まかないさんは今日も行く

うちで育てているネコ様のブログです。

カプ蔵の定期健診

2016年07月05日 09時09分19秒 | カプチーノ

6月18日にカプ蔵を初めての定期健診に連れて行きました。
捕獲した直後に獣医には連れて行ってますが、定期健診は初です。

最初にキャリーに入れるのが大変でした(笑)。
まず第一に、重い
そしてぬるぬるしている

いつもモンちゃんを入れているキャリーではなんか小さすぎたので、
大きいのに変えました。
やっとこさ捕まえたら、あばれる。
ぬるぬるして逃げようとする。
やっとの思いでキャリーの入り口まで連れて行ったら、今度はうなる(笑)。
つい最近まで外にいた猫がうなったら、さすがのまかないさんも怖くて、
でもここで離したら二度と捕まらないと思い、
うなるカプ蔵のしりをおして、押して押して
押して押して、
押して、
やっと入れられました。
まあでも、これを10分以内でできましたかね。

ここからはモンちゃんを同じでした(笑)。
1.行きはなく。ずっとなく
2.待合室でもなく
3.先生の前ではいいこ
4.帰りはおとなしい

どこに連れて行かれているか分からないカプ蔵は興奮して、
じんわりと鼻血みたいなのがでました。
(と言っても、ぶーっと出る鼻血ではなく、鼻が摩擦で切れて出たようなやつ)
カプ蔵、どうも鼻に何か問題があるようで。

ビリスモの時は、逆で、家ではすごくいい子なのに、獣医の前では豹変します。
「すみません、うちではいい子なんですけど」
っていつも言い訳していましたが、
今の猫ズは、
「あれ、うちではこんなに何でもさせてくれないんですけど」
と苦情を言っています。

なんと体重が14パウンドに増えていた(泣)。
6.5Kgくらいになってしまいました。

鼻血をにじませているカプ蔵の鼻のことをきいてみましたが、
こういう症状って考えられることとしたら、
Upper Respitory Disease (上気道疾患)
Auto Immune Disease (自己免疫疾患)
と言われ。
自己免疫疾患だと、鼻や口のように毛皮の部分と粘膜の境目に症状が出るらしく、
しかしカプ蔵のように一箇所だけ出てくるのもめずらしいからなんか違うのかなぁと
結局よくわからずじまいでした。
「鼻にほんの少しだけワセリンつけてよくなるか観察して」
「ワセリンってなめてしまっていいんですか?」
「毛玉を潤滑にするチューブってワセリンに味つけてるだけなんよ」
「ほー」

後は問題もなく終わりました。


帰りはおとなしくしてました。



キャリーの奥で小さく見えますが、
このキャリー、2匹分くらい入るようなやつです。


家に帰ったら3時間くらいベッドの下で篭城しましたね。

 それからは何か割り切ったのか、普通にしてました。

 

 

ある日の2にゃん。

あえて皆様のご想像にお任せします(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

銃社会アメリカ

2016年06月20日 15時43分02秒 | アメリカねた

オーランドで銃撃があり、多くの方が犠牲になりました。
その少し前には同じオーランドで歌手の女の子が自称ファンに撃たれて亡くなりました。
まかないさんは、アメリカに来て一番最初に住んでいた場所はここから3,40分くらいの場所でした。なので場所もなんとなく分かります。
当たり前のことですが、改めてアメリカ全土どこででも起こりえることなんだなと再認識しました。

しかし、幸いなことに誰かが銃を打っている場面に出くわしたことはありません。
友達が持っているのを見せてもらったこともありますが、
これで人を殺せることができるのかと考えてしまい、ものすごくいやな気持ちになったことをおぼえています。

それを言っちゃあおしまいよとなりますが、
これだけ出回っていると銃規制もなかなか有効な手立てがありません。
なので、民主党とかが何か言っても、
できないのを分かっててパフォーマンスで言ってるのかなと懐疑的に思ったりもします。

そもそも論で、アメリカでは銃の保有が憲法で認められています。
そして購入できる種類、携帯の仕方、購入の方法など細かい規制は州によって違います。

こういう事件があると銃の販売は増えるそうです。
自分で身を守らなくてはというのと、
規制が厳しくなると買えなくなるかもという駆け込み需要が理由かと思います。
場所によってはウォールマートというスーパーとかでも銃は普通に売られています。
ウォールマートはライフルのような殺傷能力の強い物を売るのは止めると決めました。
まあでも理由は売り上げが下がってるからという理由だそうで、規制とは関係ないそうですが。
そして大企業はそれに追随するような形になっています。
でも、一番売り上げが多いのは実は個人経営の小売店やガンショーなんだそうで、あまり影響もないようです。

全米ライフル協会は共和党の最大の献金者のひとつでもあり、人数も多いので、
選挙を考える際に無視できない存在になっています。
そうなると、共和党は銃に対する規制には消極的になります。
今回の大統領選の共和党候補争いで最後の頃まで残ってたテッド.クルーズは、
マシンガンの銃身(というのかな)でベーコンを焼いて、「テキサスではこうやってベーコンを焼くんですよ」っていう
映像を(笑っちゃいかんが笑える)選挙期間中流してたそうです。
もしそれを見たければー>こちら
これを見たら、消去法でトランプが選ばれても仕方ないと思う理由のひとつになりますね。
これを見て、おお、テッドかっこいいってなるのかしら。思考回路が分かりません。
まあ大多数のアメリカ人がこんなわけではないですが、
こういうのを見ると、アメリカ人の銃に対する考え方は日本人には理解できないなと思ったりします。

オバマ大統領が就任して15回、大量襲撃に対する会見をしているそうです。
オバマ大統領が何か言っても何のインパクトもないような気さえしてきます。

どうしたらいいのか?
きっとあんまりにも根が深すぎてどうしようもないのかと思います。
仕方がないので、人が多く集まる場所では金属探知機か何かいるのかなと。
(大きなテーマパークやスポーツイベントでは荷物検査はされています。)

悲しい世の中ですねぇ。。。


うちは平和です。

時々いざこざはありますが、
だいたい平和に過ごしています。

みんなもこんなに平和に過ごしたらいいのにね。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

オバマが広島に来た

2016年05月28日 18時32分28秒 | アメリカねた

オバマが来ることに関してはいろいろな意見がありますが、
やはり一番大事なのは、実際に被害に遭われた方々のお気持ちなのかと。

なので、オバマが来る前にお母さんに近所のおばちゃんにきいてもらいました。

そのおばちゃんはまかないさんの実家の近くでお好み焼きやさんをされていました。
今は引退されてますが。
手にケロイドがあるので、子供心におばちゃんは被爆者なんだと思ってましたが、
原爆のことを尋ねたこともなければ、おばちゃんが話したこともありません。
おばちゃんはいつもケラけら笑っていてとても明るい人だったので、
まかないさんもあまり深く考えていませんでした。

おばちゃんと知り合ってからもう40年以上も経つ去年、
初めておばちゃんがうちの母に原爆の経験をほんの少しだけ話したそうです。
すごい光が見えたと思ったら、気がついたら人の家の玄関の前で倒れていたそうです。
それ以上のことは母も尋ねませんでしたし、おばちゃんも言いませんでした。

お母さんが

「なんか聞いて悪いんじゃけど、オバマが来るね、どう思う?」
「オバマに謝って欲しいとか
アメリカが悪いとかも思わんけど、でもね
心の傷は一生消えんよ

と言われたそうです。

まかないさんは、何を考えたらいいのか分からないくらい切なくなりました。。。

おばちゃんには誰からみてもすぐ分かるケロイドの跡があります。
それよりも、何よりも、心の傷は消えないんでしょうね。


アメリカにいますので、こちらではどういう風に報道されているのかを。

日本のニュースなんぞ、普段あまり取り上げられることもありませんが、
どこの報道局も往々にして一面トップな感じで取り扱っているように見受けられました。


ニューヨークポスト



 

CNN

 

 

NBCニュース

 

ワシントンポスト


FOXニュース(極右ニュースです)

ここに切り貼りしたのは各社のウェブサイトの一面です。

会社に行くまでにNPRというラジオ局聞きました。
(NPRとは広告のない寄付だけで成り立っている、なんのしがらみのないはずの局です。)
もちろんオバマの広島訪問の話題も扱っていました。
まかないさんが車に乗った時には話の途中だったのですが、
他のアジアの国に加害者としての責任はどうなのかとか、
なんか話がそれてましたが、前半戦の話を聞いてなかったので。

FOXニュースという極右の局のニュース番組でもやってましたが、
行くべきではなかったみたいな感じでもなく。
しかし冒頭に大統領は謝らなかったというのが出てきますね。
番組によばれた軍事評論家の人(退役軍人)も評価しつつ、謝罪の必要はない、
核をなくすというのはいい考えだと思うが、どうやってやるのか疑問という感じでした。

でもまあ、オバマさんは演説がうまいなーー(いやみではないです)。
ひとつの単語でも間違えて言ったらあげ足をとられるので慎重にスピーチしたと思いますが、
紙を読んではいるものの、プロクターもなしでよくあそこまでできたよなー。
言葉の内容についてはいろいろ議論もある所でしょうが、
演説のうまさに驚きました。

彼の演説はまあさておき、被爆者の方と話してた時に涙が出ました。
悲しいのか嬉しいのか、くやしいのか切ないのか、よく分かりません。
きっと被爆者の方々はこの瞬間を待っていたのだろうなーとか。
いろいろと複雑な気持ちがしました。

ふと思うのですが、オバマが広島に来たとニュースで大騒ぎしてますが、
そう言ってる日本人はちゃんと広島に来たことあるんだろうか。
まあ家庭それぞれの事情はあるでしょうが、日本人もぜひ資料館など見て欲しいところです。



いつか世界中の人がみんな幸せでいられる日が来るといいですよね。
3発目の核兵器はどこにも使われませんように。
そして核兵器がいらなくなるような新しい武器なんて出てきませんように。

そして、ねこ達も平和でいられる世界をプリーズ

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

モンちゃんの定期健診

2016年05月18日 16時55分47秒 | カプチーノとモンちゃん

5月14(土)にモンちゃんを定期健診に連れて行きました。
問診と狂犬病の予防接種を行いました。
狂犬病の予防接種はいちおう郡の法律で定められています。

行きはこんな感じでずーーーっとまたないてました。

相変わらず先生の前ではいい子。
パンチなんぞ致しませんし、シャーとも言いません。
機嫌の悪い顔すらもしません。

モンちゃんは爪はなかなか切らせてくれないので、先生にお願いしました。

今回体重が   7.7lb (3.5kg)。
入院時の体重が7.0lb (3.2kg)。
去年の体重   7.7lb (3.5kg)。
おととしの体重 7.8lb (3.53kg)。

というわけで、お蔭様で体重が病気する前に戻っていました。

ただ不思議だったのは。。。
最近モンちゃんが軽くて心配していたのですが、
実は、かぷ蔵が重くてそう感じただけだったようです。

ちなみにかぷ蔵は 13lb (6kg)。
お宅のおぼっちゃま達はどれくらいですか?
かぷ蔵、太りすぎ?

前回かぷおの手先はゾウのようだという話になった際、
ぱんとらさんが「かぷ蔵」だとおっしゃってたので、それを頂きました(笑)。

問診も何の問題もありませんでした。
ただ口の中にできもの、口内炎なんですかね、みたいなのであったので、
大きくならないか様子見です、とは言われました。

そういうえば、体温計ってないなぁ。
まあ、おちりにさされなかったからいいか。
いつもは血液検査もしますが、入院の際にさんざん検査をしたので、今年は
飛ばすことにしました。

 

 

帰りは、いやなことをされた後は家に帰ることができると悟ったのか、
おとなしくしてました。

ほっとしました。

家に帰ってからは、ポーチに出てごろんごろんしてました。

皆様にもいろいろご心配をおかけしました。
いろいろとありがとうございました。

 

 

着地点をみつけたような時間もありますが、
まだはたき合いもします。

 

かぷ蔵、すましてますが、しっぽがひっかかってるんです。
かぷ蔵ってこんな子です。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

母の日

2016年05月06日 16時53分37秒 | カプチーノとモンちゃん

 母の日なので、またまたみろくさんにお願いしてお花をお願い致しました。

 

みろくさんの花屋さんのサイトー>こちら

華やかですごくステキ。
母もとても喜んでいました。
みろくさん、またまたありがとうございました。

 

モンちゃんですが、おかげさまで元気にしています。
入院以来やせてしまったので、抱っこするとすごく軽く感じます。

かぷおはモンちゃんのことをどう思っているのだろうと、pieさんからコメントを頂いたので、
考えてみました。
そういえば、こっち側は考えたこともありませんでした。

うちに来たばかりのモンちゃんと同じで、三ヶ月以上経った今はなんか堂々としています。
かといって、モンちゃんの時のような、先住のスモ姉ちゃんの真似をするとか、そーゆーのはありません。
何を思っているのでしょう?
でも、何も大したことは思ってないかも??と思ったり。

先住ネコをかわいがるということで、何でもモンちゃんが先だったり、
モンちゃんは食べるのが遅いので、かぷおが食べ終わっててもいつまでも食べてたりとかで、
なんかやきもちではないんですが、
「え~、いい~なああ~」って顔で見てるような気がします。

モンちゃんの通り道にいて、通る時にはたき合いをしかけたりもします。
やはり自分の方がでかくて圧倒的に強いというのを分かってるんでしょうね。
そんなこともありますが、もんちゃんにじーっとにらまれて、それだけなのに、
「にゃーん」と情けない声をあげて逃げて行くこともあります。
その時のモンちゃんの顔、めっちゃ怖いですよ(笑)。

あと、モンちゃんがトイレに行くと必ず見に行きます(笑)。
モンちゃんがあんまり食べなかった頃は、まかないさんもモンちゃんのトイレを気にしていたので、
2人が(まかないさんは陰から見てますが)、じーっとモンちゃんのトイレ見てました。

 

ANKOさんにかぷおの手先はひずめのようだとコメント頂きましたが、
実はまかないさんも思ったの。

 

ぞうみたいだなって

手の太ましいとこといい。



日本は大型連休でしたが、その中には憲法記念日もありました。
その憲法のことで、思い出すことがあるのです。

アメリカに来て17年目、それより前のまだ日本にいた時の話なので、20年くらい前の話です。

何の計画もしてませんでしたが、漠然とアメリカに行こうという気持ちだけはあり、
ぐうだらな上、お金もなかったので、なかなか進みはしませんでしたが、
お金をかけないなりに、ちまちまと英語の勉強はしてました。
図書館で英語学習の本を借りたり、アルクという語学の書籍を出している会社の英語の雑誌を買ったり。
アルクの雑誌は、アメリカの映画のセリフや、有名人のインタビューなど興味が持てるような題材で
英語を学習という、そんな感じだったと思います。

ある日また何の気なしにその雑誌を買いました。
そこにはびっくりするインタビューがありました。
「日本国憲法の作成に関わったタイピスト」そんな感じだったと思います。
なんせ20年以上前なので、細かい部分の記憶はあいまいです。

そこには、アメリカのGHQが日本の憲法を作り、私もそれに参加していた、そんな感じな事が書いて
あったと思います。
とにかく時間がなかったとも。

「は?」

まかないさんはびっくりしました。

日本国憲法はアメリカによって作られたというのも驚きましたが、
もっと驚いたことがあります。
それをなぜアルクの雑誌のような普通の雑誌に載っているのに、知らなかったのか?
そのことにびっくりし過ぎて、内容を全然おぼえていません(笑)。

まかないさんは高校の政治経済のクラスで、憲法の前文を丸暗記させれられました。
これができないと、クラスをパスできません。
でも憲法はアメリカ様が作ったよ、って教えられたっけ?
まかないさんが聞いてなかったのか?
いやいやいや、ないないない。

そしてこのアルクの雑誌を見て、みんな驚かないのか?

きつねにつままれたような気持ちになりました。

その頃、自分の毎日の生活のことしか興味なかったまかないさんは、
「気のせいだ」と流してしまいました。
その頃家にネットとかもなかったし。
グーぐるさんの登場は2000年か2001年だったと思います。

今調べてみると、その人はベアテ.シロタさんという人のインタビューだったのかと思います。
ぐーぐるといろいろ出てきます。

今でこそいろんなメディアが日本の憲法は実はアメリカが作ったと報道していますが、
当時はそれもできなかったんでしょうか?
でもアルクはしれっと書いてるのに?

憲法記念日が来ると、きつねにつままれたような気持ちをふと思い出します。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加