文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

私は、「日本には三つ子の魂100までという格言がある。辻本清美の反省を素直には聞けない。」と書いて、

2017-06-10 20:37:53 | 日記

今日、私は、*There is also a saying that in Japan there is the child is father to the man. It is impossible to obey Tsujimoto's reflections and obedience obediently. *

今日、私は、「日本には三つ子の魂100までという格言がある。辻本清美の反省を素直には聞けない。」と書いて、ペンを置いたのだが。

一日も置かずして、私の推測が正しかった事も証明されている有様だった。

それにしても、数年前から、こういう人間を持ち上げて、反安倍政権の急先鋒に祭り上げて来た朝日新聞社は、どこまで売国奴的、国賊的新聞社なのだろうか。

国連や、特別報道官などと言う人間達は、辻本や朝日新聞社は、中国なら、良くて重罪、国家反逆罪で死罪になっている事を、一度、考えてから、日本に対してものを言った方が良いのである。

つまり、日本は、民主主義が行きすぎていると言っても過言ではない国なのだから。

以下は、今日の産経新聞フロントページの産経抄からである。

文中強調と*~*は私。

前文略。

辻元氏は、昭和62年出版の著書で皇室について「ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」

「天皇とあの一族の気持ち悪さ」などと記していた。

これに関して8日の憲法審では、約30年前の学生時代の発言だったと強調した上で、「考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べた。

人の思想や考え方はうつろいやすいものだし、知識や経験が深まるにつれ、昔の自分を恥ずかしく思うこともごく普通の話である。 

「憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない」。

辻元氏は憲法審でこうも語っていた。

ただ、一抹の疑問も残る。

何も30年もさかのぼらずとも、辻元氏は衆院議員となった後の平成10年出版の著書でもこう書いている。

「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」 

「天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗がある」 

同様に、12年出版の著書にも「憲法第一章の天皇に関する規定、第一条から八条までを削除したらいい」 

「正確には『天皇制廃止』ではない。憲法から天皇に関する規定をはずす」とある。

憲法に規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか。

*このコラムの筆者と私は、彼女の本心が別である事を見抜いていたのである*

孔子はこうも慨嘆している。

「自分の過失を認めてわれとわが心に責めることのできる人を、わたしは見たことがない」。

たとえどうであれ、小欄は個人の思想と良心の自由を尊重するものだが。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« This woman is truly outrage... | トップ | As 'n maatskappy probeer om... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。