Sunpillar備忘録

最近多忙で、HTMLを書いている暇がない。そのうち纏めるかもしれないものを適当にメモしているブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

IPv6での接続を確認する

2009-02-14 21:00:58 | TIPS
IPv6でpingをするときは、ping6を使います。

C:>ping6 ipv6.2ch.net

Pinging ipv6.2ch.net [2407:3000:6:175::12]
from 2001:0:cf2e:3096:8000:3d3b:232f:1b21 with 32 bytes of data:

Reply from 2407:3000:6:175::12: bytes=32 time=1581ms
Reply from 2407:3000:6:175::12: bytes=32 time=626ms
Reply from 2407:3000:6:175::12: bytes=32 time=621ms
Reply from 2407:3000:6:175::12: bytes=32 time=615ms

Ping statistics for 2407:3000:6:175::12:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 615ms, Maximum = 1581ms, Average = 860ms

tracertはtracert6です。

C:>tracert ipv6.google.com

Tracing route to ipv6.l.google.com [2001:4860:c003::68]
over a maximum of 30 hops:

1 * * * Request timed out.
2 * 328 ms 326 ms 2a00:801:0:12::1
3 318 ms 326 ms 318 ms 2a00:800:0:1::81:1
4 330 ms 328 ms 314 ms 2a00:800:0:1::e:2
5 343 ms 336 ms 348 ms 2a00:800:0:1::5:1
6 334 ms 328 ms 348 ms pr61.ams04.net.google.com [2001:7f8:1::a501:5169:1]
7 * * * Request timed out.
8 607 ms 602 ms 623 ms 2001:4860:c003::68

Trace complete.


接続確認
GoogleのIPv6版 http://ipv6.google.com/は今のところIPv4アドレスが設定されてないようです。なので、接続できればIPv6で接続できているはずです。

また、The KAME project[http://www.kame.net/]の踊るカメも有名です。接続して、カメが動いていればIPv6で接続しています。IPv4とIPv6が並存している環境だと、場合によってはIPv4が優先されてしまいます。そういうときは直接IPv6アドレスを指定すると、明示的にIPv6でアクセスできます。KAME projectならhttp://[2001:200:0:8002:203:47ff:fea5:3085]/でアクセスできるはずです。そのほか、OCNのhttp://www.ocnipv6.jp/ (http://[2001:218:2001:3005::7f]/)、2ちゃんねるIPv6板 http://ipv6.2ch.net/ipv6/があります。

ジャンル:
最先端技術
キーワード
2ちゃんねる
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« IPv4環境でIPv6を使う (Windows ... | トップ | Fedoraの壁紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。