カレーなる日々

インドの日常を中心に日々を綴っています。

今日のカレー(No.320) ~ヴィバ・ゴア・インディアン・カフェ~(原宿)

2017年06月19日 21時30分59秒 | カレー
私史上、日本一オクラのカレーの美味しい店だったデヴィ。
10年以上前からそう思っていたのだが、
どうやらゴア料理に方向転換したようだ。

メニューを確認してみると名品「ビンディ・ドゥ・ピアジャ」
があったので安心した。

原宿の竹下通りのコンビニと寿司屋がある向かい側の道を入る。
その右側にこの看板とインド国旗が見える。



           

住 所:東京都渋谷区神宮前1-15-1 ビア原宿B1F
電 話:03(3478)8090
最寄駅:JR山手線 原宿駅


<食したメニュー>

チキン・ティッカ(4P) 710円、
ビンディ・ドゥ・ピアジャ 1250円、
フィッシュ・ビンダルー 1390円、
ゴア・マトン・サクチ 1390円、
バスマティ・ライス 450円、チーズ・ナン 550円、
ベビンカ 450円、チャイ 350円

<店内の雰囲気>

半地下なので若干暗い感じはするが落ち着いた感じ。
あんまりお客さんが入っていないので心配になるが、
(私が心配する事じゃないけどね。)
10年以上やってるので大丈夫だろう。

<感想と評価>

 
            
まずはチキン・ティッカ。
パパドはお酒を注文するとサービスで提供される。


            
何はともあれ、ビンディ・ドゥ・ピアジャの味を確認した。
以前は水分がないドライタイプだったが、
今回は若干水分がありオクラの数も少なめだった。
味も少し変わってはいたが日本一美味しいオクラのカレーである事は間違いない。


            
実はゴア料理と言うとポーク・ビンダルーなのだが、
メニューにポークがなかったため魚でできるか確認してもらったところ、
出来るとの事だったので特別に頼んだ。
現地ゴアの味付けだともっと酸っぱさが立っているのだが、
日本で食べたビンダルーはどこの店も胡椒の辛さとビネガーの酸味が、
バランスが良い仕上がりになっていた。ここのもそう。
どちらもライスとの相性バッチリ。


            
最後の一品として注文したのがマトン。
私はマトン好きではないのでゴアでも食べた事はないのだが、
このゴア・マトン・サクチは、何という美味しさだろう。
ココナッツ風味のマトンカレーも初めてだったが、
臭みが全く感じられず、マトンじゃないみたな感じ。


            
この日はナンを注文させなかったので(笑)
デザート感覚でチーズナンを注文したのだが、
ふっくらとしていて美味しかった。


            
そして本当のデザートはこちら。
ベビンカと言う見た事も聞いた事もないゴアのデザート。
生姜とシナモンの味がしたので、他に何が入ってるのか聞いたのだが
それ以上の事は解らなかった(笑)



この日のカレーは3種類とも素材を生かした味で、
それぞれ異なる味付けで、それぞれ異なる美味しさだった。
日本で久々に感動する味に出会った。
これには舌の肥えたカレー部員たちも大満足だった。

 評価は◎(感動したっ!)
      (3段階、◎:おすすめ ○:まぁまぁ ●:う~ん)

■お断り■
 味に関しては、間違いなく主観でしかありません。(100%!)
 同意見・反対意見など、あると思いますが、
 あくまでも、私の味覚に合うかどうかなので、
 気にしないでください。あしからず。

にほんブログ村 グルメブログ カレーへにほんブログ村
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代々木のカンボジア料理「ア... | トップ | 代々木ヴィレッジ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カレー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL