相撲古美術

相撲に関する資料の紹介や相撲史の研究の成果を発表していきたいと思います。

伏見相撲人形(その13)

2017年05月05日 | 日記

伏見相撲人形のトリを取るのは

この明治期の大きな焼物である。

高さは55センチと、この種とし

ては最大級のものである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伏見相撲人形(その12) | トップ | 武の湖引退のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。