相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

いろいろな相撲備品(その7)

2017年10月15日 | 日記

これは銀製の簪(かんざし)である。

先端に軍配が図案化されている。

珍しいものではないか。長さは

18.5センチである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相撲大会がありました | トップ | いろいろな相撲備品(その8) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事