東京サンフィッシュ

落語ときものとマンガとマンボウを愛するコピーライター(こやま淳子)のブログ。

五郎さんと「顔出し看板」対談しました。

2016年10月14日 13時34分14秒 | マンボウ日記
近々発売する『通販生活』冬号で、
久しぶりに山田五郎さんと対談させていただきました。





テーマは「顔出し看板」。


…なぜ私たちがこのテーマを…
と謎でしたが、『ヘンタイ美術館』のおかげで
アートな観点で語れると思われたのかな…。




日本中、顔出し看板を撮影してまわっている
浅見通彦さんという方を囲んで、
数十枚の顔出し看板の写真をみながらコメントしていく。
という、本当に謎の企画でしたが、
話しているうちに、意外とおもしろく奥深いテーマだと思えてきました。


顔出し看板はSNSと親和性が高かったりして、
意外と今っぽいアイテムであること。
その場所を切り取って流布させていくという、
広告的な役割を果たすこと。


さらに考えてみれば、悪いことしている人は、
顔出し看板写真なんて撮りません。
(たとえば不倫旅行とかだったりしたら…証拠になっちゃいますからね。)


などなど、さまざまな考察を、五郎さんと繰り広げています。


『通販生活』をご購読の方、ぜひ読んでみてくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏だから。 | トップ | 社長になりました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL