サンオフィス社員日誌

不動産屋の日常、外房食べ歩き、本と映画の批評

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『シビル・ウォー』

2017-02-13 20:29:50 | 映画

週も明けた月曜日の今日は、昨日に引き続いて晴れ晴れとした日でしたね。

それでも夜になると、やはり寒いので、まだまだ冬であると実感します。

弊社の本日は、週明けの平日にも関わらず、土地購入のお申し込みを頂き、

賃貸のご契約をさせて頂き、ご案内のお申込みや、賃貸物件の水道工事のお手配、

ガス給湯器工事のお手配など、充実した日でした。

 

写真は、少し前の映画になりますが、マーベルコミック原作の、『シビル・ウォー』です。

これに関しては、キャプテンアメリカシリーズで言えば、

『アベンジャーズ』『ウインターソルジャー』『エイジオブウルトロン』の次の作品になります。

アイアンマンや、キャプテンアメリカ、ハルクなどの、アメコミのヒーローについては、

お聞きになった事があるかも知れませんが、これらの単発の、本来は別世界のヒーローを、

同じ世界の登場人物として登場させ、一緒に戦う仲間としてストーリーを展開させていく、

クロスオーバーものの流れになります。

 

 

『シビルウォー』は、当初まとまりが全くなかったチームがチームワークを発揮することで、

敵を倒すというお祭り作品『アベンジャーズ』からの流れを引き継いでいますが、

ヒーロー達の戦いによって、一般人が犠牲者になった事件を背景に、

アイアンマン側が受け入れようとする、ヒーロー達は国連の管理下に置かれるべきという考えと

それに反発して、組織そのものが常に正しいとは限らない、ヒーローは自己の責任と判断で戦うべきと考えるキャプテンアメリカ側が、

文字通り衝突をする・・・というもの。

 

それでこの作品の何が素晴らしいかというと、これだけのヒーロー達が、

同時進行でバトルをするのにも関わらず、見せ方が非常にわかりやすいところにあると思います。

つまり、誰が今、何のために、誰と闘っていて、どこにいるのかという点が、

はっきりしているので、初めて観る人にとっても、爽快感とともに観ることが出来る点なのですよね。

 

「とりあえず出演はしてみました。見せ場はあまり有りません」感とか

「出す技は単発しか出していません」感、とか、

「迫力はあるけど、誰が今どこに居て、誰と何のために何をやっているのかよく分からない」感とか、

失敗したクロスオーバーのような欠点が無く、

 

各人それぞれの見せ場や、協力してバトルをする、クロスオーバーでしか味わえないものを、

きちんとわかりやすく表現している点、これに尽きますね。

この作品だけ見ると、キャプテンアメリカの動機が身勝手過ぎるようにも思いますが、

前作『ウインターソルジャー』を見返してみると、納得がいくものであったり、

過去作から順に観るのも良いですが、この作品を見て興味をもってから、

過去作を観るのも、またおすすめです。

 

一宮町 長生郡 茂原市 いすみ市 不動産 賃貸 売買 土地管理 駐車場 太陽光発電は (有)サンオフィスへ^^

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は本当に雪が降りましたね | トップ | セブンイレブンのサラダチキン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。