太陽光発電道楽人のブログ

太陽光発電に30年余り携わり、今は個人で太陽光発電所を運営しています。
ブログでは太陽光発電の技術面を中心に述べます。

伊藤忠もバッテリー

2017-05-18 20:13:27 | バッテリー

 

伊藤忠からもバッテリーSmart Star Lが出ました。製造元はエヌエフ回路ブロック、9.8kWhで希望小売価格285万円だそうです(容量9.8kWhの小型リチウムイオン蓄電システム、伊藤忠)。

 

テスラのパワーウォール10kWhが3500$であることを考えると、とんでもなく高く思えますが、噂によると、日本のバッテリーシステムの希望小売価格と言うのはほとんど意味を持たないそうで、半値8掛けぐらいザラにあるそうです。知らないとぼったぐり? こういう商習慣はとても嫌いなのですが、たとえ半値8掛けとしても高いですね。

 

これまでこのブログで取り上げたバッテリーシステムは、テスラ以外に、東芝(5kWh、265万円)シャープ(6.5kWh、228万円)Looop(4kWh、90万円)などがありました。日本のバッテリーの値段ってどうなってるの?いずれにせよテスラぐらいの価格にならないと、経済性が採れません。

 

2019年からFITの終わった太陽光発電は自家消費型に変わってくるのではないかと言われています。そういう太陽光発電は、電気はタダで作れるので、安く売るより自家消費したくなりますが、それでもバッテリーはテスラぐらいの価格でないとメリットがでません。2019年には日本のバッテリーもそれぐらいの価格になるのでしょうか。

 

我家の屋根発電は2023年でFIT終了ですが、せめてその頃にはバッテリーの価格がもっと整理されていることを願っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月11日から15日の発電... | トップ | やっぱり過積載は認められている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バッテリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL