レンズの向こうに・・・PART2

きままな写真ブログです。ホッとする写真、懐かしい写真、ニコッとする写真、感動する写真、そんな写真が撮れたら楽しいですね。

Vol.1941 梅雨入りした日南    (Photo No.13463)

2016年06月06日 22時00分50秒 | 花、植物
南九州は先週の土曜日(6/4)に梅雨入りしたもようだと言っていま
したね。日南も雨が続くので、今日は家の周りのアジサイなど傘を
さしながら撮影してみました。ほとんどが自宅の庭に咲いている花
です。雨の中の撮影も、面白いですね。花や葉に付いた雨雫がキラ
キラしてきれいです。雨の中の撮影も、たまにはいいものです。

【撮影日】2016/06/06 15:59:35.58
Nikon D810 レンズ:60mm f/2.8G
焦点距離:60mm f/4 1/160秒

今日も朝から雨の日南です。これで3日連続の雨となりました。
天気予報を見ると明日の午後から天気は回復して、あさってに
は、晴れ間も出るような予報になっています。ジャカランダの
花の撮影はあさってですね。ちょうど今週が見頃になるようで
すから、ちょうどいいかもしれません。

昨年の6月に公開された映画「海街diary」をご覧になった方も多い
事でしょう。今年の3月には日本アカデミー賞の作品賞、監督賞、
撮影賞、照明賞と最多4冠受賞も達成して、確か先月にテレビでも
初放送されたと思います。私も実際に映画館で見ていなかったので
テレビ放映されたのをちゃんと録画して、先日、その録画を見たの
ですが、4人姉妹の心温まる物語に、終始目頭が熱くなってしまいま
した。最近特に涙腺が弱くなったような気がします(笑)。
ロケ地も鎌倉の極楽寺駅周辺で、私がよく撮影に行っていた場所でし
たので、とても懐かしく思いながら映画を見ていました。それにして
も本当に「人の優しさ」が溢れていた映画でしたね。原作の吉田秋生
(よしだあきみ)さんという女性は、私の1個先輩なのですが、女姉妹
の感情表現を文章にするのが本当に上手だと思いました。いや、その
表現力の素晴らしさは凄いと思います。具体的にここで、その文章を
出してしまうと、著作権等の問題があるので控えておきますが、例え
ば、40歳くらいの独身の女性で、仕事がバリバリできるAさんという
人がいたとします。そのAさんが、ある時、取引先の飲み会に誘われて
、その席上で取引先の社長さんから
「Aさん、うちとの仕事もずいぶん長くなったね。そろそろ若い子に
 引き継いだらどうかね。」
と言われてしまったとします。きっとAさんは、あまりにも思いやり
の無い社長の言葉に、かなりのショックを受けるはずですよね。
そして
「こんなに長い間あの取引先に貢献してきたのに、若い子に代われっ
 ていったい何よ!。」と思ったに違いありません。そして、飲み会
が終わって、最寄の駅に着いて、自宅まで歩いて帰る途中に、今日あ
った出来事を思い出すのです。その時のAさんの感情の表現を、小説
にする時、普通の人なら
【A子は、宴会先で言われた「若い子」という言葉に、いつもに無く
 反応してしまった。「私はこれまで、どれだけあの会社に貢献した
 と 思っているんだ、あのバカ社長め!!!。若い子と代われだと。
 ふざんけんな!。どうせ私は仕事しか脳の無い年増の女かもしれな
 いけど・・・。ああ、悔しい!!。スケベ親父の社長って大嫌い。」】
と言う様な言い回しを書く人が多いのも知れませんが、
きっと「海街diary」の原作者の吉田秋生(よしだあきみ)さんは
【A子は、仕事の帰り道に、先ほどの取引先との宴会での言葉を思い
 出していた。なぜ、あの社長は、そのような言葉を私に投げかけて
 きたのだろう。もしかして、私の事を、ビジネスパートナーとして
 ではなく、一部分、女として見ていた部分があったのだろうか。
 それに対して私は、あの社長の振る舞いや言動に対して、少なからず
 抵抗があったのは事実で、その事が、自分の知らない内に振る舞いに
 出てしまって、あの社長に気づかれてしまったのかも知れない。】
と、相手を一方的に責めるのではなくて、何故?とその理由を考えて
まずは、事実を分析・判断してから文章に表現する作家なのだと思いますよ。
今の世の中、こんな人は意外と少ないのかも知れませんね。もっともっと
この人の本を読んで、吉田秋生という作家を分析したいと思います。

今日のお薦めの焼酎は梅ヶ枝酒造の「ぎんた」という焼酎です。
長崎の麦焼酎です。この焼酎は地元の佐世保市でずっと愛され
ている麦焼酎のようです。ロックで飲んで見ても、麦の香りが
よくわかります。さすがに晩酌用なので、飲みやすい麦焼酎に
仕上がっていました。

今日のお薦めの曲はもとまろの「サルビアの花」です。この曲も
青春時代を思い出す歌ですよね。ちょっと悲しくて切ないメロディ
がずっと記憶に残っています。確か、好きな人がお嫁さんに行って
しまう、いわゆる失恋の歌でしたね。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤紫のアジサイの花に水滴が... | トップ | Vol.1942 朝日新聞の宮崎版... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花、植物」カテゴリの最新記事