Healing forest ~癒しの森~

TEL 080-3968-1680
e-mail sun-moon-stone-8011@mail.goo.ne.jp

謙虚さ・・・ セミナー リソース参加の皆さまへ

2016年10月31日 10時06分51秒 | 日記など

「謙虚さ」

 

 セミナー リソース参加の皆さまへ

 いつも 貴重な休みの時間を セミナーのリソースとして 参加頂き、心より感謝です。

 リソースの皆さまの 存在により 受講者の深い そして 効果的な学びへと つながっていることを実感します。

 

 これまで、リソース参加についての 立ち位置についての お話を してこなかったので、改めて今回、

 受講者の皆さまへ と 合わせて お伝えすることにしました。

 

 リソース参加を 設定したのは、和多志が 学んだNLPで 行われていたシステムで、和多志も TTPを

 させて頂いています。 それは、なぜかというと、セミナーは 繰り返し学ぶことによって、その学びの深度が

 さらに増すからです。 まさに 身につけるには もってこいの方法です。さらに、現場で使い続けていると

 当然のように ぶつかるときがあります。 その時には、質問にもこれるし、学びの中で 氣づきにもなるからです。

 

 もうひとつの 意味は、NLPで 和多志が 体験したことですが、このリソースの方々の存在によって、安心し、

 勇氣づけられ、そのあたたかな サポートにより 深い学びを得ることが できたからです。 今でも、

 その時に 出逢った リソースのことを 思い出すと 胸が 熱くなります。

 

 リソース参加の皆さま。 まずは、リソース参加は さらなる 自分自身の学びの場であることを ベースにしてください。

 今回のリソース参加で 何を知ろうとしているのか。実践してきた中で さらに 確信にできるものは なにか。

 さらなる 新たな氣づきと 学びを 楽しむことを 最優先にしてください。 そして、その上で・・・

 すでに 先に 学んだ者として 受講者の頃の氣持ちを 思い出し、今の受講者の サポートとして 存在して頂きたいのです。

 その立ち位置は、きっと より良い学びになることでしょう。 スーパービジョンにも 役に立つと思うのです。

 

 NLPの時に リソースは 初めてスキルを実践する 和多志のそばに 寄り添い、待ってくれました。

 そして、わからなくなり リソースに 顔を向けると そっと 和多志の持っている資料の 必要な部分を 指で示し、

 微笑みながら「大丈夫ですよ、明石さん。できまてますよ。」と、勇氣を与えてくれたのです。

 

 それでも 中には いました。 まだ、求めてもいないのに 先に先に 説明してくださる方。 善意なんでしょうけどね。

 それでも 中には いました。 上から目線の方、そして 自分がするより 先に その人が かわってしてしまう方。

 内心思いました・・・「和多志の 学びを うばわないでほしい」 

 それでも 中には いました。 その人の 武勇伝や その人の なやみや セミナー内の人間関係を 聴かせてくれる方。

 そんな時 思いました・・・「この場所は、あなたたちの 自己満足の場所じゃない。」

 

 和多志は Healing forest の セミナーを より充実した 高度なものにしていこうと 考えています。

 そのため、まずは 受講者の学びを 大切にして参ります。リソースの皆さまも そのことを 第一に ご理解ください。

 それでも、リソースの皆さまの 学びも 大切にして参ります。 それは、前向きに リソース参加してくださっている

 方々であれば、どれだけ 和多志が リソースの皆さまにも 手を抜いていないかが ご理解頂けていることでしょう。

 

 リソースの皆さま、「謙虚さ」をもって 受講者の皆さまに 出すぎず、でしゃばりすぎず、

 それでいて サポーティブに それでいて いつでも ヘルプに 対応できるように、寄り添って頂けますでしょうか。

 リソースの皆さまにとって Healing forest の セミナーが、愛と癒しと勇氣の場所に なっていることが、

 和多志の喜びと 成っています。 そして、リソースの皆さまの 存在に 和多志が 勇氣づけられています。

 

 ご理解とご協力を 頂き、 もしかしたら 受講者に対して 出すぎているときには ひと言、言わせて頂くことも

 あるかと思いますが、これもまた 善意ですので 「謙虚さ」をもって 心地よく ご理解いただけますよう お願いいたします。

 セミナーへの お越しを 心より 楽しみにしております。

 

 

 心より ご縁に 感謝です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謙虚さ・・・ セミナー受講... | トップ | ステキな 出逢いを 頂いて... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こば)
2016-10-31 22:01:56
受講生もリソースも分け隔てなく学ばせて頂ける
Healing forest のセミナーに心より感謝いたします。
ブログを拝見し、どれだけの想いで開催されているセミナーか心に沁みわたります。これからも、謙虚さを常に
持ち、更に人として成長して行きたいと思います。
Unknown (Unknown)
2016-10-31 23:11:05
昨日の「謙虚さ」を取り扱うワークは、
本当に素晴らしかった・・・
これまで「謙虚さ」をテーマに取り扱うセミナーに
出逢ったことはありません。

マスターコースの、しかも三日目に取り扱ったことに
とても、意味があると感じました。
ベーシックではなく、マスターの、三日目・・・。

わたしも、自分自身を振り返り、
お恥ずかしいことですが、リソースとして参加していた当初は、
「自分はちゃーんと出来てます妄想」に
ハマっていました。
ただただ、自分の楽しみとして、参加し、
自分の居場所を確認させて頂いていました。
ある時は、学びの仲間の エネルギーを奪うこともあった。
傲慢で、恥ずかしいかぎりです。

そして、不思議なことですが・・・
参加しているうちに、
リソースとしての責任、とも言うのでしょうか・・・
受講者の方が主人公なのだ、という氣持ちが
とても 強くなっていくのです。

何もできなかった自分が
学ぶことで 出来るようになった あの時のうれしさ。
わたしの たからものです。

あきらめることなく、
何度も 何度も 根氣強く 教えてくださった
明石さんや ともに学んだ皆さまへの 感謝を忘れず・・・
初心を忘れず・・・

心して、リソース参加させて頂きます。
これからも学びの機会を頂けると うれしいです。

素晴らしいテーマのブログを ありがとうございます。
心から 感謝します。
Unknown (Unknown)
2016-11-01 06:55:43
Healing forestに出合う前の私は、
自分がなんとかしてあげないとって
思ってました。
今考えると、とても恥ずかしい。
してあげる、教えてあげるって、
なんて上から目線なんだろうと。
しかしこのセミナーと皆さんとの出合いで、
私は変わることができました。
なので、今は無理でも変われる可能性があると
信じています。
リソースとして受講者の可能性を信じる。
それは、待つとうことではないでしょうか。
教えてあげたいって氣もちを押さえて、
今は受講者の成長を信じて待てる、
そしてそっと背中を押せる
そんなリソースで在りたいです。
Unknown (Unknown)
2016-11-01 12:58:24
身につまされる思いで拝見しました。
私自身、謙虚の意味をしっかりと
理解できていただろうかと…。
振り返り恥ずかしくなりました。
Unknown (Unknown)
2016-11-01 16:56:32
身につまされる思いで拝見しました。
自分自身、謙虚にする意味を
勘違いしていました。
そんな私すらも、優しく愛をもって見守ってくださり
明石先生に感謝感謝です。
見守る、待てる、自己研鑽は怠らず
TTPし続けるように。
ありがとうございます

コメントを投稿

日記など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。