SUNROOM

アフターガーデニング愛好家ミセスサニーの、花飾りブログ

熊野三社

2016年07月06日 | 野歩き

6/12 (湯の峰温泉世界遺産のつぼ湯と公共浴場に入って翌朝)6:15出発。本宮に向かう道沿いでノイバラ観察。

ヤブイバラ

 

テリハノイバラ

四国と同じく、ヤブやテリハはたくさんありそうでした。

 

7:00 本宮世界遺産館からタクシーで伏拝王子まで。そこから熊野古道のほんの一部を歩きました。ササユリシーズン。

 

道はとてもよく整備されていました。

 

熊野川すぐそばの大斎原(おおゆはら)の大鳥居を望む。ここにあった旧熊野本宮は、明治22年の大洪水で大きな被害を受けて現在の場所に移されたそうです。四方を山に囲まれたこの場所まで、天皇や貴族そして庶民が行列を作ってお参りに訪れた時代がしのばれます。

 

9:00 熊野本宮大社

 

11:40 新宮(熊野速玉大社)

 

樹齢1000年の梛(ナギ)の大木。「古来から道中安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わし」だそうで、落ち葉を道中安全にもらって帰りました。

他に、天然記念物のオガタマノキの大木も立派でした。

 

13:00 那智大社

社殿よりも、「那智の樟」樹齢800年が目を引きました。根幹部の空洞をくぐり抜けてお参りできるようになっていました。

 

青岸渡寺

 

樹齢700年のタブノキ、モッコクの大木

 

青岸渡寺の三重塔と那智の滝

その後滝の下まで行ったところで雨になりました。

・・・・・

今回熊野三社を巡って、平成23年9月の紀伊半島大水害を思い出す場面がたくさんありました。豊かな森林資源、幾多の自然災害、自然への恐れと信仰。日本人が生きてきた原点の姿を感じる土地でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高野山

2016年07月05日 | 野歩き

6/11 和歌山県高野山覚え書きです。

5:50 大門

 

両側の二枚の門札は、「御大師様は毎日奥の院の御廟から姿を現して様々なところを巡って私たちをお救いくださっている」という意味だそうです。「南無大師遍照金剛」に集約された真言宗の総本山。

 

6:15 壇上伽藍

 

 

厳重に囲まれた「三鈷の松」が本当に三葉松か、落ち葉を見ても見つからなかったので写真でチェック

 

 

本場の立派なコウヤマキがたくさんありました。

 

朝のお勤めの声が伽藍を巡っていました。

 

御影堂

 

9:00 奥の院への道

 

 

お墓にカメラを向けるのもどうかと思いながら、うっそうとした杉の木立を歩きました。

直径2メートル以上の杉や檜が残された一帯でした。

・・・

奥の院参道入り口あたりでミヤコイバラ開花

 

13:00 金剛峯寺

 

金剛峯寺のホームページはこちら。永坂嘉光氏の写真は圧巻なのですが、ネットではなかなか見えないみたいです。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

備中松山城への遊歩道

2016年07月02日 | 野歩き

5/29 備中松山城への遊歩道を歩きました。この「天守の残る唯一の山城」へは普通は南側の麓から登りますが、今回はヤマイバラを見るために北の吊り橋を渡る遊歩道から登りました。登るといっても、スタート地点は松山城が雲海に浮かぶ写真撮影スポット近辺でもあり、車で延々登ってからの道なので標高差は大きくありません。

5月末、雨上がりの朝6時前

霧であたりが真っ白のため、お城も見えないような・・・冬にはあれほど大行列だったこの場所に、今は誰もいません。日も差さないのでこんなお城の景色でした。

このあたりには野生の猿がいるので、その群れに遭遇すると道を進むことができないので要注意です。

・・・・

目指すは臥牛山のヤマイバラ、と吊り橋まで来たところ、期待に反して!一輪しか花がない。

下を覗いて発見したのは

切り取られた幹でした・・・去年の秋には赤い実がたくさん付いていた株があったのに、それも見えません。ジャケツイバラは茂っているのにヤマイバラはどれも切られてしまったのでしょうか・・・

その後、自然が豊かに残されているお城山を歩きました。臥牛山の一番標高の高いのは北側で、そこに初期の山城(大松山城)が築かれていたそうです。その遺構が散見できました。詳しくはこちらの説明の方が確かでしょう。

 

 水場

 

 

 

 番所跡

気持ちのいい森の道を通ってたどり着くのは、現在残っている小松山城の裏口のような場所でした。天守閣を眺めるのもそこそこに下って、迫力ある大手櫓門跡に。天守が再興される前の写真や詳細なレポートはこちらで見ることができます。

 

ここから、ふいご峠方面に更に降りて今年のヤマイバラ見物・・・と思ったら、何といいうことでしょうか、ここでは全くヤマイバラの花を見ることができませんでした。いくら眺めても、カメラでも、双眼鏡でも、道の上にも、ありません。

ということで、大きな目的は果たせないまま、元来た道を帰りました。こんなに気持ちのいい遊歩道なのに、ほとんど人が歩いていないのが残念でした。雲海を撮影のあとには、お城まで歩いて歴史を感じてはいかがかと思いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

化気神社自然観察会

2016年06月29日 | 野歩き

5/22 吉備中央町化気神社周辺で倉敷市立自然史博物館の自然観察会がありました。

 

県の化気郷土自然保護地域で、特に南側にはモミやウラジロガシの自然林が残っていました。

 

ヤマイバラがちょうど開花期でした。

 

シライトソウ

 

アオハダ

 

クマイチゴ

 

ビロードイチゴ

 

田園を見下ろすハナウド

 

 

おばちゃまはサーカス・スパイ (集英社文庫―ミセス・ポリファックス・シリーズ)
 
集英社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽山渓

2016年06月22日 | 野歩き

5月16日 羽山渓あたりを歩くシダ観察に同行しました。

 

遠くでも目立つジャケツイバラの黄色い花

 

 

フタリシズカなどの静かな花たち

 

ハナイカダなどの緑の葉

 

そしてシダは・・・

ステキなヒメウラジロシダ

 

ヒメカナワラビ、など

 

おばちゃまはシルクロード (集英社文庫―ミセス・ポリファックス・シリーズ)
 
集英社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山里の春・パノラマ写真

2016年04月17日 | 野歩き

前頁のエドヒガンの周囲の風景をつないでパノラマにしました。

サンサンガーデンルーム>野歩き>吉備中央町豊岡一本桜

 

FUJICOLOR フォトフレーム パノラマタイプ ナチュラル フルパノラマ 木製 ベージュ 26041
 
フジカラー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山里の春(総社市)

2016年04月15日 | 野歩き

4月5日の高梁川沿いのヤマザクラです。今年はずいぶん開花が早かったようでした。

 

大野の桜

 

 

 

桜 苗木 山桜 1年生 実生苗 庭木
 
花ひろばオンライン
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

佐倉草ぶえの丘バラ園

2016年04月07日 | 野歩き

3月27日、千葉県佐倉市にある「草ぶえの丘」に行きました。(ちょうどマラソン大会当日)

ここは自然体験施設が充実した広い公園ですが、その中に世界の原種バラを含めた各種バラ1050種以上が栽培されているバラ園があります。変化に富んだ豊富な種類、行き届いた手入れが世界に認められているそうです。5月には、日本の優良バラ園を回る豪華ツアーが計画されているとのこと、ロザリアンの皆さん見逃せませんね・・・

そんなバラ園に行く機会ができたのは、なんと残念な新芽時(時期的に、バラ園を歩いている人は皆無でした)。もっと見る目を高めて花や実の時期にも来たいものです。

モクレンや桜の木立

気になる株がたくさんありすぎて、どれがどういう名前だったか後から写真を見ても混乱してしまいます。

モッコウバラ(この赤みかかった太い幹は、自生のヤマイバラにとても似ています。もうつぼみが見えていました。)

 

オオタカネバラ、日本の原種の中で枝のこの色が際立っていました。

 

リージャン・ロード・クライマー。大型の種類はこんな太い支柱。

 

 

 

白い水仙と青いハナニラを植えよう!と思ってしまいました。

 

ノイバラ。バラは一輪も咲いていないのにミツバチ活動中。

日本の野生バラが集合しているので、どのように栽培されているのかに興味がありました。いくら広いバラ園でも、伸び放題に成長させるわけにはいかないので、自然な姿ではないことがよくわかりました。それでもノイバラやテリハは特徴がよくわかるように広い場所をもらっていました。ヤマイバラは大きくするのが目的じゃないという上品な育て方。ミヤコイバラはかなりコンパクトに仕立てられていました・・・モリイバラは、フジイバラは、ヤブは、と知っている名前はチェックしました。これでどのくらい咲くのか、見たい見たい。

 

(観葉)山野草 テリハノイバラ(照葉野茨) 3号(1ポット) サンゴ砂のおまけ付き 本州・四国限定[生体]
 
charm(チャーム)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

栃木県中央公園3/25

2016年04月05日 | 野歩き

3月25日、栃木県宇都宮市の栃木県中央公園を歩きました。手入れの行き届いた明るい公園で、和洋折衷の様式に分かれ大きな池も配置されています。早春の花が咲き始めていました。

 ハクモクレン

 

  サンシュユ

 

  サクラ、やっと一輪

 

 

  ヒナソウ

 

  アカバスモモ

 

  キブシ

 

緑の相談所では、講習会や催し物が活発なようでした。木の実の作品たち。

 

公園に隣接する栃木県立博物館。自然と文化両方を見ることができます。

 

ハクモクレン 単木 樹高H:2500mm
早春の花木
SORA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草間台の秋

2015年11月29日 | 野歩き
新見市草間の撮影会でした。葡萄や梨、蕎麦、南天などが栽培されています。
 
 
 
石灰岩の石垣・・・
 
 
 
 
 
 
羅生門にも行きました。雨上がりで、いつも以上にしっとり、洞窟らしくなっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不思議な形のキノコ。(クロサイワイタケ科マメザヤタケかコブリノマメザヤタケとのこと
 
 
草間台は石灰岩地で、シロヤマブキの自生地。あんなにたくさん実がついて、かなり丈夫な木なのに絶滅危惧となったのは、園芸用の採取が原因のようです!種かひこばえで増やしましょうね。

 

 
【6か月枯れ保証】【春に花が咲く木】シロヤマブキ 0.5m
 
トオヤマグリーン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加