文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

日本国と日本国民が、ジェイコブ・シフから受けた多大な恩、国として国民として、歴史として受けた、決定的で、

2017-06-30 19:03:19 | 日記

私は、このマービン・トケイヤ―氏の、本物の中の本物の論文を読んでいて、何度も落涙を禁じえなかった。

彼が教えてくれたジェイコブ・シフをウィキペディアから引用した前章で、黒字強調した部分を、私は滂沱の涙を流しながら読んでいたのである。

同時に、昭和天皇の偉さを思った。

日本国と日本国民が、ジェイコブ・シフから受けた多大な恩、国として国民として、歴史として受けた、決定的で、これ以上ないほどに重大な恩を、天皇は終生忘れなかったのである。

 この天皇の姿を朝日新聞などはどれほど貶めて来た事だろうか。

挙句には朝日新聞の松井やよりやNHKの池田恵理子などは「女性国際戦犯法廷」などと言う噴飯物のイベントを開催して、昭和天皇に有罪判決を下すほどの、悪辣と低能の限りを尽くした事は、彼らの悪と愚かしさの象徴なのである。

同時に、朝日新聞社とこれに同調して来た連中が、中国や韓国の人間達と同様の「底知れぬ悪」と「まことしやかな嘘」の人間達である事、最も卑しく悪質で悪辣な人間たちである事をも、完璧に再認識した。

中国との戦争を継続させ、米国との戦争に向かわせた張本人でありながら、

戦争の世紀に生まれても、日本人の魂を失わず、国のために戦い、多くの者が死をも厭わなかったのに、

のうのうと生き延びた彼らは、兵士たちを、つまり、私たちの父や親せき一同を、郷里の者たちの全てを悪者に仕立て上げ、

日本と日本国民を貶めるために、捏造記事を連発して、

国際社会に、日本と日本軍の名誉と信用を地に落として来たのである。

こんな人間達を、どうして許すことができようか。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« What was perhaps Schiff's m... | トップ | 日本国民全員が今すぐに最寄... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。