シネマと虎とグルメたち

犬童一心監督作品に「ジョゼと虎と魚たち」があった。オイラは「観た映画が面白くて、美味いもの食って阪神が快勝」を望んでる。

極上 お宝サロン

2017年05月22日 | グルメ・他
若い頃にお世話になったKさんがテレビ出演されました。
BSジャパンで日曜日21時からやっている「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」という番組です。
週刊誌ネタとして、人気番組の「なんでも鑑定団」で石坂浩二さんがディレクターともめて降板したことが伝えられていましたが、この番組はそのスタッフの一部の人たちが作っているようです。
世間で埋もれているコレクターとその品物を紹介する番組で、結構面白いです。
昨日は香水の瓶を収集している方とKさんが登場されていました。
Kさんはアンティークレースを収集されています。
随分と以前には、神戸のファッション博物館からの依頼を受けて貸出展示もやられていて、私はその時にミュージアムで収集作品の一部を拝見させていただきました。
Kさんは紳士ですが大阪在住なので会話が面白かったです。
番組的にも盛り上げていてさすがと思いました。

最後に出てきた作品は、現在の職人が作るとなると5000万はするそうです。
何百万もするレースもありましたが、Kさんを知っている家人などは「これを買い集めるだけのお金もってはったん?」と妙なところに関心をしておりました。
Kさんは74歳ですがパラグライダーをやっておられて、スイスとかフランスに行っては大空を飛んでいるそうです。
最近は淡路島のクラブで飛んでおられるようですが、あこがれる老後生活を送っておられます。
私も見習いたいです。
誘われた時はいつも奢ってもらっています。
ありがたい先輩です。
また誘ってもらうことにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

餃子工房 ちびすけ

2017年05月20日 | グルメ・他
先週は久しぶりに旧友との飲み会があったが、今週はいつものメンバーとの飲み会。
滋賀県の野洲からK君が久しぶりに梅田まで出てきた。
メンバーと言っても私とK君、摂津富田在住のM君との3人である。
暇人の我々は昼間の飲み会がいいので、12:30の予約。
場所は太融寺ちかくにある「餃子工房 ちびすけ」。

予約をしておけば昼でもコース料理が選択できるらしく、M君が2500円のコース予約を入れておいてくれた。
店内は広くはないが昼食のサラリーマンでにぎわっていた。
店頭の弁当販売も順調の様である。
雑多な感じが気に入った。
若い女店員さんがキビキビと働いていて、学生時代に飲食店でアルバイトをしたことのある私としては、その働きぶりが小気味よかった。
枝豆、大根サラダ、ネギま、チーズポテト、から揚げ、水餃子、焼き飯などが出てきて、餃子は食べ放題で飲み物も飲み放題。
すっかり質より低料金の身分になってしまった。
予約時に「もうすこしボリュームの少ないコースでもいいのでは」と言っていたのだが、わずかのことだからとこれにしたのだが、やはり多かった。
3000円とか3500円とかのコースにしなくてよかった。
餃子はミニサイズで、ちょっと僕の好みとは違った。
結局食べ過ぎ感があり、デザートを辞退するハメとなった。

腹ごなしに「太融寺」を参詣。
境内には淀君の墓所もある。

不動明王に熱心にお参りされておられる方も数名おられた。
日が燦々と降り注いでまぶしい。
ちょっと休憩にドトールコーヒーに寄り、阪急百貨店9階のイベント広場で休憩。
Teaフェスタが開かれており、ライブ演奏も催されていた。

ラッシュ前にルクアの地下で最後の一杯を引っかけ解散。
次回は6/10の皇子公園競技場でのラグビー観戦となった。
K君がチケットの売りさばきを依頼されているそうで、遠路出向くことになった。
目的はラグビーではないような気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野崎参り

2017年05月02日 | グルメ・他

毎年5/1~5/8は江戸時代から300年以上も長く続く「野崎参り」があり、JRの野崎駅から野崎観音までの参道には300軒以上もの屋台が並ぶ。
我が家からは速足で小一時間ほどかかるが、散歩がてらに出かけてみた。
野崎参りは何と言っても「屋台」が面白いのだが、平日の午前中とあって屋台は準備だった。
天気は絶好で、「テキヤ殺すにゃ刃物は要らぬ。雨の三日も降ればいい」などと言われるが、屋台の人々にとっては天気は死活問題だ。
ショバ代を払っているのかどうか知らないが、店舗や民家の前にも屋台がひしめいている。


参道の階段を一気に登ることがつらくなってきた。
境内の奥まったところにある見晴台では無料のお茶が振舞われている。
ひと汗かいて登ってきた者には冷たいお茶が有難い。
麦茶、ほうじ茶を立て続けに頂いた。

野崎参りは 屋形船でまいろ
どこを向いても 菜の花ざかり
粋な日傘にゃ 蝶々もとまる
呼んで見ようか 土手の人
と、東海林太郎によって唄われた「野崎小唄」であるが、菜の花畑は消えて久しい。
川は残っているがとても屋形船を浮かべるような川ではなくなってしまった。
かつては舟で行く人と陸で行く人とで罵り合って競り勝てば一年の幸を得られたといい、その様子は落語にもなっている。

帰ってくれば昼食の時間で半日が過ぎ去った。
暇人の今日の一日である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンゲ畑

2017年04月26日 | グルメ・他

我が家の周りでは田畑がどんどんなくなっていき住宅が建てられて行っている。
散歩に出かけると調整区域などが残っていて、田畑を目にするのだがまだ田植えの時期には早く田んぼは草が茂っていたり、地面を見せていたりしている。
そういえば以前ではよく見かけていた、田んぼ一面にレンゲが咲き誇るのを見かけていないことに気がついた。
子供の頃には男の子もレンゲの花を摘んで、花輪を編んでいたことが懐かしい。
先日、歩いていたら、珍しく一面に咲き誇るレンゲ畑を見かけた。
周囲は畑だったりしたこともあって、ピンクの絨毯はその田んぼだけだった。
懐かしさのあまり思わずスマホでパチリとやった。
そろそろモンシロチョウが飛び始め春たけなわで、初夏の装いがすぐそこまで来ているようである。
速足の散歩を行うと汗ばむようになってきた。
あいにくと今日は雨模様なので自宅にこもることになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男梅サワー

2017年04月13日 | グルメ・他

新学年が始まる前に孫たちが東京からやって来ていたのだが、当然それには母親がついてきている。
言うまでもなく彼女は私の娘なのだが、何でも最近は「男梅サワー」なるチュウハイを飲んでいるらしい。
そこでやってくる前に近くのスーパーなどの酒コーナを物色したのだが置いていない。
ドラッグストアを含めて何軒かを回ったのだが見当たらなかった。
カップ麺の「どん兵衛」なども関西と関東では味を違えているらしいので、関西では販売していないのかもしれないなと思っていた。
彼らが帰って時間が出来たので散歩を再開したのだが、毎回散歩コースを変えていたある日通りかかった場所で酒専門店を発見。
「やまや」というかなり大きなその店にあってではないか、「男梅」が。
大発見だ。
次は夏になるかもしれないが、ここで入手しよう。
だけど東京の値段よりは少し高かったなあ。
まあ入手できないのだから納得できる値段ではあった。
(写真は東京の店頭です)
そう言えば先日の飲み会の時に、新潟物産店を見つけ「八海山」など特産の日本酒が並んでいたので、日本酒の「〆張鶴」はあるのかと尋ねたら、人気銘柄で毎月20日にしか入ってこないと言われた。
ないところにはなく、あるところにはあるものだ。
あるいは、ない時にはなく、ある時にはあるということかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーンライト

2017年04月11日 | 映画
大学時代の後輩であるU君が退職したので慰労会を開催。
仲間が集まったのだがU君と同期のM君も今月で退職するとのことが判明し、二人を招待した慰労会に変更となった。
皆が歳を取ってきて、脂っこい料理が随分と残っていた。
飲むのだけは飲み放題もあって衰えていない。
18時の集合だったが集合時間前に友人待ち合わせ軽く一杯やってから出向いたが、いつもながら気の置けない昔からの仲間との歓談は実に愉快である。

17:00に友人と待ち合わせたが、時間的に14:20からの「ムーンライト」がドンピシャだったのでそれを見る。
この内容でアカデミー賞を獲得したことにアカデミー賞の変化を感じる。
人種差別と抗議されたことへの反動だったのかもしれない。
(映画の詳細はこちらでフィルムセンター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鹿肉

2017年04月07日 | グルメ・他

近所に狩猟を趣味にしている方がおられる。
害獣駆除も兼ねて鹿とか猪を撃ちに行かれているようだ。
撃っていい獣と数は決められているそうだし、さすがに銃を使用するので規則もなかなか厳しいらしい。
先日のイベントの折に獲物のシカ肉の話が出て、一度食べてみたいものだと言っていたら、昨日奥様がタタキにして持参してくださった。
僕にとっては初めてのシカ肉である。
ショウガとポン酢で食べたが、これがなかなか美味い。
新鮮なこともあって柔らかいし、カモ肉なんかよりは随分と美味かった。
古の貴族の間で肉と言えば、鳥は雉で、獣は鹿だったと聞いた覚えがある。
鶏肉、牛肉は随分と後のことだと思う。
別の知り合いの兄さんが漁師をされていて、随分と前に「兄ちゃんの捕ったシカ肉は柔らかくて美味しいんや」と聞かされていたのだが、今回堪能出来てその美味さを知った次第。
近所付き合いもいいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ出演

2017年04月06日 | グルメ・他
先輩のKさんがテレビ出演することになった。
その話もあってKさんと久しぶりの飲み会。
Kさんは金曜日に東京に行って、テレビ東京で石坂浩二さんと対談するそうだ。
放送はまだ先だが、先日自宅での先撮り収録があったとのことである。
色々と面白い話を聞いたが、テレビ局の都合もあるから中身は伏せておく。
話が弾んで立ち飲み居酒屋で(テーブル席を利用)2時間以上飲んでた。
例によってKさんが奢ってくれた。
いつもながら有難い先輩である。
Kさんは70歳にもかかわらず、淡路島でパラグライダーで大空を飛んでいる。


テレビ出演と言えば、先日のニュースでは我が市のイベントがニュースで流れた。
テレビづいていて、帰宅すると岡山にいる姪がテレビのニュースコーナーに登場したらしい。
15分程度のコーナーで、その内5分くらい登場していたらしい。
東京での放送なので娘に録画したDVDを送ってもらうことにした。
以前に娘のダンナも生番組に出演する予定だったことがあったけど、その時は北朝鮮がミサイルを発射して、そのニュースのために出演コーナーが中止になったことがあった。
Kさんの放送日は5月らしいが今から楽しみにしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地車大集結

2017年04月03日 | グルメ・他

昨日は市制60周年記念としてメインイベントの地車大集結が催された。
私も裏方の一員として参加。
夕方のニュースでも取り上げられたが、26台の地車(だんじり)と1台の神輿が一堂に会した。
我が部落の地車は8時前に出発。
要員は7時には集合だったので、早朝から法被に着替えて出陣である。
出発前の景気づけの一杯も身に応える寒さだったが、徐々に気候が和らいできた。
東京からやって来た孫たちは、途中で地域の5台が集結する場所から参加。
ここでもビールを一杯やる。
臨時の法被を借りてあげたので孫たちは喜んでいた。
だんじり祭りは初体験である。
町内の子供たちに混ざり彼等も綱を引いていた。

集結場所から9時過ぎに順次出発。
各地域から開催場所へ向かうので、周囲の道路は大規模な規制がかかった。
10時過ぎに会場に到着し地車は入場待機。
私はお昼に支給させる弁当のセットに駆り出される。
子供たちにはお昼の集合場所を伝え、いったん散会。
11時頃から各地域の地車がレッドカーペットを通って入場。

女の子が大勢いる華やかな地域もあれば、桜吹雪をまき散らすパフォーマンスを見せる地車もあった中にあって、私の部落の地車は年齢が高いためか大人しい。
12時20分に昼食を支給。
市主催のイベントなので各自車保存会に50万円以内の実費支給がなされるので、参加者への弁当代はそれで賄われた。
2時前くらいから退場が始まり、それぞれが自分たちの部落へと再び帰っていく。
何台も続くので規制を知らない車は身動きが取れなくなる。
我々は振る舞い酒を頂きながら無事町内へ帰ってきた。
子供たちはジュースやらお菓子やらを頂いて帰った。
こちらは打ち上げの一杯をやってから帰宅。
予想以上に盛り上がったイベントで、私自身も大いに楽しめた。
祭りはなぜか血が騒ぐ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やってくる前に

2017年03月25日 | 映画
孫たちが春休みを利用してやってくる。
その前に映画を見ておこうと思い先日映画館へ出かけた。
まずは朝一番の「わたしは、ダニエル・ブレイク」。

深刻な内容なのだが、つい笑ってしまう役所とのやり取りなどがあって楽しめる。
わが国でも二極化が進んでいるが、貧困問題は深刻だ。

見終わると、同じ映画館でちょうどよい待ち時間で「哭声/コクソン」が始まるので、久しぶりの連チャンとなった。

こちらは何ともすさまじい映画で、韓国版「エクソシスト」と思えなくもないが、本家よりも複雑だし映像は強烈だった。

(映画の詳細はこちらでフィルムセンター)

しばらくは子供相手の遊びが続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加