文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

謀られた国連報告者の来日

2017-06-18 10:45:43 | 日記

以下は再掲載である。

朝日新聞の気鋭の記者として人生を送った永江潔氏と長谷川煕氏の共著、「こんな朝日新聞に誰がした」WAC BUNCO、2016/12/17日初版、980円は、日本国民全員と世界中の人たちが読むべき本である事を、今日の朝日新聞の記事は、正に証明していたのである。

以下の章は同時に、私がデビッド・ケイについて即座に批判して書いた論文が全く正しかった事も証明していた。

謀られた国連報告者の来日

永栄 

実は放送法を巡る高市総務相発言について、『週刊新潮』から意見を訊きたいと言ってきました。 

その折、「高市発言は毎日新聞も盛んに書いていますよ」と言ったところ、『週刊新潮』の記者に「今朝の時点で、取りあげた回数は朝日が四十四回、毎日は二十一回で、朝日のほうが二倍多い。

産経が十八回で、読売はゼロ」と反撃されてしまった。 

「朝日、が高市批判一色なのはそのとおりだと思うけれど、掲載回数のバラつきをリポートしたほうがニュースだし、粋だ」などと提案したのですが、私の発言はいっさい載っていなかった(笑)。 

―朝日は四月十三日の社説〈TBS批判 まっとうな言論活動か〉でも、小川榮太郎さんら「放送法遵守を求める視聴者の会」の意見を厳しく批判していましたね。 

〈番組を批判する方法は様々あり、放送倫理・番組向上機構(BPO)も機能している。にもかかわらず、放送局の収入源を揺さぶって報道姿勢を変えさせようというのでは、まっとうな言論活動とはいえない〉

長谷川 

何というか……全く読むに堪えませんね。

朝日は小川さんらを「安倍応援団」と見做なし、TBSなどテレビ局に対する批判を政権への援護射撃だと見ているのだと思う。

物事の見方が単純すぎませんかね。

永栄 

事実の裏付けがあれば単純なほうが私はいいです。

が、事実抜きの単純は扇動に陥りがちで、実務に就いている壮年層に新聞を読んでもらうのは難しい。

長谷川 

高市発言批判の動きと軌を一にしているとしか思えない動きもありました。

国連特別報告者というデービット・ケイ氏(米カリフォルニア大学アーバイン校教授)なる米国人の来日です。

四月十九日に彼は外国人特派員協会で記者会見をして、「日本の報道の独立性は重大な脅威に直面している」と述べました。

永栄 

まさに「軌を一にして」がぴったりの、謀りに謀った感じがプンプン臭うケイ氏の来日でした。 

―産経新聞の田北真樹子記者が、〈特別報告者の訪問は国連側から各国に打診があって調整が始まる。訪問先について日本弁護士連合会のホームページには「多くの訪問要請があると訪問が実現する可能性が高くなります」とある〉とリポートしていました。

日弁連や「怒っている」系の人たちが、「日本の報道が危ない!ぜひ来てください!」と呼びかけた可能性はありますね。

長谷川 

ケイ氏は、ジャーナリストやキャスターなど然るべき人たちに取材したんだそうですが、誰からどのような話を聞いて国連への報告書にしたのか、国連に報告書を提出する際はきちんと明記すべきです。

他の諸々の特別報告者も、そのいわば一線は守っています。 

-しかしケイ氏の記者会見の全文を読むと、「多くのジャーナリストが、私に情報を与えるに当たり、『匿名でお願いします』と言う。

異例のことであると考える」と述べています。 

これをケイ氏は「日本では政府の圧力などがあり、名を明かすとまずいこと。がある」と受け取っているようですが、実際にはそれら多くの「ジャーナリスト」は、単に「検証されたくない」という後ろ向きの姿勢なのではないでしょうか。 

この稿続く。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慰安婦報道に対する反省が、... | トップ | テロ等に対する防止法案を、... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。