文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

なぜそう思ったか。 それは「日本に石油が来ないこと」を意味したからである。 

2017-06-16 11:04:49 | 日記

この特集号Will7月号増刊歴史通は日本国民全員が書店に向かい購読すべき書物である。

世界中の人たちにとっても同様なのだが、それについては、私が出来るだけ伝える事にする。

「東京裁判史観」との戦い

東條英機宣誓供述書は近現代史の超一級史料

渡部昇一

上智大学名誉教授

真綿で首を絞められた 

戦後、東條英機にたいする日本国民の評判は決して良いものではなかった。

つねに「悪人」のイメージが付きまとっていた。

極東国際軍事裁判(東京裁判)においては、最後まで東條の弁護人が選定できず、結局、清瀬一郎立会人自身が担当することになったほどである。

いまでも覚えているが、私の通っていた中学校に勤続四十年の名物教師がいた。

東條の自殺未遂の報に接して、その教師は「ピストル自殺をするならば、なぜ東條はこめかみに銃口を当てなかったのか。情けない人間だ」と憤慨していた。

私白身もそれを聞いたときにはその通りだと思ったものである。 

後日、清瀬弁護人によれば、こめかみを撃てば頭部に多大な損傷がでてしまう、それを写真に撮られでもしたら、後世に恥ずかしいと東條自身が考えたそうである。

だから心臓にマーキングして、そこを撃ったのだ、ということだった。 

この『東條英機宣誓供述書』は、東條が昭和十五(一九四〇)年七月第二次近衛内閣に陸相として入閣してから、昭和十九(一九四四)年七月内閣総辞職するまでの四年間の日本の政治の推移と戦争の動向について、日本国を代表する責任者である東條英機が、東京裁判の証言台に立つにあたり、腹蔵なく語ったものである。 

一読すれば、東條が覚悟を決めて

本当のことを述べようと、最善の努力を傾注していることが行間から見て取れる。そこには、虚飾や人を貶めんとする気持はいささかも見当たらない。

この供述書が占領下の日本で発禁文書であったことも重視すべきである。

パール判決書もそうであった。

これらの文書を占領軍が公開できなかったのは、そこには真実が述べられており、連合国側こそ大戦の原因になっていること、また東京裁判の訴因は虚構、あるいは夢想であることが白日の下にさらされることを、占領国側か怖れたからであるに違いない。 

今回この「供述書」を改めて読み通して、私が少年のときに感じたことと同じことを言っているなあと感慨を覚えた。

それは一言で言うなら、日本が真綿でじわじわと首を絞められていっているという閉塞感のようなものである。 

蘭印(オランダ領東インド、現在のインドネシア)のオランダ政庁との交渉が決裂したとき、子供心に目の前が真っ暗になった。

ああ、いよいよ戦争かと思ったものだ。 

なぜそう思ったか。

それは「日本に石油が来ないこと」を意味したからである。 

「供述書」を読んでいくと、石油資源をいかに確保するかが、当時の日本と東條のいちばんの問題であり関心事だったことが解る。 

ここに書かれていることは、当時の日本の立場を、当時の日本国の最高責任者であり、誰よりも情報を把握している人間が包み隠さず述べたものである。

しかも反対尋問付きであるから、ウソは言えない証言なのである。

そしてこの供述にウソがあると反証されるべきものは、何ひとつない。 

したがって、東條の供述や見解に賛成反対にかかわらず、今後あの時代の昭和史を書くならば、必ずこの供述書を参考にしなければならない。 

あの当時日本の立場について、日本の首相が考察し、それを議会が承認し枢密院も承認し、天皇陛下も承認せざるを得ない事情があったことを理解しなければ、日本が一方的に悪い国だったと見えてきてしまう。

それは歴史にたいして公平な態度ではない。

この稿続く。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« If anything he said is told... | トップ | It cannot find a feeling of... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。