Healing forest ~癒しの森~

TEL 080-3968-1680
e-mail sun-moon-stone-8011@mail.goo.ne.jp

始まります! 『効果的な面接技術~マスターコース~』 2016㏌大分

2016年10月17日 08時50分15秒 | 効果的な面接技術  関連

雨の始まり・・・

しっとりと ゆったりと それでいて 引き締まる思い・・・

始まります

 

『効果的な面接技術~マスターコース~』 第一日目です。

受講者は、過去最高の9名。リソースは マスターでは 最高の5名

全16名で、始まります。

 

和多志も 久しぶりの開催に 喜びと 緊張とが 融合し、 とても 神聖な氣もちで 臨みます。

 

大分から6名、鹿児島から3名。

熱意のある方々が、集まっています。

最初は ベーシックの振り返りと 実践してみての効果の確認です。

実践できるものを提供しています。マスターコースは、ベーシック修了者のみ受講できます。

ひとつひとつのセミナー後に 実践をし、効果をあげてくださることが 願いです。

 

皆さま、それぞれに実践し、効果と そして 戸惑いも得られているようです。

さあ、その後、質問タイム。スロースタートの質問タイムですが、ひとつの質問から、次の質問と、

どんどん広がり、あっというまの90分となります。それでも、充実する質問タイム。

 

マスターの始まりのプログラムは、『言葉の使い方・言葉の力』です。

今までになく、本氣で おもいっきり 伝えます。それは・・・

前回のマスター開催から 今回の開催まで、たくさんのカウンセリング・セラピーを することに成り、

そして ソーシャルワーカーとしても たくさんの相談を聴いてきた結果、この言葉の使い方で、

人生設定が よく理解できることが わかってきたからです。 だからこそ・・・

支援者が、言葉の使い方が ズレてしまうと、大きく相談者の生活や人生に 影響を与えてしまうからです。

 

前半いっぱいかけて 『言葉の使い方・言葉の力』について 全力で 取り扱います。

そして、設定して頂きます。

 

後半は、ペーシングとセットのスキル 『リーディング』です。

おそらく、ここまで 丁寧に 『リーディング』を説明し 目の前でして見せてくれる セミナーもないでしょう。

誰も言わないので、自分で言います(笑) じゃあ、なぜ和多志は、ここまで説明し、して見せることができるのか・・・

答えは カンタン!

 

自分自身が スキルを意識して実践し、その効果を得ながら、実践した戸惑いも感じ、さらにより良くするための実践を

繰り返してきたからです。そして・・・セミナー受講者に わかりやすく、使えるレベルで 伝えたいと考えたからです。

セミナー受講者は、皆さん 望んでいるのではないでしょうか・・・ 「使えるスキルがほしい」

なによりも 和多志が そうだったからです。

 

その後、皆さんで ロールプレイを通して 実践して頂きます。

まあ、皆さん 本当に 素直な方が多くて、上手に 実践してくださいます。すばらしいです。

きっと、次回までに たくさん 実践し、効果を体験するか、戸惑いを得てくるでしょう。楽しみです。

 

そして そして 最後は 『メタアウトカム』。

成功して頂きます。リソースが そばにいて やさしく つよく 受講者の成功を 願ってフォローをしてくださいます。

 

受講者の多くの方が 『本物の専門職』 『スペシャリスト』 を 目指すことを言葉にしていました。

すばらしいです。 そうなるために この Healing forest の セミナーを 選んで 決めて頂いたこと。

ご満足 頂けるように 全力で 最新の状態で 残り4回 お届けいたします。ですから、どうか・・・

 

どうか、受講者の皆さまも 全力で 学びに おいでください。 そのほうが 楽しいんですよ。

 

ご縁に 感謝です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『人生のリーダーに成る3D... | トップ | Healing forest 『カウンセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。