宇宙で一番プラス思考☆「自分のことが大好きで仕事が楽しいと人生は100倍ハッピー☆」

「面白き事なきこの世なら、面白くしよーっ☆」って人を増やすのが私の好きな生き方ですっ。

「ココロとカラダの美女プログラム」SPECIALセミナー報告~っっ☆その1

2017-01-30 | ピンク(恋するモードうふふ♪)の気分
ふふふーっっ。もう、あれからもう2週間経つのかあーっっ。

娘の看病のドタバタで、しばらく東京にいたもので・・・ようやく、upしますっ☆




スクール生、お手伝いいただいたみなさましばらくは夢心地のまま、過ごしていたようですねーっ


かくいう私もそうです。うきゃうきゃしてて気を静めるのに時間がかかりましたーっ。



J s School「ココロとカラダの美女プログラム」お泊りの一日目


私は「強化合宿」と呼んでおりましたが、実際はとても優雅で豪華な一泊二日でございます(笑)


それでは・・・


「どんなことしたのか、見たいですーっっ」とご要望があったみなさまに、ちらりとお見せいたしますっっ




まず初日は、少し早めにリッツ・カールトン大阪の最上階スイートルームにチェックイン。



あちこちのビルが小さく見えてしまうほど、ここ・・・高層階ですね~っっっ☆




スイートルームなので、そのままでも十分に素晴らしいお部屋なのですが、さらに夜のパーティーのために、お部屋の飾りつけ準備が

始まります



水盤に浮かぶお花の中に「Welcome J´s School Special Seminar」の文字が美しい



日比谷花壇さんの素晴らしいご提案で、パーティー会場の入口だけでも、すでに・・・こんなに豪華になりました



装花があると一気に華やかになるし、女性のテンションはアガりますよねっ

だから・・・こだわりたかった~っっ






会場準備と並行しつつ・・・


スクール生がチェックインする頃、34階のクラブフロアラウンジでお出迎え


一階ロビーのフロントデスクでは、「あの・・・J s スクールの・・・」と言いかけた「J」でけでも

通じたらしく、34階まで案内されたとか・・・・(笑)



すごいっっ





そして、まずは、優雅にアフタヌーンティータイム






ゆったりくつろいだ後は、夕方のシークレットスペシャルセミナーに向けてのおめかしタイム


みんなドレス着たり、お化粧直したり…




テーブルのしつらえはこんな感じです。




テーブル真ん中のお花も可愛いでしょっっ

トータルプロデュースなので、部屋全体の調和が取れていますっ




テーブルの周りのキャンドルにもこだわりが・・・

花びら・・・は、もちろん造花ではなく、ホンモノ。。。

いやあ。。。素晴らしいシチュエーションに、仕掛ける側の私までテンションが上がる






18時前には、最上階スイートルームのパーティー会場のエントランスに集合。


この時、部屋の中は、真っ黒。

これは、サプライズを仕掛ける私側からの目線。



真っ暗な中で待機。キャンドルの灯りがゆらゆらしてて幻想的




何度も、生徒さんを迎えるタイミングのリハーサル。

照明をつけるタイミングの練習




この写真に写っている入口の「進入禁止」ロープ見えますか

ここで、生徒さんには、全員揃うまでお待ちいただいておりました。

驚かせたいので・・・「進入禁止」です



照明を一気に付けるタイミングが重要なので

スタッフが念入りチェックです




で・・・いざ。

パーティータイムのスタート




ピアノの生演奏を合図に、一気に照明がつきます


そして、ドレスアップした私が入口で、お出迎え

「ようこそっお待ちしておりました


生徒さんの驚いてる表情に、にやけちゃう



生徒さんたちは、一人ずつエスコートされてお席につきます。


もちろん、椅子をリッツスタッフさんが引いてくださり、優雅に座ります

(これ、事前にスクールで練習したので、みんな、バッチリサマになってましたよっ)





私からのメッセージカードや、リッツ・カールトンからのサプライズプレゼントなどなど…


ピアノの生演奏がBGMに流れ、美味しいお料理が運ばれ、お花のいい香りも感じながら、


視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚といった五感すべてを味わう時間のスタートです





あああ~っっ思い出しただけで、幸せになれるっっ




続きは、またっ








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに、「お母さん」業... | トップ | 「ココロとカラダの美女プロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ピンク(恋するモードうふふ♪)の気分」カテゴリの最新記事