シネマと虎とグルメたち

犬童一心監督作品に「ジョゼと虎と魚たち」があった。オイラは「観た映画が面白くて、美味いもの食って阪神が快勝」を望んでる。

やってくる前に

2017年03月25日 | 映画
孫たちが春休みを利用してやってくる。
その前に映画を見ておこうと思い先日映画館へ出かけた。
まずは朝一番の「わたしは、ダニエル・ブレイク」。

深刻な内容なのだが、つい笑ってしまう役所とのやり取りなどがあって楽しめる。
わが国でも二極化が進んでいるが、貧困問題は深刻だ。

見終わると、同じ映画館でちょうどよい待ち時間で「哭声/コクソン」が始まるので、久しぶりの連チャンとなった。

こちらは何ともすさまじい映画で、韓国版「エクソシスト」と思えなくもないが、本家よりも複雑だし映像は強烈だった。

(映画の詳細はこちらでフィルムセンター)

しばらくは子供相手の遊びが続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早咲き桜

2017年03月17日 | グルメ・他
運動不足解消に花博記念公園(鶴見緑地)まで散歩。
かなり距離があるのだが、ジョギングを交えながら園内を周回。
曇り空だったが時折陽が射して春を感じさせる。

植樹されているカワヅザクラ、オカメザクラといった早咲きの桜が咲き誇っていた。
オカメザクラにはバラ科の札が下がっていた。
ソメイヨシノなどが咲き誇るのは下旬になるのだろう。


乗馬苑のスタンドで日向ぼっこをしていると、優雅に乗馬を楽しんでおられるお嬢さんたちの姿が見受けられた。
知人の女性も乗馬を趣味にしていたが、庶民の趣味ではないように思う。
年金暮らしの身とあっては、金のかからない散歩が関の山で、乗馬などという高尚な趣味を眺めるのが精一杯である。
坂道をジョギングしたら足がパンパンになったが、やがてやってくる孫たちと走り回ることを考えると、これぐらいの準備をしておかなくてはならない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エリザのために

2017年03月09日 | 映画
病院に行ったついでに市内に出る。
京阪電車の「なにわ橋」で下車して、映画館までの散歩を思い立った。

駅の改札を出ると、構内にあるギャラリーで六田知弘(むだともひろ)氏の写真展が開催されていたので立ち寄った。
奈良県御所市出身で、御所市の街並みや金剛山、葛城山の写真を撮られていた。
何気ない風景だったりするが、大きく引き伸ばすと訴求力は増してくるものだと感じた。
金剛山、葛城山と続く山並みの写真の説明文で、「この風景を神武天皇も日本武尊も役行者も私の祖父も父も毎日のように見ていたに違いない」と述べておられることに身震いした。

外は寒かった。
大阪駅の広場では3月8日にちなんだ「サバの日」のイベントが行われていたが、とても立ち止まって見る気がしない冷たい風だった。
それでも寒風を突っ切って映画館へ。

だいぶ前からやっている「エリザのために」で、さすがに観客は20名ほどとなっていた。
親父が娘の留学試験のために裏工作に走り回ると言うだけの話ではないメッセージ性があった作品で面白かった。
(映画の詳細はこちらでフィルムセンター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記念日

2017年03月07日 | グルメ・他
誕生日を始め色んな記念日の夕食はいつもと違う雰囲気を出したい気持ちが湧いてくる。
昨夜は結婚記念日だったのでピザをとった。
手の込んだ料理を用意する気力もなくなってきて、普段は食べることのないピザをとるのが関の山である。
最近のピザ屋さんはテイクアウトのサービスに色々と趣向があって、ある店では1枚とるともう1枚サービスされたり、半額メニューがあったりする。
昨日は近くにオープンした「Pizza Hut」で半額メニューを注文。
シーフードMとパスタで2,300円だった。

これでも老人二人には多すぎるくらいで食べ過ぎた感がある。
孫たちがビデオムービーをくれたり、電話をくれたりして、すっかり爺様になってしまった。
通信料は無料である。
遠方の家族との交流は随分と便利になった。
月末には帰ってきそうで、桜の下でのバーベキューが待っている。
それまでに食べ過ぎをセーブしておかねばならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1年前の忘れ物

2017年03月06日 | グルメ・他
先日町内で一番最後の新年会があった。
さすがに今頃オメデトウサンも言えず、懇親会ということになった。
毎年のことで、1年ぶりの開催である。
会場は昨年同様「りき」さんという町内にある居酒屋さんである。

刺身、出汁巻きを出してくれて、あとは寄せ鍋である。
出し巻きはふっくらして美味かったし、寄せ鍋の出しもなかなか美味かった。

嬉しかったのは昨年忘れていったパイプ用のコンパニオン・タンパーを保存していてくれたことだ。

パイプ煙草を冷やかされたり、利息は付いていないのかとか、保管料を払わないといけないとか、ひとしきりそのことで座が盛り上がった。
たいしたものでもないのに、1年間も保管してくれていたことに感激した。
流石に顔見知りが多い町内の居酒屋さんである。
新たに取得していたので、備品として2個になったので気分で使い分けようと思う。
「りき」のお母さん、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・ラ・ランド

2017年03月03日 | 映画
先日(3/1)久しぶりに梅田の映画館へ出かけた。
例によって定期健診のついでである。
時間的にも都合がよかったし、ミュージカル映画ファンでもある僕は「ラ・ラ・ランド」を見た。
レディースデイの為だけではなかったと思うが、12時上映のTOHOシネマズでは発券機の前が長蛇の列だった。
時間も迫っていたので12:15上映開始のオーサカステーションシネマに向かうことにした。
行ってみたらこちらもやはりチケットカウンターの前は長蛇の列。

時間もあることだし並んでいたら上映開始時間が過ぎてしまった。
しばらくは予告編とかがあるから影響は受けなかった。
アカデミー賞授賞式で作品賞に選ばれたが、それが世紀の間違いだったという話題性が寄与していたとも思えないのだが場内は満員状態だった。

前作「セッション」ほどのパンチ力はなかったけど、まとまりのある作品で、ミュージカル映画が好きな人は安心してみることが出来る作品だと思う。
最初と最後がよくて、真ん中はごく普通のお話という感じ。
人生、もしもあの時・・・て、誰にでもある気持ちだよなと思わせ、くすぐったい気持ちで映画館を出た。
(映画の詳細はこちらでフィルムセンター)

いつのまにやら3月になってしまった。
2月はいろいろあって忙しかって、逃げてしまった。
3月もいつのまにやら去ってしまうのだろう。
コメント   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

春はもうすぐ・・・

2017年02月21日 | グルメ・他
少し離れたところにある緑地公園まで軽くジョギング。
風が冷たいので耳が痛くなってくる。
園内は健康のために歩いている人や、ジョギングしている人が結構いたが、寒さのためかさすがにベンチでくつろいでいる人は少なかった。
池の周りでは冷たい風に首をすくめているサギが20羽くらいたむろしていた。


それでも梅が咲いていたし


場所を変えれば菜の花が咲き誇っていた。


春はそこまで来ているようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯ショップ訪問

2017年02月15日 | グルメ・他
昨日は姪が家を買ったので新築祝いに出かけた。
サントリーの山崎蒸留所近くなのだが、山手の住宅街は道がいり込んでいて、近くまで行っているのに迷ってしまった。
カーナビもピンポイント表示が出来ずウロウロしていたら、姪が電動自転車に乗って坂道の上からやって来た。
久しぶりに皆でお茶を飲みながらワイワイとやったのだった。
姪が可愛がっていたインコが引っ越し後に死んだとのことで、環境の変化がこたえたのだろうか。
火葬にして骨を埋めてやるそうだが、火葬に処すまで何重ものナイロン袋にくるんで冷蔵庫の冷凍室に保存しているらしい。
それはどうなんだろうと思ったが、可愛がっていたペットだと気にならないのかもしれない。


今日は家人が形態の調子が悪いので急遽買い替えに近くのソフトバンクショップへ行ったのだが、あいにくと欲しい機種(アクオスフォンのXX3)の在庫がなかったので別の店へ。
そこでもなかったので家電量販店のショップに行ったら在庫はあったが、データ移行や設定は自分でやってくれと言われ、それならとまた別のソフトバンクショップへ。
幸運にも4軒目となるその店に在庫があり、手続きやらデータ移行やら、アプリの取り込みなどを親切に行ってくれた。
私はショップ内で他の店員と談笑などをして、時折説明に顔を出しただけなのだが、都合2時間半ぐらいかかった。

アクセサリーを求めて、再びショップ巡り。
売り場を見ればアイフォン用のものが圧倒的で、携帯電話でアップルが6割ぐらいのシェアを占めているのも納得できた。
トランプから貿易不均衡を言われたら、アメリカ製の携帯をたくさん買ってますよと言ってやればいい。
しかし、品切れの2店舗では入荷はいつになるか分からないと言われ、2店舗では在庫があると言う状況は何なんだ。
シャープさん、買収騒ぎでどこかおかしんじゃないか?
(購入した店舗で聞いてみたら、別に変化はないけどという返答だったけど)
結局1日仕事になってしまったが、特に予定があるわけでもなしで適度の時間つぶしとなった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈黙

2017年02月08日 | 映画

しばらく車を動かしていなかったので、アイドリングを兼ねて前回に続き四条畷のイオンシネマに行った。
映画は遠藤周作原作でマーティン・スコセッシ監督による「沈黙 -サイレンス-」である。
遠藤周作の「沈黙」は1971年に篠田正浩監督でも映画化されている。
僕は劇場でこの映画を見ていたのだが、うっすらと記憶がよみがえってきた。
原作が同じなので大筋は違わない。
違うのは岩下志麻の存在だなと思った。

外国人が描く変な日本人、変な日本ではなかった。
スコセッシは随分日本を研究したと思われる。
信仰心が乏しい僕は宗教映画は苦手なのだが、映画としては2時間42分という長尺をまったく長く感じさせない力作だった。

遠藤周作は友人のT君の卒論テーマだったと思うので、文学論は彼に任せておこう。
(映画の詳細はこちらでフィルムセンター)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

淡路スカイスポーツクラブ

2017年02月02日 | グルメ・他
在職時にお世話になったKさんとの食事会。
いつもは就職時にお世話になったH先生ご夫妻も同席されていたのだが、体調が悪いらしく二人での会食となった。

会食と言っても立ち飲み屋で一杯で、昼はサービス料金でもあるし3時から飲み始める。
梅田は泉の広場角にある「七津屋」さん。
安い!
たらふく飲み食いしたが、二人で4000円もしなかった。
有難いことにKさんの奢りである。
場所を変えて2件目は串カツ屋へ。
ここもKさんがご馳走してくれた。
有難い。


Kさんは74歳になるが、「淡路スカイスポーツクラブ」でパラグライダーをやっている。
五色浜をホームグラウンドとして飛んでいるらしい。
Kさんはヨーロッパへ1年に何回も行かれるのだが、行ったついでに各国で飛んでいるらしい。
フランスは道具も貸してくれるらしいが、国によっては道具持参でないとダメなところもあると言うことだった。
テロ事件以来、フランスのデパートでは入り口で手荷物検査があるらしく、ましてや大きな荷物の持ち込みは禁止らしい。
キャリーバッグをゴロゴロ引っ張ていても何も言われない日本とは大違いである。
毎回Kさんの話は面白い。
元気さと老後の楽しみ方にも感心させられる。
僕も頑張らなくてはと思わされ、元気をもらった。

Kさん、ゴチでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加