木綿街道カフェ&日本酒「結」

出雲市平田町の古民家で日本酒の飲めるカフェを経営する女性きき酒師のひとりごと。

島根県とロシア沿海地方の友好交流25周年記念事業で日本酒PR

2016-10-12 | ライター

島根県とロシア沿海地方友好交流25周年記念事業として、ウラジオストクで日本フェアが開催されました。
私は市内のバーで島根の地酒をPR。

島根の副知事、議長とロシアの皆さんと力を合わせて鏡開きでスタート!

皆さん、とても友好的で、中には日本に行ったことがある方も。
その時は何を買っていいか分からなかったけれど、今から島根に行って日本酒を買いたい気分だと言っていただきました。

冷酒、常温、熱燗と、様々な温度帯で、器もそれぞれ変えて提供。
冷酒が好きな方、燗酒が好きな方と、好みはいろいろ。

楽しむ幅が広いことは分かっていただけたかなと思います。

鏡開きは好評で、翌日の沿海地方行政府主催のレセプションでも行いました。

日本酒のおかげで、貴重な体験をさせていただきました。

明日13日は島根の日本酒の神様、佐香神社の例大祭。
感謝をこめてお詣りさせていただきます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仁川空港からウラジオストク... | トップ | 佐香神社のどぶろく祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。