映画と自然主義 ジャン・ルノワールはこう言ったのですが

自身の、先入観に囚われてはならない
社会の、既成概念に囚われてはならない
周りの言うことに、惑わされてはならない

宗方姉妹

2017年07月12日 01時57分54秒 | 邦画その他
『宗方姉妹』 1950年 112分

監督  小津安二郎
製作  児井英生
原作  大仏次郎
脚本  野田高梧
撮影  小原譲治
美術  下河原友雄
編集  後藤敏男
音楽  斎藤一郎
助監督 内川清一郎

山村聡   三村亮助
笠智衆   宗方忠親
高峰秀子  満里子
斎藤達雄  教授内田譲
上原謙   田代宏
田中絹代  宗方節子
堀雄二   前島五郎七
高杉早苗  真下頼子
坪内美子  藤代美惠子



節子は夫の自殺によって、初めて夫の気持ちを理解できたと言うことが出来る.そして、同時に宏との結婚を諦めた、あるいは、やめることにしたのだが、百々のつまりは、初めて自分の気持ちを正しく理解したことでもあった.これは、節子がそれまで夫の気持ちを正しく理解してこなかったことを、節子自身が知ると同時に、節子自身が自分の気持ちを正しく理解してこなかったことを、知ったことでもあった.
この点は、妹の満里子の方がより分りやすく描かれている.彼女は、一人芝居で姉と宏の関係を演じながら、宏の気持ちを引き出しただけでなく、彼女自身、自分の素直な気持ちをきちんと言い表しているのだから.

相手の気持ちを正しく理解するということは、自分の気持ちを正しく理解することである.もっと簡単に、自分の素直な気持ちを現すことが一番大切であり、その事が相手の素直な気持ちを引き出すことになり、互いに相手を理解することになる.
節子と宏は、互いの気持ちを互いに正しく理解できなかったので、一緒になることができなかった.と言うよりも、この場合は、節子が自分の宏に対する気持ちを正しく理解して、宏の帰りを待ち続ければ、二人は一緒になれた、単にそれだけの話で、この点に関しては節子の夫は何も悪くない.そして、帰ってきた宏に、お金の工面を頼んだことは、夫の気持ちを理解しない行為の現れであったとも言える.夫が悪いと言うならば、満里子が言うように別れれば良かったのであり、節子の夫の気持ちを考えない行為が、次第に夫を追い込んでいったのでしょう.

書き加えれば、全てローアングルから撮ったひどい作品です.なぜ、もう少し素直なアングルで素直な描写ができなかったのか.

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん泥棒物語 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。