レンズの向こうに・・・PART2

きままな写真ブログです。ホッとする写真、懐かしい写真、ニコッとする写真、感動する写真、そんな写真が撮れたら楽しいですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vol.1978  日南はすっかり秋の気配    (Photo No.13718)

2016年10月10日 22時44分29秒 | 風景
飫肥を流れる酒谷川の川原に、たくさんのキバナコスモスが咲いています。
その上空にはウロコ雲がびっしりと広がっていて、まるで飫肥の街を見下
ろすかのように東へ流れて行きます。このあと夕焼けが広がるといいので
すが、そう簡単には綺麗な夕焼けにはなってくれません。日南も昨日から
すっかり秋らしくなってきましたよ。一気に気温が下がってきた感じですね。
これでようやく夏の暑さは終わったでしょうね。さて、待ちに待った本格的
な秋の到来です。日南は飫肥杉だらけで広葉樹のきれいな紅葉は近くには
ないようですが、それでも本格的な秋の風景を探しに行ってきましょう。

【撮影日】2016/10/10 16:08:36.17
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:24mm f/4 1/8000秒

今日の日南は素晴らしい秋晴れに恵まれました。今朝方は日南もかなり冷え
込みましたね。この秋一番の冷え込みでした。私はまだ掛け布団は出してい
ないので、今朝の寒さはさすがに綿毛布だでは寒かったです。空気も乾燥し
ていたようなので、今日は家中のお布団を5時間くらい干しました。みんな
フカフカになりました。今夜はあの干した布団の香りに包まれて、みんな
気持ちよく眠れる事でしょう。

先日の宮日新聞に、板敷の奥の乱杭野の山で時々コシジロヤマドリが出現
していると言う記事が載っていました。このコシジロヤマドリは宮崎県の
県鳥にもなっていて、日南に戻って来たらぜひ撮影してみたい鳥のひとつ
でした。この秋は、ぜひともこのコシジロヤマドリを追っかけて撮影して
見たいと思います。コシジロヤマドリはキジに形が似ていて、本当に腰の
辺りに白い羽根が生えています。生息数が少ないのでなかなか見る事が出来
ないのですが、運がよければ年に数度は見られるようですので、根気よく
乱杭野に通い詰めて撮影してみたいと思います。おにぎりとお茶を持って、
ハイキング気分で出掛けて来ましょう。

読書の秋になりましたね。最近、葉室麟(はむろりん)さんの時代劇小説に
ハマっています。葉室麟さんは2013年に「蜩の記(ひぐらしのき)」で直木
賞も取られている人気小説家です。葉室麟さんの文章は、本当に読みやすく
て、文章に無駄がないのです。まだ14~15冊くらいしか読んでいませんが、
すべて一気に読み終えられます。私は葉室麟さんの小説を読んで、時代劇の
奥の深さを知らされた感じがします。ぜひとも出版されている本をすべて
読んでみたいと思います。みなさんも、ぜひいろんな小説を読んでみては
どうでしょうか。

今日のお薦めの焼酎は井上酒造の「夢のひととき」です。大分の麦焼酎
です。井上酒造さんは大分で最古の蔵元で、地元に愛されている蔵元さ
んです。この「夢のひととき」は麦の香りがしっかり残っていて、口当
たりもまろやかで、とても旨い麦焼酎です。芋焼酎派の人も、たまには
こんな旨い麦焼酎はいかがでしょうか。超、お薦めの麦焼酎ですよ。

今日のお薦めの曲は鬼束ちひろの「流星群」です。いい歌ですよね。
鬼束ちひろは、以前もこのブログで書いたとおり私の高校の後輩です。
最近はあまり見かけませんが、元気で頑張っているでしょうかね。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かなり遅れて彼岸花が咲こう... | トップ | 油津港に大型クルーズ船が停... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。