東京サンフィッシュ

落語ときものとマンガとマンボウを愛するコピーライター(こやま淳子)のブログ。

夏だから。

2016年07月18日 10時33分20秒 | きもの日記
今年も浴衣を買ってしまいました。



真っ赤な朝顔の染められた綿麻の浴衣。

松屋のおばさんによると、ちょっと凝った染め方なんだそうです。

本当は、梅雨の時期だったのでセオα(洗えるきもの)を買いにいったんですが、

並べられた浴衣を見ていたら、ついふらふらと試着してしまいました。

あああ。いったい私は何枚浴衣を買えば気がすむんだろう。

毎年全部着られないくらい、すでにうちにあるというのに。

ま、いいか。夏だから。

そして、浴衣コーナーの隣の撫松庵へ。ここには、かわいいセオα(要するにポリエステルですね)の

浴衣や夏きものがたくさんあります。

普段お稽古に着ていける小紋が欲しかったのですが、

何枚か試着していくと、ものすごくすてきな柄行きのきものが。これはどう見ても訪問着です。



「背が高いから、大柄がよくお似合いですね」

とかなんとか言われるし、どうしてもこれが欲しくなってしまいました。

「うーん、でもやっぱり、これに名古屋帯はおかしいですよねえ。お稽古に袋帯でいくのもなあ」

と悩んでいたら、

「大丈夫ですよ。訪問着に名古屋帯でも。夏だから」

と、呉服屋のおばさんが言います。

「夏だから? 夏はいいんですか?」

そこではたと思い出しましたが、先日着付け教室での会話。

8月に歌舞伎にいくことになって、ふだんは歌舞伎だとちょっと華やかな訪問着とか付け下げとか、

もしくは色無地、江戸小紋あたりを選ぶんですが、そのために絽のきものをまた買うのかあ、と悩み、

「これ(小紋)でもいいかなあ」

とつぶやいたところ、マイ師匠が

「いいんじゃない。夏だから」

とおっしゃったのです。

どうやらきもの業界には、「夏だから(ゆるくても)いい」というルールがあるらしい。

日本人ってきっちりしているようでいて、実はそんな感じで

臨機応変に「いいかげん」になることで、過ごしにくい時期を過ごしてきたのでしょうか。


私は結局、セオαの訪問着を買いました。

ふだんはポリエステルのきものなんて、と言っているマイ師匠も、

「うん、ポリ持ってたほうがいいよね、夏だから」

と、おっしゃっいました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星野リゾート「界」 WEBサイトリニューアル

2016年07月06日 10時52分53秒 | 最近の仕事
星野リゾートの温泉旅館「界」。
WEBサイトリニューアルに携わらせていただきました。

http://kai-ryokan.jp

クリエイティブディレクターは、777(トリプルセブン)の福田敏也さん。
WEBデザインと制作は、ツートンのみなさん。

私は、タグライン&ステートメント&ブランドミッションのコピー制作と、
中のすべてのコピーの監修(と言ってもほとんど書き直した感じですが)を
させていただきました。


最初にお話いただいてから、話し合いや取材などを重ね、1年かけてやっとリニューアル完成…。

「星のや」ブランドサイトをつくらせていただいたときも思いましたが、
星野社長や星野リゾートのみなさんのこだわりと哲学の深さはスゴイなと。

そこに関われたことを幸せに思います。


この「界」、鬼怒川に取材に行かせていただきましたが、本当に素敵な旅館でした。
特に内風呂つきのお部屋がオススメです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なつきもの

2016年07月03日 13時12分16秒 | きもの日記
7月になりました。
きもの界では、7・8月は「盛夏」。
正真正銘の夏なのです。



きものも、絽とか紗といって、ちょっと透けるような素材に変わります。

と、いきなり久しぶりのきものトピックスをあげましたが、
実は私、今年は着付け師の免状をとるべく、学校に通っております。

最初はノリで免状とることにしてしまったのですが、
これがけっこう大変。
事務所に和装トルソーも置いて、ときどき練習しております。

きものを着るようになってからもう10年ほどたちますが、
きものってまだまだわからないことが多いんですよねえ。

この柄はこの季節に着ていいの?
この会にこのきものは適切?
みたいな質問をしても、着付けの先生から、呉服屋さん、さまざまな書籍、
ぜんぶバラバラな答えが返ってくることもあります。

「きっちり決まりを守るべき」派と、
「いやいや、そんなに気にすることないよ」派と、いろいろいるわけなんですね。

で、ここ最近の疑問は、どうしてこんなに暑い日本で、こんな暑い夏服が続いてきたんだろう。
という点です。

この写真でも着ている夏着物、ちょっと透けるような素材で、見た目はとても涼しげなんですが、これが暑い。
なかに襦袢だの肌着だの着ているし、帯の部分はさらに何層にも重なっているし、
日本の昔の人たちは、どのようにこの暑さに耐えたのでしょうか。

日本人は我慢強かったのか? それとも昔はいまほど暑くなかったのか?
それとも、たいして移動しなかったから平気だったのか?


このようなきものの疑問を、少しずつ解明していきたいと思います。できるのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「IROKA」

2016年04月25日 10時53分47秒 | 最近の仕事


フレアフレグランス「IROKA(イロカ)」。
ネーミングさせていただきました。
http://www.kao.co.jp/flair-fragrance/iroka/


女性の“色香”を引き出すプレミアム柔軟剤ということで、
発売したばかりですが、売れてるらしいです。

日本発のミスユニバースを多数育てあげた
イネスリグロンさんが監修していて、
私も使ってますが、なかなか素敵な香りです。

しかし柔軟剤っていまこんなことになってるんですねえ…。
(オリエン受けてびっくりしました…)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

独立7年目。

2016年04月01日 12時50分31秒 | マンボウ日記
今年も4月1日を迎えました。今日からフリー7年目。結婚してからも4年目です。早いなあ。

じつは去年なにげにコピーライターになってから20周年だったんですけど、気づいたのが去年の終わりごろだったのでなにもできず。

今年はなにかしようかなあ。21周年って中途半端だから、独立7年目でラッキ-7的なことでもいいかもしれない。

ま、でもパーティとかはめんどうだからグッズ配るとかにしようかなあ。

なんてことをぐるぐる考えつつ、結局なにもしない気もします。

最近、20年前には想像もつかなかったほど、仕事は楽しくなっています。

仕事って、すぐには育たないけれど、手をかけたぶんだけ成長してくれる、優秀なこどもみたい。

対して、結婚生活は、予測がつかないお化けみたいな感じです。

いまは楽しくやっているけど、いつ相手が病気になったり、仕事が変わったり、または気が変わったりするかわからない。

人間と一緒に生きていくって、そういうことなんだなあと。

それが奇跡的なバランスでうまくいっているいまは幸せなのかもしれないけれど、

でも仕事という柱があるから、安心して私は生きていられるんだなあと思ったりもして。

あ、そうだ。今年は、着付けの免状も取る予定です。なにを目指してるんだ私は。

画像は、choo choo日和chooめくりカレンダー2012に書いた桜のコトバ。

今年も桜を見上げて歩けることに、感謝します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Eテレ『Rの法則』に出演しました。

2016年02月22日 17時23分25秒 | 最近の仕事
先週のことですが、なんと私、Eテレに出演しました。笑


しかもトキオの山口さんが出ている『Rの法則』という人気番組。

高校生くらいのR'sという若者たちが、いろんなモノゴトを学んできて報告したりする番組。
なんとなくの理解しかしてなくて、合ってるかわかりませんが。


その回は、卒業がテーマ。
卒業式の寄せ書きをどうしたらもっとうまく書けるのか?という課題で、
言葉のプロに教えて欲しい!という出演依頼でした。

番組アーカイブから引用すると、こんな感じ。




番組のアーカイブはこちら
http://www.nhk.or.jp/rhousoku/koremade/index.html


教わりにきたのは、アリスちゃんと蓮くんというタレントさんたちでしたが、
とても素直で可愛い子たちでした。

2人によると、トキオの山口さんて本当にすごくいい人で、
カメラがまわってないときに「さっきのコメント面白かったよ」などと褒めてくれたりするから、
出演者はみんな山口さんのことが大好きなんだって。
聞いてるだけでファンになっちゃいそうなお話をたくさん教えてもらいました。

収録後、イラストを教えていたブージルさんと4人で記念撮影。



収録、すごく時間かかったけど、楽しかったです。
テレビってああいう風に作ってるんだ。広告とまた全然違うのね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ヘンタイ美術館』重版決まりました。

2016年02月01日 18時51分40秒 | 最近の仕事
おかげさまで重版決まりました。『ヘンタイ美術館』。

年末あたりから、重版かかるかかると言われながら、なかなか決定の連絡こなかったんですが、

(そのあたり出版社さんも慎重になってるのか…?)

よかった…。いろんな人に関わっていただいたので、今回の重版はひときわ嬉しいです。

2刷からは、もう少し画像も見やすくなったりするらしいです。

(初版買っていただいた方、見づらくてすみません!!)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルテ@中目黒

2016年01月06日 13時35分37秒 | マンボウ日記
新年2日目は、中目黒のマルテに行きました。

アートディレクター秋山具義さんのやっているお店で、ずっと行きたい行きたいと思っていたのですが、
年末にばったり具義さんと遭遇。

「マルテ行きたいんですよ~」
「ほんと。新年は2日からやってるよ」

そんな会話を交わしたことがきっかけで、本当に2日に行くことに。
こういうノリというかスピード感って、なんだか楽しい。



で、マルテ。思ったよりカジュアルな雰囲気、カジュアルなお値段。
こんなに気軽な感じだったらもっと早く来ればよかった。

「マルテ」は、イタリア語で火星という意味らしく、そこらじゅうに火星人のアイテムがあって可愛い。
「辛ボナーラ」とか「雪山ボロネーゼ」とか、さすが具義さんがやっているだけあって、
キャッチーな名前のメニューが多い。
いいなあ。こういうお店持つって、楽しいだろうなあ。


食事をしていたら、具義さんも来店。その後美人な奥様も来て、奥の個室で食事されていました。
そして具義さんから一皿サービスが。これ、美味しかった。




そしてウワサの辛ボナーラ。確かに辛くて美味しかったです。



また行きたいな。
具義さん、ごちそうさまでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母と暮らせば(ネタバレあり)

2016年01月04日 15時14分33秒 | 映画日記
今年の映画初め。山田洋次監督の『母と暮らせば』を見ました。



山田洋次ということと、原爆の映画だということくらいしか前知識なく行ったのですが、不覚でした。

あんなに泣く映画だと思っていなかったので、ハンカチもティッシュも持っていませんでした。

特に泣かせてやろうとか、戦争はひどいとかいう訴えを一生懸命やっているわけでもないのに、

序盤からもう涙が止まらなくなってしまいました。

何気ない母子の対話から、戦争で失った幸福が彷彿とさせられて、悲しくて仕方なくなってしまうのです。

さすが山田洋次。

「どうしてあの子だけが幸せになるの。あなたと代わってくれればよかったのに」

終始穏やかでいい人だった吉永小百合が、終盤、息子の元彼女に対してつい漏らしてしまうセリフ。

これは後から山田監督が付け加えた言葉だったらしいですが、震えました。

誰も悪くないのに、こんな風に人と人を断ち切り、孤独に追い込む戦争は、なんて恐ろしいものなのか。

映画館から出た後、トイレに入ってからも、まだグシュグシュ泣いてしまうほどの悲しさでした。


「母と暮らせば」というタイトルは、なんだか地味だなあと思っていましたが、

井上ひさしの「父と暮らせば」という戯曲にちなんだものだとか。

そういえばなんとも舞台っぽい設定や台詞まわしだなあと思いました。

そのうち舞台でもやるのかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2016年01月03日 13時05分48秒 | マンボウ日記
毎年、年賀状を出したり出さなかったりするのですが、
なぜそうなってしまうかというと、引っ越しだの独立だの報告があったりとか、
choo chooのカレンダーの一枚目をそのまま使うと良さそうだとか、
要するにネタがあるかないかで作る気になったりならなかったりするわけです。

で、今年は特にネタもなく、またサルという干支に特別な思い入れもなかったため、
もう年賀状って時代でもないよね、という気分でいたのですが、
いざ年が明けて、いろいろ素敵な年賀状をいただいてしまうと、
あああ。つくればよかった。
と、後悔したりもするものですね。

年賀状を読む時間は、相手のことを思い出すわけで、
それはメールでいただく年賀状とは全く違う力を持っているわけで、
やっぱり労力をかけるだけの意味はあるんだなあと。

そうそう。そういえば、去年は実はコピーライターになって20年めでした。
それを思い出したのが12月も半ばを過ぎた頃だったのでどうしようもなく、
何もしないままに20周年が終わってしまったのです。

年賀状も出せないわ、20周年の節目に何もしないわ、
フリーのコピーライターとしては全然なっちゃいないわけなんですが。

でもそれは、それだけ他に夢中になることがあった一年だとも言えるわけで、
去年は『ヘンタイ美術館』という、いままでとは違う種類の本も出せたし、
初めてのお仕事相手のご縁もたくさんできたし、
初めて自分でお金を出して飼い始めた犬が1歳を迎えたし、
そういういろんなことがあって、夢中で駆け抜けた幸せな年でした。

2016年もそんな風に、新しいことにたくさん出会える年にしたいな。

というわけで、あまりマメではない私ですが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


こやま淳子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加