missoの「さらさら日記」

お引越ししました。
http://5555-sammi-cheng.blog.so-net.ne.jp/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天パ問題

2009-07-16 00:42:46 | おとな
梅雨入り前には、必ず美容院に行く。

天然パーマのひとには、きっとわかっていただけると思う。
梅雨のさなか、ナチュラルな状態でいたら、

頭がどんだけでっかく膨らむか。


2009年の梅雨があけたそうだ。


梅雨入り前にストレートパーマをかけた髪は、
根元が少し伸びた。
しかし、
湿度が落ち着くので、
このままでも大丈夫。


っつ~のは、
2008年までのはなし。


今年のおで、

やたら、頭皮に汗かく。


もはや、梅雨うんぬんの問題ではなく、
髪の毛は、ぐるぐるぐるだ。

つか、頭皮のみならず、
おでの身体はいつでもどこからでも、もやもやと湿気を発する。
髪の毛は、ぐるぐるぐるぐるだ。

炎天下で動いたならば、
汗はぼっとんぼっとん流れ落ちる。
髪の毛は、ぐるぐるぐるぐるぐるだ。

首を汗のしずくがつつつと流れ落ち、
ハンカチでぬぐうも、どうにもならない。
汗は頭のてっぺんから、こんこんとわきだしている。
髪の毛は、ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるだ。

なんですかね、これ。
ねんれいてきな?
それとも、ちきゅうおんだんかてきな?

(おしまい)

この記事をはてなブックマークに追加

スピリチュアルみっその前世占い

2009-07-09 21:43:46 | 日記
友人の息子は、和装が好きなのだそうだ。

七五三では、自分の袴姿にうっとり。
足袋が気に入って、
その後もたびたび、足袋をはきたがったらしい。

おもちゃの刀も大好きで、
刀一本では物足りず、
お母さん、オデの脇に刀を二本さしてくれとせがみ、
はいはい、と仕方なくさしてやれば、
このうえなく満足げにうっとりしている息子を見て、

「うちの子、かわってんな~、と思った」

とは、友人の談。

おでは、この話を聞いて、

なにかある、

と思った。

武家諸法度で、武士は大小二本の刀を差すように決められている。
幼い子どもなのに、
なぜ、武家諸法度を守っているのか。

つか、

どうして、武家諸法度を知っているのか!

たぶん、いや、

間違いなく!

こちらのお子さんの前世は、

武士。




別の友人の息子のはなし。


齢たったの2年にして、

うそをつく

という。

「んぎゃ~~~~!!!!!」
というものすごい悲鳴が子ども部屋から聞こえ、
あわてて駆けつけると、
10歳の兄が腕をおさえてうずくまっている。

「どうしたのっ!!」、
驚いた母親の叫びを聞き、
2歳の幼児は、
「にいちゃんが、ぼく、いたいいたいして、
 えーん、えーん」
と、あわれっぽく母親にしがみついてきた。

しかし、所詮はやっと喋れるようになった、2歳児。
人間よりも畜生に近い生き物である。
友人はすぐにウソを見抜いた。

兄に聞けば、こっちが手をだすはずがない、
弟がかんしゃくをおこして、がぶっと噛み付いてきたとのこと。

「わが子ながら、おっかないと思ったよ」

とは、友人の談。

おでは、この話を聞いて、

ぴんときた。

たぶん、いや、

間違いなく!

こちらのお子さんの前世は、

乱世の奸雄、曹操。




前世が気になるかたはスピリチュアルみっその元へ、
どうぞいらっしゃいませ。
鑑定料は要相談。


(おしまい)


この記事をはてなブックマークに追加

現代に即さないはなし

2009-07-06 01:09:18 | 日記
夜、爪を切ると親の死に目に会えない、

という言い伝えがございますが、
これは、

現代に即さないんじゃねえか、

と思うのです。

なぜ夜に爪切っちゃいけないかというと、
たぶん、

暗いから

でしょう。

うっかり指を切ったりしたら、
破傷風になって、
命を落とすかもしれない、
だから、親の死に目に会えないと、

でもそれは、

衛生状態悪いから

でしょう。


だいじょうぶです。
21世紀のジャパンでは、
真夜中に、爪を切っても親の死に目に会えます。

ということを、
ただいま、爪を切りながら考えました。


おやすみなさいませ。


(おしまい)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ばあさんの三味線

2009-07-04 02:08:42 | お稽古
いま、
おでの部屋に足の踏み場は、ない。




 こんなのと、



 こんな「ばひ~ん」と、





 こんなのと、


 こんな「ばびょ~~ん」が、


水ぶき後、床にころがっていて、
除湿機くんがフル稼働でこれらを乾燥しており、


これが乾いたら、
三味線(破れてるけど)を組み立てて、


 この三味線台に、



2棹の三味線(破れてる)が立つ、
はずなんだけど、


 三味線台も現在、水ぶき乾燥中。



本日、
亡き祖母が使っていた、三味線と三味線周りのお道具が届きまして、

つか、昼休み、
携帯におばからの着信で、

「昨日送っただからね~、今日つくだわ~。」

とか言うので、
ぎゃ~っと、定時ダッシュで帰宅したところ、
家に着くと同時に、
宅急便の方がいらしたわけで。

そのタイミングのばっちりさ加減に、
おでは、
なんだか、運命かんじて、

ガムテープ巻きすぎの、
毎度おなじみ、おば梱包に難儀しつつも、
ダンボールの中から現れた、
三味線を見た時には、
感無量。

祖母の三味線に触れるのは、
何年ぶりのことになるのか。

老後、突然三味線を始めた祖母。
音楽経験ゼロの祖母のお稽古はまあ、
亀WALK。

ときどき、
「ミッソちゃんなら上手く弾けるさ、
 若いんだから」
と、おでに三味線を弾かせてくれて、


兆あっさり、祖母より上手く弾けてしまった、
おでへ向けた、祖母の引きつり笑顔。
忘れたくても忘れられません(あやまりたい)。


祖母の死後は、誰も使っていなかった、
言い方は悪いけど、
ほったらかしだった、祖母の三味線。





紫系でそろえた、お道具。


 
指すりは胴かけに合わせたこげ茶で
(切れてしまっているけど)、


着物世代の祖母の乙女ごころが見えて、
「おばあちゃん…」
なんて思ったりもしなくもないのですが、

肝心の三味線を包んでいる袋、


 これ。


七五三の振袖の柄だわね、
おでと、いとこの。
ばあさん、そっとリフォームして、
自分のものにしてたんだね。

ふふふふっ。

ばあちゃん、乙女すぎ。

(おしまい)

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

まぎらわしいはなし

2009-06-25 18:46:24 | お稽古
もしも、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
教えてください。

ケータイで撮影したムービーの音声だけを、
ファイルに保存することって、

できますか?



実は、
今日三味線のお稽古に行って、
愛用のICレコーダーをかばんから出したら、





 ライターで。





ICレコーダーとライターは、
サイズてきにも色てきにもよく似てるので、
うっかり間違えてしまったようでして、





 こんなに似てるから仕方がありません。





でも、上のお写真をご覧になっていただければ分かるように、
ICレコーダーにはストラップがついています。
ライターにはついてないじゃん、
気付こうよ、おで、ってはなしですが、
そもそも、
ストラップはライターと見分けるためにつけたのではありません。




 レコーダーをなくさないためです。




かわいいから、という理由でもないです。




 かわいいですけど。




「三つ目がとおる」のキューピー人形。
おで、とっても、気に入ってるんです♪



と、そんな話はどうでもよくて、



ICレコーダーがなくては、お稽古の録音ができないので、
どうしようかと考えて、
結局、ケータイでムービーを録画しました。
で、一応音声は撮れて事なきを得たと、
そういう訳ですが、


ムービーは再生するのが面倒くさい。


というわけで、最初の質問。
教えていただけると、非常に助かります。


(おしまい)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

休日のすごしかた

2009-06-23 11:31:29 | 演劇
10:00 8月新橋演舞場公演のチケットをネットで予約
      いい席がとれたので、浮かれる。

11:30 「そうだ!」と突然思い立ち、いそいそと家を出発。

12:30 歌舞伎座につく。

女殺油地獄」幕見席の発売を待つ行列に並ぶ。
平日だというのに大盛況で幕見席は満席。
現在鑑賞中のお客さんが優先的に次の幕見チケットを買えるので、
買い足すお客さんの数が多ければ、入場できないかもしれない、
と歌舞伎座職員の方にいわれつつも、
せっかく来たので待つ。

待ちながら、松井今朝子の「吉原手引草」を読む。
めちゃ面白い。
もしチケットが入手できなかったら、
喫茶店に行って読書してるってのもいいなあ、と思うも、
「入手できなかった」場合を考えるのは不吉なので取り消す。

13:40 無事、幕見席チケットを入手

「女殺油地獄」を立ち見で鑑賞。
ぬるぬるの殺人シーンを夢中で見ていたら、
鳥肌がたち、ちょっと寒くなる。

16:00 満足したので、寄り道しないで家に帰る。

17:00 帰宅して、はっと気がつく。




お昼ごはん、食べてなかった。




(おしまい)


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オスカー

2009-06-12 22:34:15 | 家族
今週、接待つづきの夫。
きっと、今日もすごくおいしいものを食べてきた。
くやしい。

やさぐれているおでに、

「おみやげがあるよ~。」

と、夫がにこやかに差し出したのは、


  「玉ひで」のハンカチ


食べ物を期待したので、
がっかりだ。

つか、「玉ひで」行ったんだな、夫。
軍鶏鍋はんまかったか?

…にくたらしい。

「ミソは夕飯、ナニ食べた~?」

不機嫌なおでのご機嫌をとろうと、夫がかわいこぶって尋ねる。

「それ、食べた。」


  これ。


これは、ビーフジャーキー。
古くからのおつきあいの皆様はご存知、
あの、ビーフジャーキーである。

夫はまたもや大量にもらってきたのだ。


  食いきれねえよ。


一本だして、かじっていたのだけど、
3クチくらいかじったところで、
もう、あきた。





「おでも接待されたい~。
 軍鶏鍋、食べたい~。
 ジャーキー、もういらない~。」

実は、昨日の残りのキムチチゲをおかずにしてご飯も食べたけど、
結構おいしかったんだけど、
夫が同情して、
明日んまいものを食べに連れてってくれるかもしれないので、
それは、言わない。

今日のおでの夕飯は、ジャーキーだったことにして、
いじけ演技をつづけていたら、
なんだか、ほんとうに自分がかわいそうになって、
ちょっと泣きそうになった。



ひょっとすると、おでは人生を誤ったかもしれない。



女優になればよかった。


(おしまい)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

エルモのはなし

2009-06-01 09:05:01 | 家族
友達にプレゼントをもらった。



  エルモ。


  
  ブラマヨの吉田に似ている気がする。



「なんでエルモ?」と聞いたら、
「ミッソ、なんか黄色いやつかわいがってんじゃん、
 こういうの好きかと思って。」と、言う。

なんか黄色いやつ、とは我が家のとらちゃんのこと。
愛するとらちゃんに「やつ」とはなんだ、「やつ」とはよ!
と、おでは激怒…しなかった。
エルモも好きだし、実際。
おでの趣味わかっててくでてありがと、とありがたく頂戴した。

このエルモ、



  手足がマグネット。



友達によると、マグカップにつけたりするらしいけど、



  ちょっと、無理みたい。



マグカップのアクセサリーには、キミ、でかすぎだ。



  調弦してくれるのか?、エルモ。



でも、邪魔だ。
これじゃ三味線、弾けない。



  もっと、邪魔。



せっかく、我が家にきたんだから、
先輩方と仲良くしなさい。



  サボ子先輩。



おお、ちょとかっこいいぞ、エルモ!



  兜かぶってるみてじゃん。



せっかくマグネット付きの手足なのに、
トゲだらけのサボ子さんには、
巻きつけなくて残念だな、エルモ。



  おや?仲良しっぽいね?


やっぱり、とらちゃんは懐が深い。
いい子だなあ、じ~ん。
エルモもなんだか、うれしげ。



めでたしめでたし。



(おしまい)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

三味線と脳のおとろえと爆睡のはなし

2009-05-22 11:11:18 | お稽古
記憶力がヤバイヤバイヤバイヤバイと、
ブログで訴えつづけています。
実生活ではもっと激しく訴えています。
もう、いいかげんしつこいことは、
わかっています。

でも、やめません。

「これ、5部コピーしといてください。」
と頼まれ、「はい。」と答えたすぐ後に、
「あのー、何部コピーするんでしたっけね、あたし」
と聞いている。

そういう、
だいじょぶか、お前てきな、
出来事が毎日毎日毎日おきているのです。

本当に心配です。
誰かに話さなきゃ、こわい。

でも、こわがってばかりではどうしようもない、
というわけで、
最近、脳を鍛え始めました。

三味線で。

お稽古をはじめてから早くも一年がたちます。
しかし、なんとなくちがう。
おでが考えてた三味線弾きのイメージと、ちがう。
これまで、何曲か弾いてきましたが、
一曲もものになった気がしないのです。

今までは楽譜を見ながら、お稽古していました。
で、すらすら弾けるようになったら、仕上がり、
はい、次の曲にいきましょう、
という具合で、順調にすすんでました。

けれど、楽譜がないと弾けないのです。
三味線弾きのひとはふつう楽譜を見ないで弾いています。
手元も見ず、なんかどっか遠くの方を見ている。

あれがいい。
おでもああいうふうに弾きたい。
なんかよくわからない遠方を見ながら、弾きたい。

そういったわけで、
暗譜するべくお稽古を始めました。

楽譜を見てた頃は、
一度のお稽古でずいぶん先まで弾けるようになったものですが、
今はちょっぴりしか進みません。
同じところを繰り返します。
ちょっと泣きそうになるまで繰り返します。
そうして完璧に覚えてから先に進みます。

とりあえず覚えた部分も、
また忘れたらいけないので、
つか、あっという間に忘れてしまうので、
毎日復習をします。

歩いてるときも、電車に乗ってるときも、
風呂に入ってるときも、うんこしてるときも、
頭の中で曲をおさらいしているのです。

白状すると、いつも頭の中では曲が流れていて、
いつもうわのそらです。
おまけに普段つかってなかった脳を酷使するせいか、
毎日ものすごく眠いです。
昨日は12時間寝ました。

でも、三味線はすごいうまくなりました。

めでたしめでたし。

(おしまい)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

超過勤務

2009-05-13 21:40:12 | ゲーム
こいび~とよ、
これがわたしの~、
一週間のしごとです~、





テュリャテュリャテュリャ♪
テュリャテュリャテュリャリャ~♪
テュリャテュリャテュリャテュリャ~リャ~♪








(おしまい)

この記事をはてなブックマークに追加