須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

いくばい益城笑店街さんへ

2017年05月19日 | スタッフより


昨日、5月18日に熊本県上益城郡益城町の「いくばい益城笑店街」さんへおじゃましました

熊本地震の震源地でもある益城町。熊本空港の近くで、私たちも良く通ることのある場所です。須永博士美術館に来て下さっているお客様も、益城町の方が何人もいらっしゃいます。

毎年5月と11月に小国で開催していた須永博士サイン会にも、毎年毎年来て下さっていた女性が、熊本地震でご自宅もお店も住めなくなってしまいました。地震の後、ご自宅の住所にお手紙を出すと、避難していた場所にお届けしてもらい連絡が取れました。

それから7月、そして11月にも小国町に来て下さり、今年1月に入ってから、「仮設商店街にお店を出すことになりました!」とご連絡いただきました。

お店に飾る作品を須永に書いて欲しいとのご依頼をいただき、2017年1月13日、その作品を持っていきました。





その日の記事


友田整体院 「和和 (にこにこ)」さんです。

この時は建物が完成し、開店準備中というところで、まだ完全な営業を再開しているお店は少なかったのですが・・・



↑2017年1月13日



昨日は4カ月経て、賑やかでした!


到着したのが午前11時半、お昼の時間が近かったこともあり、駐車場もいっぱい!





須永博士は、初めての仮設商店街の訪問でしたので、どんな所なのだろう、皆さんどのように営業しているのだろう・・・と想像していたそうですが、実際に来てみると想像とは全く違っていたそうです。







もっと大きいものを想像していたとのこと

自分の足で歩き、そして自分の目と心で確かめていました。

「そうか、このようにして、皆さんがんばっているんだ・・・」と。

震災前は、自分の店を構え、もっともっと広い場所で営業していたのだろう。それができなくなり、そしてやっと仮設店舗で営業できる。働ける。その喜びにあふれた空気に包まれていました。

須永博士と、「麦わら帽子」さんで昼食を・・・と思っていたのですが、須永博士は基本、講演前や詩を書くときはお腹に何もいれず、空腹の状態で書きます。

なので・・・本当に申し訳ないですが、私たちスタッフと、友田さんと一緒に昼食を・・・

麦わら帽子さんの一番人気メニュー「麦帽定食」



とっっても美味しかったです!

次から次へとお客様がお店に入ってきて、あっという間に満席!!でした。

お隣の「きやま食堂」さんも、同じく満席!

工事関係者さん、解体業者さんのお客様で毎日お昼時はこんな感じだそうです。

メニューもたくさんあって、次また来た時に何食べようかな・・・と楽しみができました

須永博士は、商店街の周辺を歩き、解体されて更地になっているところや、まだこれから解体を待つお家を自分の目で見ていました。

そして、友田整体院さんでの一日限定須永博士移動展覧会&ミニ講演会会場を作りました



準備している間に、笑店街の方々がお仕事の合間をぬって見に来て下さったり、須永博士がお隣の文房具屋さんへおじゃましたり・・・



そして、予定していた午後2時からの特別ミニ講演会



詩を書くことからスタート



旅の話は、普段の講演の内容の3分の1くらいで、 あとは









言葉の力がどんなに人の心の支えとなるか、自分の愛する人やもの、場所、それが失われた時の悲しみからどのように立ちあがってゆくか・・・

全国でも、同じような想いを抱えて生きている人がいて、その方々と出逢ってきた須永博士が、須永博士なりに益城の皆さんに「生きる力」を与えたいと一生懸命語りました。

そして、サイン会は、皆さんに全国の皆様からのご支援によって「心の復興支援」として製作した「たいせつなあなたへ」をプレゼントさせていただきました。
本当にありがとうございます。









友田整体院さんのお隣にある文房具店で先ほど書いた大きな詩・・・

「飾りましたよ~~!」と北川さんが

行くと、壁にバッチリ!


おまけに、色紙に書く須永博士。

なんだか事務員さんみたいですね


きやま食堂の奥様にプレゼント
とっても喜んで下さり、外から見える窓に早速飾っていました。




麦わら帽子のご主人と奥様と・・・
息子さんへの詩をプレゼントしました。

ご一緒にお写真を撮れませんでしたが、美容院「美光」さん、模型店の「戸島屋」さん、お会いできなかったけれどもう1店の整体院さん

一日というよりも半日・・・あっという間のお時間でしたが、皆様にお会いでき本当にありがとうございました。

須永博士も、「今日はまだ第一歩!また来ます!」と言っていました。

「いくばい益城笑店街」のお名前にふさわしい、笑顔がとっても素敵な皆様がいる商店街でした

友田さん、また来ます



笑店街の皆様に須永博士の色紙もプレゼントさせてもらいました。

皆様にお好きなものを選んでもらいました。

選ばれた詩はこんな詩です。











来てくださった方からのご感想

「今日の先生のお話し、久しぶりに心から笑えて自分でもびっくりしました。

 つらい毎日ですが、先生の詩で少しずつ前を向いて進めそうな気がしています。」

「夢や希望をみつけることができない日々を送っております。今日のひと時、心がとても温かくなって自分でやれることをその日その日、1日1日を生きることから始めてみようと思えました。」

「仮設に今住んでいます。事務所に置いていた須永さんの“出逢い”の額がダメになってしまいました。また新しい家ができたらお願いします。」

お帰りになる時の皆さんの笑顔がとても素敵でした。

またお会いできる日を楽しみにしています!



政府インターネットテレビ

駅前TVサタブラ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿児島県 霧島市立国分南中... | トップ | ムーブ町屋にて 作品展&講... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む