文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

日本人ひとりひとりに、彼の述べたことが伝われば、日本の思想界や教育界、あるいは政治外交といった分野を

2017-06-16 09:29:04 | 日記

以下は前章の続きである。

マッカーサー証言をTV放映せよ 

第三段階としては、そのマッカーサー証言を日本に広く知らしめることです。

「梅毒」は長い時間をかければ治るでしょうが、病原菌が脳に到達しないうちに治さなければなりません。 

ですから、NHKがゴールデンタイムに、「マッカーサー一代記」を製作し放映することを提案したい。 

マッカーサーは、第一次大戦では数々の戦功を重ね、五十歳で史上最年少で陸軍参謀総長に任命されるなど、目覚しい昇進を遂げました。

その後、彼は米極東陸軍司令官として対日戦を指揮することとなりますが、バターンとコレヒドールで日本軍の猛攻を受け、部下の将兵数万人を置き去りにしてオーストラリアに

一時的にせよ、撤退する屈辱を味わいます。 

やがて、ニューギニアから島伝いに北上する対日反攻を展開、結果として「アイ・シャル・リターン」という有名な言葉通り、レイテ島上陸を果たしました。

そして、日本の敗戦に際しては連合国最高司令官を務め、公職追放、憲法改正、財閥解体、農地改革などの占領政策を実施していった。 

一九五〇年一月、アチソン米国務長官は「西太平洋におけるアメリカの防衛線は、アリューシャン列島-日本-沖縄―フイリピンを結ぶ線である」と演説しました。

台湾、韓国は防衛ラインから除外されていたわけです。

この声明が、朝鮮戦争勃発の原因と言われていますが、国連軍総司令官として国連軍を指揮したマッカーサーには、東京裁判で日本が縷々述べていたことがよく解ったのでしょう。

戦争収拾方法をめぐって、主戦論派だったマッカーサーは、トルーマン政権と対立し、けっきょく解任され、本国に召還されます。

そして、上院軍事外交合同委員会で前述の証言をするわけです。 

そのシーンまでを放映するんです。

最後のシーンは、くだんの「日本は主として自衛のために戦争をした」という台詞を述べるところで終わるという構成にする。

その効果たるや覿面なはずです。 

日本人ひとりひとりに、彼の述べたことが伝われば、日本の思想界や教育界、あるいは政治外交といった分野を、長い問侵してきた「梅毒」は完全に治るに違いありません。 

もしNHKがこの放送をやりたがらなかったら、全国民が料金不払い運動でもやるべきでしょう。 

(「WiLL」2005年9月号初出)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本悪しかれ」史観の立場... | トップ | cannot save their face far ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。