相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

千羽ヶ嶽の読み方

2016年11月26日 | 日記

かって相撲史跡巡りで徳島県の山中を車で回っていた時、「千羽ヶ嶽食堂」

という店をみつけ、もしや千羽ヶ嶽兵右衛門の子孫の家かと尋ねたが、裏山

にそびえる「せんばヶたけ」から店名を付けたとのことであった。従って徳

島の千羽ヶ嶽の読み方は、「せんばヶたけ」と思われる。なお、千葉県出身

の千羽ヶ嶽宗助は「ちばヶたけ」である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨人力士の手型に注意 | トップ | 現在の屋形の向きは逆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。