文明のターンテーブル  "The Turntable of Civilization"

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

韓国は人格障害大国、精神疾患大国となっている。…ウィキペディアから。

2012-08-27 06:52:50 | 日記
儒教と人間関係

韓国社会における人間関係上の慣習は急速に変容しているが、儒教の影響で宗族秩序などの影響は未だ色濃く残っている。

上下関係に厳しく、現在でも目上の人の前での喫煙や、許可を得ないままの飲酒は礼儀違反とされている。

親戚同士の結束は強く、6親等以内の親戚は助け合うべきだとされる。これをユックチョン(六寸)というが、現実に親戚づきあいは非常に多く、初対面の親戚でも就職や進学時の世話をすることは普通である。

学校の同窓生等の結束も強いが、見知らぬ他人との幅広い交際はあまり好まれず、人間関係はやや閉鎖的である。

これは、国民の約70%が人格障害を持っているためで、20代男性の対人関係の障害は約45%と、これは先進国の2.5倍〜4倍である。

さらに、成人の6人に1人が2011年から2012年の間に精神疾患を患っており、4人に1人が生涯で1度は精神疾患を患っていることとなり、韓国は人格障害大国、精神疾患大国となっている。

社交の場において遠慮はあまり歓迎されず、明確な主張を好む。

また、お互いに迷惑をかけあい他人を思いやることが良しとされ、食事の際も割り勘という習慣はなく、目上の者や気分が良い者がすべて払うことがごく普通である。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 大韓民国…ウィキペディアから。 | トップ | 大韓民国…ウィキペディアから。... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。