レンズの向こうに・・・PART2

きままな写真ブログです。ホッとする写真、懐かしい写真、ニコッとする写真、感動する写真、そんな写真が撮れたら楽しいですね。

Vol.1982  大堂津の城山(南郷城跡)からの絶景 (その2) (Photo No.13750)

2016年10月19日 13時43分19秒 | 風景
ここから大島が一望できます。大島の形がひょうたん型ではなくて、南北
に長い島だと言う事がよくわかりますね。右側にある港は目井津港です。
細田川に架かる細田橋やJR日南線の鉄橋が、写真的にはなかなかいい構図
になっていますよね。こんな景色のいい場所があったなんて、本当に驚き
ました。今度、友人を誘って、ハイキングを兼ねてまた城山に登りに来まし
ょう。山頂でお昼ごはんを食べたら、目井津港から船に乗って、あの大島に
行くのです。大島で魚釣りをして、夕方の船で戻って来て、そして釣った魚
を酒の肴にして、美味しいビールや焼酎をみんなで味わうのです。考えた
だけでも楽しそうでしょう。早速、企画しなくちゃ!。

【撮影日】2016/10/17 13:48:04.51
Nikon D810 レンズ:VR 24-120mm f/4G
焦点距離:52mm f/16 1/125秒

今日は朝からずっと曇り空が続く日南です。でもお昼頃になって、ちょっと
お日様が顔を出し始めました。このままいい天気になってくれるといいですね。
そう言えば、玄関脇にある大きな金木犀が花を咲かせました。外から家の中ま
で、金木犀のいい香りが漂って入り込んできます。この金木犀は、私が子供の
頃にはすでに植えてあったのですが、今では高さが5mくらい、枝振りも直径
だと4~5mはありそうな大きな金木犀に育ちました。

さて、今週末の金、土、日から月、火まで日南地方は、雨や曇りが続くよう
です。秋晴れはどこに行ったのでしょうね。コシジロヤマドリを見つけに行
きたいのに、なかなか天候に恵まれません。そう言えば、昨日、同じ地区に
住む70歳過ぎの先輩の方から「1週間くらい前に東郷でキジ(雉)を見たよ」と
地図まで書いていただいて目撃した場所を教えていただきました。この先輩
は、私がコシジロヤマドリを撮影したがっている事を知っている方で、それ
で情報提供してくれたのでした。「いきなりコシジロヤマドリには出会えん
じゃろうから、まずキジで撮影の練習をせんといかんね(笑)。」と屈託のな
い笑顔で話されます。先輩は、日南では狩猟もやっているそうで、話を聞く
と、生息場所から季節毎の生態まで、本当に日南の野生の生き物について詳
しい方でした。しかも、とても親切です。だいたいキジの姿を見て、私の事
を思い出していただける事自体がありがたいですよね。これはご期待に応え
てまずはキジで撮影の練習をしなくてはいけません。夏が過ぎてキジは羽根
が生え変わる換羽期を迎えたでしょうから、もしかしたらあの長いオスのキジ
の尾羽根がまだ生え揃っていないかも知れませんが、天気になったら早速
出掛けて見る事にします。

今日のお薦めの焼酎は大石酒造の「甕御前」です。鹿児島の芋焼酎
です。黄麹を使っているので、香りもよく、飲むととてもフルーティ
な味わいがします。大石酒蔵さんの焼酎は、私はとても気に入ってい
て、他にも「鶴見」「蔵純粋」「がんこ焼酎屋」など、美味しい焼酎
がいっぱいあります。まだ飲んでいない方は、大石酒造さんの焼酎を
ぜひ飲んでみて下さい。

今日のお薦めの曲は徳永英明の「Myself~風になりたい~」です。いい
歌ですよね。歌詞にすごく共感が持てます。この歌を聞くと元気が出て
くるというか、勇気が沸いてくる、そんな感じがします。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大島の南端にある灯台「鞍埼... | トップ | はまぼう公園から見える細田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。