文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

彼らは反中国・反韓国・反北朝鮮の雰囲気がする発言なら何でも手当たり次第に見つけてヘイトスピーチ、

2017-07-13 10:35:18 | 日記

以下は前章の続きである。

データベース上の発言を見て、開いた囗が塞がりませんでした。 

「特攻隊員たちを賛美することは戦争を肯定することだと、ドヤ顔で述べる人がいるのに呆れる。逃れられぬ死を前にして、家族と祖国そして見送る者たちを思いながら、笑顔で死んでいった男たちを賛美することが悪なのか。戦争否定のためには、彼らをバカとののしれと言うのか。そんなことできるか!」(2013年、ツイッター) 

「国会議員にとって、国籍の問題は大変重要だ。蓮舫氏が二重国籍だったとすれば、大問題である。二重国籍に至った事情や理由は関係ない。他の国の国籍を持つ人物が大臣をしていたということは、許されざることである」(2016年、同) 

-いずれも常識の範囲内。いったいどの箇所が、誰に対するどんな「差別」「憎しみ」である、といいたいのでしょうか。 

百田 

まったく意味不明でしょう。

この政治家レイシズムデータペースには安倍晋三首相をはじめ、国会議員の発言が数多く登録されています。

たとえば以下のように。  

「安倍晋三首相は一四日のNHKの番組で、朝日新聞が慰安婦を巡る吉田清治氏(故人)の証言を伝えた記事を取り消したことについて、『朝日新聞自体がもっと努力をしていく必要もある』と述べた。首相は番組で『日本兵が、人さらいのように人の家に入っていって子どもをさらって慰安婦にしたという、そういう記事だった。世界中でそれを事実だと思って、非難するいろんな碑が出来ているのも事実だ』と指摘。その上で『世界に向かってしっかりと取り消していくことが求められている』『一度できてしまった固定観念を変えていくのは、外交が絡む上では非常に難しい』などと述べた」(2014年9月14日、テレビ番組) 

『朝日新聞』が広めてしまった「吉田証言」の嘘と誤りを日本人が世界中に説明しなければいけない局面で、安倍首相の発言をレイシズムと同列にして扱うこの粗雑さ、無神経さ。

彼らは反中国・反韓国・反北朝鮮の雰囲気がする発言なら何でも手当たり次第に見つけてヘイトスピーチ、レイシズムのデータベースに放り込んでいるわけです。

とうてい事実と向き合う真っ当な言論活動とは思えません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Il est inutile pour la Coré... | トップ | まさか民主主義国の日本で、... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。