文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

一方、激戦が始まると敵の司令官である唐生智は、兵隊を放ったらかして逃げました。残された兵は、敗残兵です。

2017-06-14 11:12:26 | 日記

以下は前章の続きである。

「南京学」の功績 

一方、激戦が始まると敵の司令官である唐生智は、兵隊を放ったらかして逃げました。

残された兵は、敗残兵です。

世の中で虎が怖い、狼が怖いと言ったところで、何より怖いのはシナの敗残兵だと昔から決まっているんです(笑)。

何だってやります。 

南京にとどまっていたアメリカ大使館の書記官が、シナの敗残兵は一般の市民を殺して服をはぎとって、安全地帯に逃げた例もあると書いています。

それらが、すべて日本兵の仕業にされているのです。 

敗残兵になると降参が簡単にできません。

ハーグ陸戦法規において、捕虜になる条件として重要な三つのものがあります。

団体が降参する時は責任者がいなければならない、武器は必ず見えるように持たなければならない、必ず軍服を着ていなくてはならない。

少なくともこの三つの条件を満たしていなくては捕虜になる資格はないのです。 

ところが敗残兵はそんなこと知ったことではありません。

だから日本軍は、敗残兵掃討、残敵掃討を行うわけです。 

安全地区には絶対に武器を持った兵隊を入れないということになっていましたが、そこでは鉄砲とか大砲が見つかっています。

ですから日本軍も大変で、いちいち探さなければならない。

そんな時に間違って殺されてしまった市民もいるでしょう。

しかし、それは決して大虐殺ではありません。 

捕虜も四千人くらいずつまとめておきました。

しかし日本軍で捕虜を監督しているのは百人くらいです。

捕虜が暴れ出して、怖くなって機関銃を撃ったという例もあるでしょう。

しかし、組織的に市民に対して虐殺を行ったというようなことはあろうはずがありません。 その証拠に、安全地区にいたマギー牧師のような人たちが郷里に手紙を書き送ったものがイェール大学などに残っています。

それを今、調べている人たちがいますが、その中間報告を聞くと、マギー牧師たちは、自分たちは安全地区を作って何十万人かのシナ人の民衆を救ったと書いてあるそうです。

当時、安全地区以外には兵隊以外の民衆はいません。

ですから、こうした手紙からも大虐殺などなかったことがわかります。 

この稿続く。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それくらい、日本兵は相手に... | トップ | それを蒋介石は、いちいち国... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。