月の裏側

世界はキラキラおもちゃ箱・読者の広場。管理人は記事を更新するだけで、コメント欄は一切見ません。まずは規則をごらん下さい。

虚獣

2017-07-13 06:10:53 | 動物図鑑


馬鹿を動かしている幻の獣。いるはずがないものだが、存在しているかのような活動がある。馬鹿はそれに支配され、あらゆる愚かなことをする。

妬みと羨望という二つの芯がある。それは自己存在の幼期における苦悩が産む玉である。その重力に精神を支配され、自己存在は自己存在の中核を見失い、ないものという、虚獣に支配されるのである。

これに支配されたものは、愛を行うことを喜びとする自己存在の本質を無視し、あらゆる暴力的な理屈で封じ込め、いやなことをし、自分を傷つけ続ける。幻想的な権力を生み出し、それによって世界を支配しようとし、あらゆる暴虐を産む。それによってますます自分が痛いものになり、その苦しみから、自分ではない他者に対する嫉妬と羨望が大きく膨らみ、一層人を馬鹿にして、馬鹿になってゆく。

虚獣というものは、ほんとうはいない。それをあるもののようにしているものがいるだけなのだ。そのものとは何か。馬鹿になっている自分なのである。自分が自分であることの苦しみゆえに、自分ではないものになろうとして、自分の中に現れた亀裂の中に、馬鹿はいるはずのない虚獣というものを幻視しているのだ。それへの恐怖が、あらゆる愚行を産むのである。

だが本当は、そこには何もいはしないのだ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日 | トップ | 7月14日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL