空は晴れ(^ー^*)

ハレワタレ!アオイソラ。

大学に子供を出すって事は、、

2017-09-20 12:42:02 | 日記
息子が大学受験の年齢になって
思い出す身の上話を1つ。


私の父母は 若い年齢で結婚して
21歳で私を産んでるのね。
(•'-'•)

お姉さん?お兄さん?ってお友達に聞かれる事が多くて、若い父母は
今でも私の自慢です。

しかしながら
若い夫婦には やっぱり生活の苦労が
沢山あったそうです。
新婚時代のテーブルはみかん箱だったとか、3食おかずは缶詰だった、とか、、、(¯―¯٥)
もちろんアパートのお風呂無し、
銭湯に通う昭和な時代だったそうです。

私が高校1年生まで
いわゆる長屋に住んでいたんですよね、
まだ それでも その時点で父母は37歳です、、、若いなぁ。
(¯∇¯٥)

40前に、土地と家を持つ、って事にして 37歳で土地と家を買いました。
私が高校2年生の時です。


6歳離れた弟がいるんですけどね、
新しい家、庭と畑があって、ガレージもある、特に個々にお部屋が出来た事が
とても嬉しかったのを思い出します。
(∗ˊᵕ`∗)

土地と家を買うって 大金を払っていかねばならないし、
弟がいれば子供に掛かるお金も✖2
な訳で、、、

母も弟が小学生だったから
まだ パートタイマー位しか働けません。歯科衛生士をしていました。

まだまだ高校生なんてのは子供で、何も後先の事をわかっておらず、、

大学に行きたい❗❗
家は出る❗と
ごねた記憶が蘇ります。笑


生意気にも 夏休み サービスエリアでバイトをして、
受験料と 交通費とホテル代を作っただけで、
もう 大学生活1人でやってけるぞ!的な勢いでね、笑


結局、ホテルも勝手に予約して、
親が付き添って受験に来る男子を
だらしないなぁ、とか思ったりして、笑
受験をし、
けど、受かった所で
入学金はさらにローンを組んでくれても、
家からの仕送りなんか出来ないわけです。
親はわかっているから
やっぱり子供の苦労が目に見えていて
うん。良いよとはいわないですよね、
苦労はさせろとか言うけど、
苦労の種類にもよるんじゃないかと、、、


仕送り無しで、、、
今考えたら ぞっとするわ❗笑
絶対無理ってわかるもの。
大人になったなぁ、、、笑

そんなわけで
私は高卒で、医療従事者になりました。


お金の苦労が働くとわかるんだよね、
けど、新しいお部屋に住まわせてもらえていて、ご飯もついてるし、
親と一緒っていうのは
居心地がよくて、結果的には親元にいて良かったって思ったよ。
(∗ˊᵕ`∗)

だから、お母さんに 軽自動車もプレゼント出来たし、成人式の着物も、教習所も自動車も宝石も、当たり前に自分で支払ってきた。
お父さんにはちょっと秘密な、笑
生活中のプレゼントを、してきてるから大丈夫。笑


弟は おじさんになった今、
娘も二人いるけど、自分で大学に行って、大学院もあと1年。
なかなか出来る事じゃないと思う。
さすが、私の弟だな❗笑
他はルーズなんだょ?笑

父母は若かったけど、
人間的、社会的、教育的(習い事は沢山やらせてくれた、二人とも。)
そういう事は とてもしっかりしている親だった、、
(•'-'•)

大学受験を考えて 自分が親になった時、
入学金がどれくらい多額の金額が用で 、数年間の授業料、
交通費、外へ出れば生活費、、、

あの時
母を相当困らせたんだなぁ、、
と しみじみ思ってしまいました。
(¯―¯٥)


母がよく、家は若いうちに建てなさい、って言ってた。
最近になってようやく家、土地のローンが終わったそうだ。

私は 母の教えに良い子に従っていたので、笑
あと5年で住宅ローンが終了。
(∗ˊᵕ`∗)

親の言う事は1番正しい。
自分より長く生きている年長者の言う事は 本当に正しいもんですねぇ、、
と思います。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お散歩。 | トップ | 餃子。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL