太陽光発電道楽人のブログ

太陽光発電に30年余り携わり、今は個人で太陽光発電所を運営しています。
ブログでは太陽光発電の技術面を中心に述べます。

屋根発電、10月の売り上げはたった7980円

2016-10-13 16:07:20 | 月間・年間発電実績

10月の検針票(正確には9/13から10/12)が届きました。これまでの天気だと、今月の売上は悪いだろうなと思っていましたが、本当に悪かったですね。検針票によりますと売電は210kWhで売り上げ7980円でした。

検針の期間は30日間なので1日平均の発電量は7kWhです。パネル容量は4.3kWですから、1kWあたりの一日平均発電量はたった1.63kWhです。設備利用率に換算(24時間で割る)すると6.78%にしかなりません。

 

一方で買電は4207円でした。一応、売電が買電を上回ってはいるのですが、安心はしていません。むしろ、私の目論みは10年後に高値買取りが終わっても電気代を差し引きほぼゼロにすることにあるので、少し心配にさえなります。

 

10年後の買取価格がどうなるかまだ判りませんが、今(38円)の半分以下になるだろうと思いますので、今月のような状況では赤字になります。まぁ1年間で差し引きゼロ以下になれば良いのですが、どうでしょうねぇ。一年間のデータが揃う年末にもう少し分析してみたいと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月6日から10日の屋根... | トップ | 新聞紙より薄い太陽電池 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL