相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

各地の相撲人形(その1)

2017年05月16日 | 日記

谷風といえば仙台の堤人形であるが

これは現在のものではなく、比較的

に古いものである。谷風は仙台伊達

家の抱えではなく、支藩の片倉家の

抱えである。彼が現役で死亡した時

に流行した風邪は、「谷風」ではな

く「御猪狩風邪」である。高さは16

センチ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白頭山の手型入手 | トップ | 各地の相撲人形(その2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。