カレーなる日々

インドの日常を中心に日々を綴っています。

【インドの寺院】 ~ ヴィッタラ寺院~ (ハンピ)

2007年12月17日 21時02分59秒 | 南インド
ハンピ遺跡の最大のハイライトであるこの寺院。
マタンガ山からトゥンガバドラー川沿いの道を約2Km、
しかも岩山超えの道のりである。
このルートは自転車は使えない。

自転車で行くならちょっと遠回りになるが別のルートがある。

この寺院への入場料は5US$である。(外国人料金)
同日ならばこの入場券の半券で、王宮地区のロータスマハルと
エレファント・ステーブル(象舎)にも入れる。

クリシュナデーヴァラーヤ王の時代(1509~29年)に、
建設が始まった。
ヴィジャヤナガル(ハンピの別名)最高の傑作と言われる、
寺院の彫刻は柱にも見る事ができる。

         

ヨーガのねじりのポーズ、
「アルダ・マツェーンドラ・アーサナ」をする人の彫刻もあった。
      

   

前庭には、馬車をかたどった彫刻もある。
この馬車は向きを変えることもできたそうだ。
   

 この寺院の入口の前にドリンク屋の兄ちゃんがいる。
名前は聞き忘れたが20代半ばだろうか。
ヒンディー語は少しだったが英語は話せた。

一休みついでにパラソルの下でジュースを飲みながら談笑した。
兄ちゃんはパンジャビー姿でヒンディー語を話す私にこう言った。
 インドの服を着て、インドの言葉を話せるなら、
   インド人料金(10Rs:約30円)で入れるよ。」

私が「 いくらなんでも、そりゃ無理だよ。」と言うと、
兄ちゃんの友人のリクシャーワーラーも言った。
「肌の色が白いからインド人には見えないよ。」

 やはり・・・インド人には見えないか。

 ≪ 関連記事 ≫ 

【インドの寺院】 ~ ヴィルーパークシャ寺院~ (ハンピ)
【インドの寺院】 ~ ラクシュミー・ナラシンハ寺院~ (ハンピ)
【インドの寺院】 ~ クリシュナ寺院~ (ハンピ)
【インドの寺院】 ~ アチュタラヤ寺院~ (ハンピ)
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スピード・キング | トップ | 今日のカレー(No.104) ~ラヒ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL