相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

『大相撲立行司の軍配と空位』上梓される

2017年04月25日 | 日記

 

このほど『大相撲立行司の軍配と空位』が専修大学出版局から

刊行された。著者は行司の研究でおなじみの根間弘海氏。著者

はこれまでにも『大相撲行司の房色と賞罰』『大相撲の歴史

に見る秘話とその検証』『大相撲行司の軍配と土俵』『大相撲

行司の伝統と変化』(いずれも専修大学出版局)などの著書があ

る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伏見相撲人形(その4) | トップ | 伏見相撲人形(その5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事