相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

名古屋場所を9月開催に

2017年07月12日 | 日記

名古屋場所は序盤から大荒れで、横綱鶴竜も休場して秋場所に進退をかけることになった。

稀勢の里もどうなるか分からない。一体この猛暑の7月に、名古屋で本場所を開催する意義

があるのだろうか。北勝富士など相撲を取る前から、大汗をかいている。あれでは相手力士

もいやがるであろう。7月の本場所はやめて、9月に開催を提案したい。夏の期間は各部屋で

涼しい地区で夏合宿を張り、英気を養うと同時に、痛めた身体を直し、地区の人達との交流

をはかればよい。年5場所制でないと稀勢の里など、身体を直す間もなく出場して無理をする

ことになる。この酷暑にかかわらず満員の名古屋場所は、廃止ではなく他の月に開催を提案

したい。相撲協会の一番の宝は、力士である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両国ちゃんこ店相撲談議の補足 | トップ | 上位三力士いよいよ追い込まれる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。