年のトマトが今年は赤い~~?? 舐めてんのか~~!! 去年
のトマトは、クサッとるワイ!! おんどりゃ~、責任者出て来い!」というこんな
感じでした。 超、笑えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南国日南では越冬つばめが活発に飛び始めましたよ。 (Photo No.14000)

2017年01月24日 20時33分57秒 | 風景
越冬つばめと言えば、南方に戻らないで比較的温暖な場所で、冬を越すつばめの
事ですが、皆さんご存知のとおり森昌子の演歌「越冬つばめ」を思い出す人
も多い事でしょうね。私も大好きな曲です。でも、この曲の歌詞にはちょっとした
矛盾があるような気がするのです。つばめが越冬できる地域はもちろん冬でも暖
かい南国ですよね。寒い北国では越冬できませんからね。ツバメ達は日本の南方に
飛来しなくていい、暖かい場所で冬を越す訳です。でもこの「越冬つばめ」の歌詞
をよーく見てみると
「季節そむいた冬のつばめよ吹雪に打たれりゃ寒かろに」と言っていますよね。
越冬できる南国で吹雪になることはまずありません。ここに矛盾があるのです。
恐らく、物心ついた日本人の頭の中には演歌=北国という縮図が刻み込まれてい
ますから、この曲を聞いても何の疑いも持たないのです(笑)。すみません、ちょ
っとしたツッコミでした。

【撮影日】2017/01/24 14:54:20.68
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/640秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アオサギとシラサギの睨みあい  (Photo No.13999)

2017年01月24日 20時32分39秒 | 風景
昔、マカロニウェスタンという映画が流行った時がありました。イタリアの西部劇
です。西部劇といえばアメリカと思う人もいるかも知れませんが、イタリア人の映画
監督であるセルジオ・レオーネやセルジオ・コルブッチが製作した『荒野の用心棒』
(主演クリント・イーストウッド)や『夕陽の用心棒』(主演ジュリアーノ・ジェンマ)
などが、いわゆるマカロニウェスタンの代表作でしたよね。そんな決闘を思い出させ
るようなアオサギとシラサギの睨みあいに、ニヤッとした私でした。


【撮影日】2017/01/24 14:20:26.34
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/1250秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマセミがすぐ近くに来てくれました。 (Photo No.13998)

2017年01月24日 20時31分21秒 | 風景
ヤマセミの目線がいいでしょう。「よっ、またあんたか。いつもご苦労様!。今日
は、大サービスだよ!。」って言っているかのように、ポーズを決めてくれました。
カメラ機材を背中に背負って家を出て、わずか4~5分でこのヤマセミ君が出迎えて
くれたんです。これって凄い事ですよね。日南って、何て素晴らしい所なんでしょう
ね。東京にいたなら、こんな短時間で幻のヤマセミに出会える訳もなく、おそらく
車で数時間もかけてようやくたどり着ける北関東とか甲信越までいかないと、出会え
ないだろうと思います。尚かつ、そのヤマセミに出会える場所まで行ったとしても、
果たしてヤマセミに出会えたかどうか怪しいところです。やはり日南って野鳥の王国
かも知れませんね(笑)。ありがたやー!。

【撮影日】2017/01/24 14:28:14.67
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/1600秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

場所を変えたヤマセミがのんびりしていました。(Photo No.13997)

2017年01月24日 20時30分49秒 | 風景
日南に生息しているヤマセミの数は、恐らくですが、一桁の数じゃなくて二桁の数
くらい、いるのじゃないかと思います。酒谷川系で5~6羽、広渡川系で7~8羽という
計算です。それだけ河川も綺麗で、ヤマセミのエサとなる小魚も豊富にいるという
事ですね。以前もこのブログで言いましたが、この珍しい野鳥がたくさんいると言う
事が「日南市に移住者を増やす!」と言うキャッチフレーズになると思いますよ。

【撮影日】2017/01/24 14:30:33.00
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/1250秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワラヒワの群れが木の上で休息中です。    (Photo No.13996)

2017年01月24日 20時28分58秒 | 風景
ちょっと高い10mくらいの木の上に、この写真のカワラヒワの20羽くらいの群れが
休息中でした。カワラヒワって本当に可愛い鳥です。結構、人見知りすると言うか、
警戒心が強い鳥のようですが「君達に関心ないよー!。」というスタイルで近寄る
と、意外と逃げないのです。鳥って意外と人の行動パターンというか人の心理を読
み取っているのかも知れませんね。

【撮影日】2017/01/24 15:08:51.25
Nikon D300 レンズ:VR 70-300mm f/4.5-5.6G
焦点距離:300mm f/5.6 1/800秒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加