Healing forest ~癒しの森~

TEL 080-3968-1680
e-mail sun-moon-stone-8011@mail.goo.ne.jp

深い学びに成っています 『スーパーバイザー実践者養成研修』 事例検討会突入です!

2017年03月13日 08時25分35秒 | 効果的な面接技術  関連

まんまる 満月

はっきり 見えたのは 土曜日

ぼんやり 見えたのは 日曜日

ステキな ステキな 満月の夜

美しい

 

美しい世界

 

手探りで それでも 基盤を持ちながらも 進めた 第1期

『スーパーバイザー実践者養成研修』

その充実感や 達成感、そして 使えるものを学んでいるという 実感・・・

 

そんな 学びです。

 

そして 第2期・・・さらに、わかりやすく、そして深まっています。

きっと リソースで 参加してくれている 第1期の方々は、改めて、

この深い学びを 体験していることでしょう。

いよいよ、5・6日目 「事例検討会」におけるスーパーバイザーを 実践をしながら 学びます。

 

やり方を 学び、そして すぐに 実践です。

このセミナーで 学べるものは、事例提供者としての バイジーの役割。

事例検討会を運営する 司会者の役割、そして、助言者としての スーパーバイザーの役割。

 

緊張感の中、始まります。

 

今回のリソースには、大分でも チョー有名な研修、主任介護支援専門員研修(線引いっちゃった)で

事例検討会に参加された方がいます。 この方々のご意見です・・・

「このセミナーでの事例検討会だと、胸が熱くなったり、湧き上がってくるものがある。ですが・・・

 主任ケアマネの事例検討会では、まったくないんです。」 (個人の感想です)

 

始まります、最初の事例です。まさに、今ライブで 動いている事例です。

最初は、和多志が、司会者と助言者を 1人二役で 実践します。(してみせます)

司会をしながら、事例提供者のアセスメントを 行います。 そして、さらに 助言者としての役割・・・

事例提供者が 求めていることへの回答を考え、さらに スーパービジョンの視点でのコメントを 考えます。

そして、さらに さらに 事例検討会に参加した、皆さんに とっても 意味のあるコメントを考えます。

すごいでしょう。(個人の感想です)

 

そして、このセミナーでの事例検討会で、よく起きること・・・

深い氣づきと 次の日から実践できる方法を知ることができ、そして、心が ふるえる・・・

あたたかい 一筋の 滴が ほほを 伝う・・・

事例提供者は、とても 満足され、そして 事例を提供して 本当に良かったと言われます。

 

そうそう、先ほど、チョー有名な研修で事例検討会に参加された方に コメントを求めます。

和多志 「いかがでしたか?」

リソース1(こんな表現してすいません) 「やっぱり、胸が熱くなるというか、湧き上がってきますね。」

リソース2(本当にごめんなさい) 「ベースが違うと、これほどまでに 事例検討会の内容が変わるんですね。」

(あくまでも 個人の感想です)

 

事例検討会 2日目 3事例を検討いたします。

1.深い 専門職としての価値というレベルでの 深い 氣づき。

パッチアダムスの話も 登場します。

 

2.過去のケースから もたらされる プロとしての在り方 そして 涙の時間

今回、Healing forest の セミナー受講者だからこそ、できた 試みで、感情が あふれます。

この涙・・・ 多くの人に味わってほしかったなあ・・・

 

3つ目は、これまでの 『スーパーバイザー実践者養成研修』の事例検討会を 大きく試される事例。

どうなるのか・・・ それでも 和多志は、この事例検討会のすばらしさを 確信しています。

そして、リソース2(もう、どう謝ったらいいかわかない)が、言ってくれた名言。

参加している方々の ベースが違う・・・このベースを 信じます。

 

司会者 助言者 参加者・・・ 本当に すばらしかった。 しんけんに 本氣で 取り組んでくださった結果、

大きな 大きな 手放しと 一歩を 踏み出します。 そして、あたたかな サポートも・・・。

 

すばらしい 一日。

 

この事例検討会の間、和多志は、司会者・助言者の ちょいと 後ろに座り、

事例検討会の全体を 見渡しながら、 司会者 と 助言者に 必要なことを 口頭で、時には メモで サポートします。

これ、和多志の中では、ライブスーパービジョンなのです。 そして、事例をふまえながら、アセスメントをします。

途中の休憩では、司会者と 助言者と共に 事例提供者のアセスメントを 確認します。まさに、ライブ!ライブ!

 

全ての 事例検討会が 終わってから、和多志の デパートなコメント・・・ 違う・・・

スーパーな コメントを 用意するのです。 スーパービジョンですからね。

誰かが、傷んだり、ダメ出しをされたり というようなコメントではなく、提供された事例から、より深い氣づきと、

学びをもたらすような 八百屋・・・違う、スーパーなコメントです。

 

次回は、最終回。 きっとすばらしい 時間と成るでしょう。

再受講の方も 見えます。 楽しみです。 チャリティセミナーで 火が着いたようです。

リソース参加の方は、今週中に リソース参加のお申し出をください。

その時、懇親会の参加についても 一緒にご連絡ください。

 

事例検討は、土曜日で 終える予定です。 すると、日曜は・・・皆さん、早めに帰れると言うかと思ったら、

「なにか、やってください!」 だって。 本当に 皆さん、学び好きだなあ。 なにしよっかなあ。

お楽しみに!

 

まんまる お月さまを 見上げながら、手放すことを 宣言します。そして・・・

この 二日間と 皆さまとの 出逢いを 感謝します。

 

 

美しい・・・ 美しい 事例検討会が 続いています。

なんて、この世は すばらしいんだろう・・・

 

 

ご縁に 感謝です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年度末・・・仕上げの時、充... | トップ | 合格おめでとう! スクーリ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-13 22:49:02
「事例検討会の『スーパーバイザー』」を体験できる研修なんて、世界広し!!と言えども・・・
Healing forest ぐらいです。
しかも、トレーナーは理論と実践を体現できる。

理論は、どこまでも分かりやすく教えてくださる。
おそらく、中学生でも 十分理解できる言語で。
そして、現場経験もあり、行動した実績と その効果も得ていらっしゃるからこそ、
目の前で、すぐにやってみせてくださる。

多くの経験を 得ていらっしゃるからこそ
たくさんの方々の 幸せを願って 行動し続けていらっしゃる実績を
わたしたちに 惜しみなく 伝えて下さる。

言葉で説明した後に、すぐに自分でやってみせる講師に
出逢ったことが有る方・・・居ますか?
いらっしゃったら教えてほしいくらい。

実際のケースについて 受講生同士で
「事例提供者」「参加者」「司会者」「助言者=スーパーバイザー」を体験するのです!

事例検討が進んでいく中、その場の動きと 参加者の反応を見て
タイミングを見計らい、トレーナーがメモを渡す。
あくまでも 支援者の立ち位置で。
主人公は、参加者であり、受講生であることを大切にしてくださる。
そのトレーナーの在り方に 参加者の熱意や 想いが反応して・・・
とても、とても 感動的な 事例検討会になっていく。
メンバーが 謙虚でありながらも 自信に満ち溢れていく。
どんどん、メンバー同士が 一体となっていく。
事例提供者のケースに 全員で向き合い、寄り添って行く。

感動の涙をこらえるのに ひっしでした。
終わった後 とても清々しい 氣持ちになりました。
参加させて頂いたこと
この素晴らしい瞬間に 立ち会えた奇跡に
こころから感謝します。
Unknown (Unknown)
2017-03-18 09:33:22
この研修に出会うまでは
事例検討会に参加して「事例を提供して良かった」と
心から思える検討会に行ったことはありませんでした。
ましてや、参加者としてエンパワメントされる事例検討会は初めて。
講師がすごすぎて自分が本当にスーパーバイザーができるのか
不安がよぎりますが、虎の巻を活用し、それまでの研修をTTPすることで
できるようになっちゃうのがすごいところです。
そしてどんな体験しても全てが自分自身の学びにかえてしまえる。
できそうでできないもどかしさも、必要な時間として楽しめてしまいます。
素敵な時間を皆様と共有できたこと。
嬉しく思いました。
感謝感謝です。

コメントを投稿

効果的な面接技術  関連」カテゴリの最新記事